日本はまた暑さがぶり返し、30度が続くそうですが、パリは・・・20度くらいでしょうか?
もうブーツやウールのコート、皮ジャンを着ている人も半分くらいでしょうか。

d0070113_5231517.jpg

それでも、昨日は突然蒸し暑かったり何を着て良いのか困る季節の変わり目です。

8月は【じんましん】のお陰で?早起きでしたね。というか痒くて起きると4時とか朝6時とか。で、しょうがないので6時過ぎだったら起きて早くから行動してお昼に1時間昼寝とか。

d0070113_529959.jpg

パリの8月はバカンスで8割のパリジャンと行っても語弊がない位いなくなります!
だからこそ、
夏の空き巣が多いそうですが・・・(微妙な現実・・・)

d0070113_5294188.jpg

道路も空いているし、なんか良かったですね。

9月に入り明らかに街が慌ただしくなりました。それでも、急に暑くなったりすると、バカンスでこんがりで麦色に焼いたパリジェンヌはサマードレスを着てそんなお肌を披露していますね。

d0070113_53001.jpg
録音した場所の17世紀の遺跡は以前この様な修道院だったそうです。

私は、焼くと【エビ or サル or アンパンマン or おかめ納豆】の様になるので、厳禁!?
というかアメリカ時代、炎天下を日焼け止めも化粧も何もせずに毎日歩きまわっていたせいで、2,3年後にソバカスが凄い勢いででき、最近はそれがホクロっぽく?なり、これが段々シミになるの~~~~と

d0070113_5304547.jpg

年を感じますね。(汗)
かないませんね。ふふふ。

d0070113_531437.jpg
日曜日だけ今も一般公開され、ピクニックがてらに訪れる人たちがいました。

d0070113_5314661.jpg


d0070113_53231.jpg
録音した建物。

d0070113_5322630.jpg
電話中のパスカル。何しろ3人の子供&焼く30人の生徒がいながらの4日連続の録音なので、行きも帰りも車の中で電話とIpadで子供のダンスレッスンからオーガナイズしていて、秘書&ママ&先生&音楽家という感じ。

d0070113_5325150.jpg


d0070113_534152.jpg
旦那さんのラファエルをランチのあとちょっと一息。今はベルリンでベートーベンのトリオの録音中。モダンとバロックチェロを弾きこなします。

d0070113_5351657.jpg

[PR]
録音・・・4日目ですね。本日、無事に6曲のソナタの録音が終了しました!

やった~~~~~~~~~~!!!!!!!!!

という位嬉しいです。

d0070113_5503657.jpg

まあ、何というか・・・缶詰めで太陽を浴びずに永遠と1音1音を煮詰めていくというのは、一種独特の世界ですね。

今回、初めて本格的な録音をしてとても勉強になりました。
初日にすぐ感じたようにチェロのRaphaelとエンジニアの音楽のやり取り、どのように撮っていくか見て、これはもう流れに乗ってその時集中していけば大丈夫でしょう。

という【信頼感】でしょうか?が見えてからは
ボートに取りあえず乗っているからいつか向こう岸に着くでしょう・・・という感じでついて行った感じでしょうか。

実際、ラファエル&パスカルほど弾きやすい2人は居なくて、良い友人そして同僚として全くストレスなく、お互いに【ああしたら?こうしたら?】とスム―スに気兼ねなくアイディアを出し合えるのは最高です。

全然知らない有名な音楽家と偶然弾いて、恐れ多くて一言も話せない・・・
でも音楽感が全然違う・・・
言ったら失礼だから誰か言うまで待つ・・・みたいな余計な遠慮があると、

それはすごいストレスになってどっと疲れますが、今回は気心の知れた仲間だからこそ、録音中、それ以外のランチなども和気あいあいと楽しい雰囲気の中あっという間に終わったという感じです。

d0070113_554326.jpg

今日は、ラファエルとパスカルが”SASHIMI”のランチを持ってきたよ!と。
ランチが楽しみで5番の録音が終わったら、もうお寿司食べましょう~~!という感じでしたが、今のっているから6番の1楽章だけやってしまおう!と言われた時には、お腹が思わず鳴りそうな中、
”確かに集中しているうち”と自分を言い聞かせてましたね。(苦笑)

d0070113_5544934.jpg

17世紀のフランスの修道院の遺跡の風景の中、お天気が良かったのでまさか”SUSHI”ランチを食べれるとは!!

d0070113_5551898.jpg

思わず嬉しくて写真を撮ってみんなに笑われました。写真を撮る=Japonaise(日本人)というイメージがパリでは特に根強いので。逆にフランス人がみんなお刺身やお寿司を食べるんかい?と興味深く見てしまいましたが、笑えたのはお醤油を入れるお小皿は勿論ないので、エスプレッソのカップ!!確かに小さくて丁度良いけど。(苦笑)

さすがに6曲終わり " C`est bien fini"(終わったよ) というエンジニアの声をスピーカーから聞いた時には、思わず3人とも" Oui~~~~~~~~~~~!!!!!!!!"
と叫んでしましました。

始めから6曲を全部見通すと、山の様な仕事、全てのデイテール、音程、飛行機とオートバイの騒音に悩まされ終始騒音が聞こえると中断せざるおえなかったり・・・山登りの前に気が失せるみたいな・・

でも、1曲1曲、1楽章、そのまた半分、そのまた2段だけ、始めだけ、終わりの4小節だけ・・・と細かく処理していくと気がついたら6曲終わっていたという感じです。

d0070113_5564522.jpg

とにかく、とても多くの新鮮な音楽的アイディアも吸収でき、自分の今の演奏の限界や今後の課題も見えて、良い機会になりました。こんな機会を与えてくれたラファエルとパスカルに心から感謝です。本当に弾く機会なしに音楽家は育たないので。失敗を含めて何でも経験することがとても大事なのでありがたいです。

10月末にバッハのゴルドベルク変奏曲の録音を同じエンジニアと一緒にする予定なので、今回は彼女の録音の流れを知るのにもとても良かったです。そして休憩時間にはりんごの木から取ったりんごを食べながら話したりして顔見知りになれ、彼女の仕事のテキパキとした的確なアドヴァイスなどを見て、信頼感も生まれ、バッハの録音まで安心して自分のペースで用意できそうです。

気がついてみるとあと2カ月弱ですが、その間にバッハのCDの詳細などもミーテイングしたり色々であっという間に

”きゃ~~~もうバッハ?!”となりそうなので、さぼらないで地道に準備します(3日坊主にならないように・・・)

それでは、明日は久しぶりにGrasse matinee(寝坊)をできる贅沢を楽しみます!
[PR]
d0070113_616289.jpg

今日は、午後1時にパリを出て、午後2時~昨日の続き、Duportチェロソナタ1番の2楽章から。

2楽章は昨日撮ったのですが、良いテイクが十分になかったようなので、再度撮ることになったのですが、なかなかみんな音楽に上手く入っていけない感じ。
試行錯誤している時に、エンジニアが昨日の録音を聞いてみる?と

みんなで聞くと、昨日の方がテンポが少し早く、音楽が流れているね。


d0070113_6182682.jpg
Von Nagel 2011のチェンバロ。モダンな装飾ですが中々良い感じです。タッチ、レギュレーション、音色もとても良いです。Thomas君が親切にも貸してくれてとても助かりました。

そうだ。なんか音楽が停滞している・・・ということに気が付きまた撮り直し。
3楽章はヴァリエーションで違う音色やキャラクターを見せる為何回もまた撮りました。

そしてソナタ2番を開始したのは3時間後くらいでしょうか・・・
時計を見ていなかったので驚いたのは、ふと気が付いたらもう夜7時半!!

なぬ~~!!!

d0070113_616522.jpg
調律中のThomas君と練習するRaphael.
天井が15mくらい高い15世紀?などの昔の修道院の1つのTemple。音響はとても良いです。

今回は、アムステルダム時代の旧友のトマ君に調律をお願いしたので、随分と助かってます。調律の間休めるのはとても贅沢に感じます。

チェンバリストは弾いてない時は、いつも調律しているので結局休みはないので。

d0070113_6193722.jpg
一番奥の箱みたいな?のは何とここの管理人のおじさんの手作りの録音エンジニア用のお部屋。可愛いですね。良く見ると木が張り付けてあり表面には音を吸収する柔らかい素材まで張ってあります。

d0070113_6205372.jpg
その箱の中に入ると・・・音が遮断され、作業をしながら音を聞け、中から音楽家に向かってスピーカーでコンタクトを取れます。

ということで、今日は2時ー9時までびっちりやって5楽章分のみ。どうにか1,2番終了。
明日は朝9時~夜22時まで!!3,4番が終わって5番を取り始めレたら最高と帰り道に話してました。

d0070113_6215916.jpg
Raphael&Pascaleと。夫婦でチェリストなのですが、CD録音などは今回が本当に初めてだそうです。それにしても子供3人を育てながらツアーやレッスンなどこなしてパワフルな2人には頭が下がります。

d0070113_6225834.jpg
さすがに5時間以上も通奏低音を弾いて毎回テイクの度に違う即興演奏を考えていると、ある時点を超えると疲れで頭が回らなくなってきます・・・凡人なのでしょうがないですね。

d0070113_624756.jpg


d0070113_6243762.jpg


今日は朝ご飯を炊いて、梅干し(力が持続するらしいです!)と昆布の入ったお弁当をお箸で食べていたら、Pascaleが覗き込んで笑ってました。謎の物!?に見えるんでしょうね。(苦笑)

でも、長時間の修羅場にはやっぱりご飯です!!
ということで、お風呂に入って寝ます。明日はもっと長い日なので・・・
[PR]
皆さまこんにちは。
日本の猛暑も9月に入り落ち着いてきたでしょうか。

d0070113_544442.jpg

パリは、すっかり秋模様になり、紅葉&落葉の真っ盛りです。
かと思えば、昨日は真夏の様な30度を超す“夏”の日よりでバカンス帰りの日焼けしたパリジャンも【これを逃すものか!】とばかりに、サマードレスや公園では水着で日焼けする人たちの姿も。

さて、この1カ月ブログを更新し忘れ?ていましたが、実は、生まれて初めて【じんましん】になってしまい、皮膚科へ3つも行き大変でした。

ようやく治まってきましたが、始めは何が何だか分からず、4~5日間連続して夕方~夜になると体が痒くて寝れないほどでした。

d0070113_5445433.jpg

結局、ボストン留学時代~15年来の親友で皮膚科のお医者さんでありながらピアニストの親友Mちゃんとお母様(皮膚科の先生)と国際電話で症状を話して診断してもらったら、単に疲れやストレスからくる【じんましん)では?ということになり、なんだ~~と気がゆるみました。

というのも、イタリアでは伝染病を持つ蚊より小さな【パパタッチョ】という虫が居て、それに刺されたら至急病院へ行かないと大変なことになる・・・とか友人に言われ、実際イタリアで15か所+1か所謎の大きな虫?に刺された後が頭の中にあり、見たくても見えないけど1カ月たってやっと治まってきたくらい腫れていたりしたので。

または、古いホテルのベッドでノミより小さな【寄生虫】で、肌の下まで入りこんで体中をめぐるのが入ったとか?と友達に言われ・・・想像しただけで真っ青!!というか真っ白になりましたね。本当に。

と大騒ぎになり、8月のバカンスでお休みの病院が多い中、救急へ行って4時間待って3分の診断で、これは伝染病でも寄生虫でもないと言われて、ただ薬を出されたり・・・

ぐったり疲れましたね。

d0070113_5442651.jpg

ということで、あっという間に数週間が過ぎてブログもそのまま・・という言い訳ですが

考えてみると本帰国した2月始めからもう7カ月が経ち、実際に本帰国だったはずが3カ月くらいの【プチ帰国】になっていて、結局また約半年コンサートと録音でパリに来ることになり、バタバタと戻ってきた・・・ことなど考えると、この半年【家】が安定していなくジプシーの様にまさに移動しているので、そんな見えないストレスもあるのかな?と気が付き、ゆっくり休むきっかけにもなりました。

d0070113_623324.jpg
録音場所のPort-Royale des Champs:パリから車で50分ほどのヴェルサイユ宮殿の近く。以前にもコンサートをしている自然豊かな遺跡のある場所です。何と、ルイ15世が宗教の派閥が違うことから修道院を壊してしまったそうです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今日からパリの郊外の15世紀の修道院跡にあるドーム型の建物(フランス語でテンプル・お寺と呼びますが日本のお寺とは全然違います)で兄弟でチェリストだった兄Jean Pierre Duport(1741-1818)とJean-Louis Duport(1749-1819)がいるのですが、そのお兄さんのJean Pierreの作曲したチェロソナタ6曲はまだ誰も全曲録音をしていないことから、面白い企画なのでは?ということで3年ほど前からパリで一緒に演奏しているRaphael PIDOUXと奥さんのPascal JAUPARTと録音することになりました。

ということで全曲は世界初!なのですが、チェンバロの友人に話したら
【それは・・よっぽどせこい曲なのでは?】←無名のバロックの曲はそういうことも可能性ありなので(汗。。。)

なんて言われて【そうかもね?】なんて。言ってましたが、演奏家によりますね。
せこく聞こえないように頑張らなければ・・なんて。

興味深いのは、このDuport兄弟はベートーベンにも会い、お兄さんはポツダムのFrederic Guillaume IIというチェロも演奏する王様の室内楽の先生として仕え、作曲もしていました。
その頃、ベートーベンもこのチェロ好きな王様に有名な【チェロソナタ2番】を献呈していて、Duport兄弟もベートーベンに自分たちの作曲を披露し、親交があったようです。

d0070113_68313.jpg

弟のJean-Louisはナポレオンのチェリストとして演奏し、彼の使用していた名器ストラデイヴァりウスはその後FrancommeというChopin時代の優れたチェリストに引き継がれ、何とあのロストロポーヴィッチが受け継いだ楽器だったんですね。
ちょっと背筋がぞぞ~っとしましたが、ロストロさんはナポレオンも見聞きしたチェロを毎日弾いていたんですね。正に楽器も人を選ぶでしょうし、ふさわしい人の手にしか渡らないでしょうね。

今日は初日でマイクのテストのみのはずが?途中から、やっぱりせっかくだから録音し始めようか?
ということで、1番から録音し始めました。

録音技師の女性は私と同じくらいかもっと若いのですが、【ああでもない、こうでもない】と弾いている私たちに的確に【何小節の何拍目のバスをもっと方向を持って、とか呼吸をもっとしても良いのでは?】とアドヴァイスをくれます。

彼女はいわゆる録音技師&音楽デイレクタ―の両方を1人でしてくれるので、こちらも楽です。
でも、フランス語の【シュワシュワ~~ほにょにょにょ~~】というとてもDiscret(控えめな)早口でスピーカーから言われるので、何小節のどこ?!と思わず私は顔をしかめておりますが、他の2人が鉛筆で楽譜にマークしている所を見て、あ、そこね。とそれで何?と思いっきりド素人の様に聞いてますね。

でないと、せっかく直して次のテイクを取るのに1人で全然違うことやってそうなので・・・
ということで、6曲を日曜日~木曜日までに分けて録音していきます。


ソロのラファエルもとてもりラックスしていて録音慣れしているので、お昼はピクニック!と言って朝近所のマルシェで買ってきたというフルーツ、ハム、モッツァレラハム&パンなど広げてみんなで、【C`est bon!美味しい】と言いながら食べて、その間にチェンバロを調律したり・・

ぶっ飛んだのは、この録音の後はすぐにベルリンに飛んでベートーベンのトリオのコンサート&また4,5日の録音があるそうで、本当にタフだな~と思います。

録音技師さん&ラファエルのペースについていけば、きちんと数日後には6曲終わってそうな感じなので、その時に集中して演奏するだけですね。

今まで、オーケストラやアンサンブルのラジオ生放送、ライブ録音はありましたが、ぶっつけ本番!みたいな感じで、今回CDの録音となると本当に1音1音、1小節でも良くない所があると納得いくまで、何回もテイクをしていくうちに、みんなの音も混ざり集中密度が高まるので良い感じです。

しかし通奏低音は常に即興をしているわけですが、自分のイマジネーションの乏しさに限界を感じたりするので、その時浮かんだインスピレーションを大事にしたいものですが、本当に私は凡人だな~~とつくずく感じますね。
d0070113_5451046.jpg

MOzartみたいに勝手にメロデイーがいつでも、どこでも流れてくるというのは、羨ましい限りです。本当に。
ということで、まだまだですが、やれることを精一杯やりたいと思います。
[PR]