2010年 03月 06日 ( 1 )

皆さんこんにちは。
パリもやっと今週から青空が広がり始めました!

この数日は、4月の東京コンサートのちらしデザインの為にタイプしたりしていますが、いつもデザインしてくれている友人が素敵なちらしを作ってくれています。できたらUpしますね。

d0070113_8105899.jpg
ノートルダム寺院をセーヌ川から見て

長い長い秋と冬のグレーの雲に慣れてしまったパリジャン達は、太陽だ~~!とばかりにお散歩をして嬉しそうに浴びます。

こういうと変?と思うかもしれませんが、日本は冬でもぽかぽか陽気なのが普通ですが、本当にパリは曇り空が半年間くらい続くので、さすがにみんな太陽が恋しくなる訳です。

d0070113_8113221.jpg
観光客も増え始め、バトーム―シュも外の席で楽しんでいます

d0070113_8124074.jpg

そして、今日向かったのはロダン美術館。詳細はこちら。

パリにある数多くの美術館でも1時間くらいで回れるほど良い大きさと素敵な邸宅に行ったような雰囲気が素敵です。

d0070113_8164047.jpg


d0070113_8155285.jpg
入口を入って出迎えてくれるのは・・・考える人

d0070113_817331.jpg
お庭にある未完成作”地獄の門”とても立体的で人がのけぞっていたり・・・良く見ると、真ん中上にプチ考える人が!どんな意味があるのでしょうか?

d0070113_81835.jpg
絵描きさん?

d0070113_8183286.jpg


d0070113_8185264.jpg


d0070113_8191184.jpg
3回目でしたが、今回初めて展示されているのを見たHANA!!”はなさん”らしいです。1904年頃の作品で、日本髪を結った居た方とロダンが知り合いだったんですね。驚きです。

d0070113_820288.jpg
ゴッホの大作”タンギー爺さん”も見所です。背景の絵は何枚もの浮世絵で富士山などゴッホの“東方”への憧れが感じられます。私達がヨーロッパに憧れるように、印象はの時代ゴッホやモネ等多くの画家が日本美術から大きな影響を受けました。

d0070113_8211057.jpg
もう少し暖かくなると、お庭のカフェも空き外でお茶ができます。

d0070113_8221043.jpg
気がつくとパリも夕暮れに。

皆さんも一瞬パリにワープ?!した感じになりましたか?こういうゆったりとした空間はいいですね。
[PR]