皆さんこんにちは。

d0070113_7383050.jpg

可愛らしいアルザス地方の街コルマール

パリの寒さもやっと零下から0度以上に戻り、随分穏やかに感じます。
さて、この3日間はフォルテピアノのコレクションを見た後にフランス・コルマール博物館とスイス・ノイシャテル博物館にある有名なルッカースのチェンバロを見に行ってきました。

d0070113_7371325.jpg

3か月くらい前から行きたい行きたい・・・と思っていたのですが、なかなかお手紙を書いたりできなくて、結局1月になってしまいましたが、今世界でも現存している名制作家ルッカースの実際に弾ける状態のチェンバロを弾かせて頂くということは大変貴重な経験となりました。

詳細はまた書きますので、取りあえず写真のみUp致します。

d0070113_739688.jpg

有名なMusee de Unterlinden.オフィシャルサイトはこちらからどうぞ。

窓際からチェンバロの音が何となく聞こえてきました。

あれ?

と思って中に入ると、約束をしていた前の官庁さんがチェンバロを弾いていました。
とてもチェンバロに詳しく、スカルラッテイから、フランソワ・クープランまで楽しそうに弾いていました。こういうチェンバロに詳しい方が管理をしていると、楽器も大事に保管され、多くのチェンバリストやピアニストにも公開され、チェンバロに親しめる環境を作っているということです。

d0070113_742220.jpg


d0070113_7423239.jpg
1624年ルッカース。外の装飾はアントワープからパリに来てどこかの工房で新しい装飾にされました。

足は、ヴェルサイユ宮殿に今も保管されているもう1つのルッカースチェンバロを同じ装飾です。
d0070113_7441863.jpg
記念にパチリ。

2年前に少しだけ弾かせてもらった機会があるのですが、その数分でもこのルッカースの素晴らしい鳥肌が立つような低音、そして上の段と下の段の音色の違い、(本当に何とも言えない色がそれぞれ感じますが、オリジナルならではという感じです。)などが記憶に残っており、再度またこの名器に再会できたのはとても嬉しかったです。

そして、私の持っているチェンバロもこのコルマール・ルッカースがオリジナルのモデルになっています。

やはり286年経っているチェンバロと新しい楽器の響きは全然違いますね。

d0070113_747272.jpg

朝5時起きで電車に乗って見に行ったかいがありました!午前中いっぱいずっと弾かせて頂き、スイスへ電車でいくことに。

d0070113_7481865.jpg


d0070113_7485251.jpg
コルマールは木組みの家とこのような木彫りのお人形などがとても有名です。
クリスマスには家全体のイルミネーションのコンクールもあるので、みんな色々な工夫をしているそうです。

d0070113_750122.jpg

コルマールはほぼスイス寄りの国境の町で、40分電車に乗るとすでにスイスのバーゼル、そのまま2時間半ほど電車に乗るともう1つのルッカースのあるNeuchatel(ノイシャテル)に到着します。

d0070113_7521011.jpg
抜けるような青空です。左の雪の山はちょっと富士山に似ているでしょ?と。そうですね。

d0070113_7524120.jpg
よく見ると真ん中にスカイダイビングをしているパラシュートが見えます。

こんな絶景とお天気の中でスイスの景色を眼下に飛ぶなんて、最高ですね!

d0070113_754288.jpg
NeuchatelのMuseumにあるRuckers 1632年

d0070113_7551632.jpg
全て手描きの素晴らしい装飾です。よく見ると、ネコ、クマ、ライオン、鳥、猿などが描かれているとてもユーモラスです。

d0070113_7562251.jpg


d0070113_7565199.jpg
パリのチェンバロ制作家・Von Nagelの工房で修復されています。

d0070113_7573595.jpg


d0070113_758478.jpg


d0070113_7583793.jpg


d0070113_75983.jpg


d0070113_7594040.jpg
よく見ると・・・

d0070113_813020.jpg
閉じた蓋の装飾

d0070113_803564.jpg
中央のクマが持っている輪っかに狼?がとくぐろうとしています。

d0070113_821846.jpg


d0070113_825472.jpg
これは、鶴?は食べれるけど、狼は食べれないで見ています・・・

d0070113_833821.jpg
そして、この平皿を狼は食べてますが、鶴は食べれなくて見ています・・・面白いですね。

動物やこのユーモアの中にも何かを象徴していたり、ストーリーがあるのではないでしょうか?
そんな謎解きを17世紀の絵画や象徴、レトリックなどからするのも楽しいですね。

d0070113_854279.jpg
さる、ライオン、ロバ、馬などと金貨?などがある箱が開いています。

d0070113_863412.jpg
素晴らしい響板のローズ

d0070113_871937.jpg
300年以上たっているとはいえ、未だに素敵ですね

d0070113_88270.jpg
エビ!

Flemishのチェンバロの響板には、花だけでなく、虫や蛾なども描かれていますが、ブルーの典型的なフレミッシュのアラベスクの中は“お庭”と例えられていたと聞いたことがあります。

だから綺麗なお花だけでなく、色々な虫などもいるそうです。
でも、エビは一体どこから?

まだまだ、知識が足りないですね。
でも、当時の画家のモチーフを1つ選ぶにもきっとその裏には“花ことば”など全て理由や象徴があったに違いありません。

いつか、もっと分かるようになりたいですね。
取りあえず、この美術館に普通に行って、ただ見るよりもこの写真からはもっと詳細をご覧頂けたと思います。

d0070113_8123080.jpg

楽しんで頂けましたでしょうか?

音?

音はさすがにお伝えできませんが、本当にタイムスリップしたような・・・・
300年以上時を超えて今も聞こえるチェンバロの音とは、本当に体全体に、そして心に伝わります円。
[PR]
シャルル・ド・ゴール空港から車で北へ20分、Chantilly方面へ行くと、見渡す限り続く森の中にシャトーホテルがあります。

d0070113_8484440.jpg

パリから車で1時間弱、すいている時は40分くらいで、全く別世界へ行けます。
1泊ゆったりと過ごしましたが、とにかく静か。

誰も泊まっていないのでは? と思う位。
でも、朝になればフランスの会社の会議などで使用していた様で、朝ごはんのビュッフェは多くのフランス人がいましたが、素晴らしいシャトーホテル:Tiara Château Hotel Mont Royal Chantillyです。詳しいサイトはこちらからどうぞ。
d0070113_8493469.jpg
ロビー

偶然、パリ郊外の1泊逃避できる場所を探していたのですが、このホテルは系列でカンヌ、ポルトーなど他の国の空港近くにも素晴らしいリゾートホテルがあるようです。

d0070113_850620.jpg
レストラン前

d0070113_8504778.jpg
落ち着いたインテリアのお部屋

d0070113_851241.jpg


d0070113_8515982.jpg
朝食、夕食を食べるレストラン Opera(名前が思いきってますよね!)

d0070113_853358.jpg


d0070113_8533543.jpg
シャンデリア&ジャクジーのプール!そして誰もいなくて気持ちが良いです。

d0070113_8542655.jpg
1泊でこんなにリフレッシュできるの?という感じでとてもお薦めです。

特に日本からいらっしゃる方、パリ市内へ行く前に長旅の疲れをここで癒してからパリというのもとてもお薦めです。

素敵なインテリアと広大な敷地と森の素晴らしい自然を堪能できて、パリ市内のホテルとほぼ同じ1泊164ユーロ~です。1人1万円くらいでお部屋&朝食でとてもお薦めです。

パリ市内に自宅へ戻ってくるTaxiがちょうど12時半に来たので、ラジオがついていたので、France Musiqueのチャンネルにして頂き、12月の弾いた自分のコンサートを聞きながら帰ってくるという不思議な体験をしました。
普段、家で弾いているのがそのまま流れていて【いいのかな?】という感じでしたが(笑)

そして、本当は7日に流れるはずのブランデンブルグの5番という説明があり、急に6日なのに流れて、

え?   と・・・

するとやっぱり始まり、高速道路の騒音の中、耳を【大】にして聞きミスなどありましたが、比較的納得行く演奏で、まあ一安心という頃にちょうど自宅へ着きました。

今月末に別のオーケストラのツアーでブランデンをまた弾きますが、今度はやたらテンポの速い指揮者のもとに弾かないといけないので、新幹線みたいに弾かないといけない?!=音楽性がほとんど表現できないかもしれないので、、拒否したいような、できなさそうな・・・微妙ですね。
[PR]
皆様こんにちは。
日本はすっかりお正月モードでしょうか。御節を食べ、TVの特番を見て、親戚と会い・・・なんていうので、あっという間に3,4日過ぎてしまいますね。

そして、日頃は会えない多くの人にも会える特別な時期ですね。
パリは、すっかり“休み明けモード”ですが、”お正月をパリで!”という観光客は多い様で、零下の朝からルーブルの前は行列が続いているそうです。

さて、2010年12月13日にパリ・Theatre de Buffes du Nordでのコンサートがライブ録音され、2011年1月6日、7日と2日に分けてランチタイムに放送されることになりました。
まだ私も聞いていないので、一体どんな感じ?になっているのか分かりませんが・・・

便利なのは、聞けなかったり、聞き逃しても1ヶ月間はオンラインでいつでも聞けるようになっています。

France Musiqueの1月6日のサイトはこちらから。
①画面が出たら、右上のヘッドフォンのマークに(re)ecoute(もう1度聞く)をクリック
②自動的に音楽がダウンロードされます。100%までダウンロードすると自由にアイコンを動かして好きな部分を聞けます。5番はちょうど34分くらいからになります。

12:00-14:30 1月6日:バッハ:ブランデンブルク協奏曲第2番、第4番、第5番 
12:00-14:30 1月7日:バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番、第6番


ブランデンブルグ協奏曲は全6曲あり、1曲ずつソロの楽器の組み合わせが違うのがとてもユニークで6曲聞くと完結という感じですが、1曲ずつも特色があり面白いです。

余談ですが、バッハは英語・フランス語で“バック”、ブランデンブルグ協奏曲をフランス語で“ブロンブルジョワ Branbregeois"と言います。始め名前を聞いてもチンプンカンプンでした。

1月7日に放送される5番はチェンバロ、ヴァイオリン、フルートの3つの楽器がソロとして掛け合いなど絶妙で名曲として知られています。

1楽章の5分にも及ぶチェンバロのソロが有名で、チェンバロソロの協奏曲並みの難しさです。ほとんどのチェンバロ曲は初見で弾けますが、唯一今までに何回練習しても弾けない!というのがこの曲でした。真っ青~!初めて弾いた時は何と怖かったことか~~~という感じでしたね。

そして指が回っても、当たり前ですが、その後“どう弾くか”、分析するか、何を伝えたいか、5分間のバッハの音楽を掘り下げていくわけです。
この2年間にありがたいことに10回くらい弾かせて頂く機会を頂き、毎回、勿論緊張の連続な分けですが、今回は何だか始めから楽しめて弾けました。

というか、12月のブログを見て頂けたら分かりますが、何と舞台に1人で出遅れてしまい!
”やってしまった~~”と苦笑しながらの登場・・・
だった為、お陰で緊張は吹っ飛びました。

さて、それがどう音になっているかは聞いていないので何とも分かりませんが。

毎回このカデンツァは弾いてる最中に普段より“間”を取ってみたり、逆に早くパッセージを弾いてみたり、歌い回しが結構不思議に変わるので、毎回自分の中でも発見があります。

そして、勿論、あれ?っというハプニングもあったりするのですが。今回もありましたね(笑)

早いパッセージでだ~っと弾いている時になぜか? 指が一瞬鍵盤につかえて?しまい、
リズムがちょっと不思議!?でしたが、まあ、そのまま行きましたが。
一体どうな風に聞こえるのでしょうか・・怖いような。でも知りたいような。
知らぬが仏で聞いて物凄いショックに陥る可能性もあり!?

本番の最中の一瞬というのは凄く長く感じたり、スローモーションで妙に覚えて居たりするのですが、常に時間は過ぎていくのでいちいち1秒前のことに固執すると、もっとボロボロになることがあります。

そして後で録音を聞くと、“あの”スローモーションやバラバラに崩れた瞬間→
物凄いショック→
1人でとってもブルーになった

後に恐る恐る録音を聞いてみても、実は2,3秒の間のことで、一瞬何が起きたの?状態になっていたとしても引きずらないでそのまま行けた方が結果的には演奏レベルが保たれたりします。
一番笑ったのは、ミスして落ち込んでいた部分が実はオーケストラの音で隠れて結局ほとんど何も聞こえなかった時!

今までに数え切れないほどのミスは勿論人間なのでしてきましたが、
例えミスをしたとしても、頭の中も含めて停止しない。
常に先さき・・・1秒後が今になるわけなのでとにかく動揺せずに続けることでしょうか。

いつもの様に話が飛びましたが、果たして、フランス以外でもこのラジオがダウンロード、聞けるのか分かりませんが、インターネットなので多分聞けるんでしょうね。

ということは、フランスの生放送をそのまま日本で聞けるのでしょうか?!
すごい世界になりましたね。

今年も“音楽盛り沢山”で有意義な年にしたいと思っています。
2011年が皆様にとって素晴らしい年のスタートになりますように!
[PR]

d0070113_324592.jpg


BON ANNEE!!

A Happy New year!!


昨年度は、念願のゴルドベルク変奏曲の東京コンサートも皆様のお陰で無事に終了でき、大変貴重な経験となりました。

パリ出発直前に、アイスランドの噴火した火山灰により5日の空港閉鎖飛時は、ほぼコンサートキャンセルまで考えさせられたほど深刻でしたが、無事に帰国でき何よりも遠い中わざわざ来て頂いたお客様に心から感謝しています。

念願のゴルドベルクがハプニングでより一層思い出深くなりました。

毎日の生活が過ぎる中でどれだけ多くの人の協力の上に成り立っているのか、“当たり前のこと”が実は”普通でない”ということ、そして自然の力の大きさを痛感させられました。

自然相手には人間はちっぽけですね。

音楽も、自然と同じく太古の昔から人間と共に各文化それぞれ発展しましたが、一見なくても生きれそう?と思いがちですが、やはり人間の生活に潤いを与えてくれる、なくてはならない心に潤いを与えてくれる貴重なものだと思います。

これからも、日本ではまだ知られていないチェンバロの名曲を皆様にお伝えしていきたいと思いますので、どうぞ今年もどうぞ宜しくお願い致します。

d0070113_3443127.jpg

やはり大晦日ーお正月となりますと、除夜の鐘と御節ですね!

思わず、パリの日本食屋さんで御節を買ってしまいました!おいしい~~。
ってまだ、パリは午後7時なのですが日本はもう元旦ですので。(食いしん坊)

どうぞ、皆様にとっても素晴らしい年になりますことをお祈りしております。

P.S 写真は11月に行ったロンドン・テムズ川の絶景です。
お餅を食べるうさぎとミスマッチ?ですが、まあいいかと・・・

こんな調子で2011年もマイペースに行きたいと思います。
私はうさぎより、明らかに不器用な亀タイプですね。しかも、うさぎが昼寝している間に私も一緒にシエスタをしてしまう亀?でしょうか・・・
[PR]