イタリアです!/En Italie

皆様こんにちは。日本では猛暑が続いているようですが、大丈夫ですか?
d0070113_71743100.jpg

昨日、パリよりイタリアへ来ました。
何と、早朝便だったので4時15分に目覚ましをかけたのに、3時40分に勝手におきてしまい、寝過ごしてもいけない・・・

d0070113_731632.jpg
トスカーナ地方のSinalungaという小さな町の駅

ということで、4時50分にタクシーが来て5時10分にはパリ郊外のオルリー空港へ到着しました。オルリー空港はシャルル・ド・ゴール空港に比べて小さなヨーロッパ内の便が沢山出ています。

d0070113_744881.jpg
Sinalunga駅の時刻表。1時間に2本くらいしかないですね。

さて、オルリーからピサの斜塔で有名なPISAへ8時20分には到着。
空港から歩いてそのまま3分で電車です。便利ですね。

そして1時間乗ってフィレンツェへ。
d0070113_791289.jpg

今回行くモンティ-ジという所はトスカーナのシエナからまた1時間ほど田舎。本当に田舎です。
イタリアの田舎ほど電車など便が悪いことはありません。

d0070113_795788.jpg

フィレンツェからアレッツォという町へ。今34度!からっからで肌はもう日焼けして赤くなりましたね。

d0070113_7104173.jpg

駅の窓口に並んだのは12時15分くらい。そして、何と翌便は3時間半後!

なぬ~~~~!!!
しかも、運悪く日曜日だった!のです。本当にWelcome(Benvenuto a Italia!!)
イタリアでようこそ~~~という感じですね。

d0070113_7143255.jpg

ここら辺からもう東京リズムでちゃきちゃき動く思考回路→ヨーロッパのしかも出た!イタリア!今日つけばいいか==!

の半分あきらめ&急いでもしょうがないモードへ切り替え。

d0070113_7161373.jpg

気を取り戻し、駅前のホテルへ行って荷物を置かしてもらえたらプチ観光デモしようかな?と思いきや、いくと閉店している・・・

その隣に感じの良いレストランが。
ということで、3時間半の半分くらいは、ここでバッハの次男の書いたCarl Philippe Emanuel Bachの装飾についての項目を読んでいました。じっくり読んでおいしいカプチーノを頂きました。

d0070113_716356.jpg

スープと思って頼んだのは謎のパン、卵、ポルチーノをぐちゃぐちゃと混ぜたもので、ちょっと期待はずれ。ですが、頂きました。

そんなこんなでやっと最後のSinalungaという村へ行く単線の電車が来ました!しかも2両のみ&すごい落書き。。。

d0070113_725274.jpg

今回は、観光のためにこんな所まで来たのではなく、バッハを極めるためです。はい。
ということで、バッハ漬けの10日間になります。

ゴルドベルクとパルテイータです。

d0070113_7172192.jpg

それにしても、朝3時40分に起きて最終的にホテルについたのは12時間以上後の夕方5時くらいで、さすがに死にそうになりました。

d0070113_718889.jpg

でも、ついて見ると本当に17世紀から何も変わっていないような、トスカーナ地方の素晴らしい景色。オリーブ畑にレモンやいちじくの木、つばめも飛んでいたり、何て自然が豊かなのでしょう。

トマトも食べたらいわゆる青臭い新鮮な畑から取ってきたような香りがして、フルーツもおいしいです。
実家のトマト、ナス、ピーマン、きゅうりも結構なって、両親が毎朝楽しみに食べれる分だけ取って食べているようです。
d0070113_7182394.jpg

ということで、イタリア珍道中続く・・・
d0070113_711739.jpg


d0070113_7371375.jpg
この町は人口400人ですが、隣の人口200人の村に世界的に有名なチェンバロ製作者、ブルース・ケネデイが住んでいます。彼のお陰でこの小さな村にチェンバロが10台くらいあり、毎年夏はチェンバリストが世界中から来て、コンサートや講習会が開かれにぎわいます。

d0070113_739019.jpg
Bruce Kenndy、N.YにあるCopy of Johannes Couchet

d0070113_7393714.jpg


d0070113_7351758.jpg
ホテルのワンちゃん

d0070113_7354644.jpg
練習の後、ほっと一息、本格派イタリアのカプチーノと

d0070113_7363536.jpg


d0070113_7395555.jpg
夜もまた練習。これはFrench DoubleのVon Nagel作
[PR]