皆様こんにちは。クリスマスはどのように過ごされましたか?
日本ではクリスマスはお友達や恋人と過ごし、お正月は家族で過ごすのが普通かと思いますが、ヨーロッパではクリスマスに家族が集い、New Yearは友達とばか騒ぎ(?!)をしたりします。

d0070113_20533173.jpg
ノートルダム寺院の前の毎年恒例のツリー

以前にエッフェル塔のカウントダウンと同時に花火が上がるのを見に友達と行きましたが、すごい人人人&みんなマイボトルのシャンパンを持参ですごいことになっていました。

さて、大学時代に初めてベルギーのピアノ講習会で出会ったパリ在住16年!!の友人宅へお招き頂き楽しい時間を過ごしました。

d0070113_2029166.jpg
24日は雪の為、飛行機のキャンセルも相次ぎ空港で1泊した方たちも居て大変でしたが、翌25日はご覧の通りの青空で足止めされていた人たちも無事に家族のもとへ飛べ【クリスマスの奇跡】とニュースで報道していました。

d0070113_203408.jpg

友人のMちゃんのお宅はパリの発祥の地であるサンルイ島です。ノートルダムのシテ島の横を通って端をこの橋を渡るとサンルイ島に入ります。

d0070113_20344255.jpg

サンルイ島はセーヌ川の中に浮いている島!です。ノートルダムが12世紀から建築され始め、サンルイ島もその頃には人々が住み始めパリの発祥の地となりました。また、多くの有名人、著名人にも愛されている場所で、女優の岸恵子さん、作曲家のデュテイーユ、ロダンの弟子であった彫刻家カミーユ・クローデル、詩人のボードレール、そしてピアニストのフジコ・へミングさんもこのセーヌ川沿いの素敵なアパルトマンに住んでいらっしゃいました。

d0070113_2039938.jpg


d0070113_20393471.jpg
ノートルダム寺院裏側。私は正面よりも横や後ろの方が建築のスタイルがミックスしていたり、きれいなアーチが好きです。

d0070113_20405526.jpg


d0070113_2042285.jpg

毎回呼んで頂くたびに雑誌Figaroに出ても不思議ではない!という素敵なインテリアのMちゃん宅。
いつもカメラを忘れていたのですが、今日はクリスマスツリー&お食事なども記念にと持って行きました。

d0070113_20535678.jpg
デイナーの前に映画を見に行き、その後シャンパン・オントレ(前菜)をつまみながら始めました。シャンパンは近所のワイン屋さんお薦めの泡の細かい食前酒向きのを選びましたが、繊細な味なのにさっぱりとしていてとても美味しかったです。Gimonet Gonet/Champagneです。

d0070113_20572286.jpg
お次に出てきたのもとっても美味しいワイン。とろとろの美味しい生サーモンとよく合いました。Vouvray 2008/デパートBon Marcheで売っているそうです。

d0070113_2059874.jpg
チキンが焼きあがりました!Mちゃん旦那様特性リキュールをフランべして味付けしたマロンを詰めたチキンとじゃがいも。

d0070113_210268.jpg
とても香ばしく、ジャガイモもほくほくで美味しかったです。

d0070113_211782.jpg
そして、こちらは赤ワインと一緒に。

普段あまり飲まないので、シャンパンー白ワインー赤ワインですきっ腹だったのでこの頃には随分酔ってしまい・・・ましたが、安心できる友達宅だった為久しぶりに堪能させて頂きました。

d0070113_213116.jpg
その後落ち着いた所でとても香りのよいクリスマステイー(Bon marcheの紅茶だそうです・オレンジ、シナモンなどが程良くブレンドした幸せを感じるフレーバーで寒い冬にお薦めです)と日本人パティシエとして大変有名なSadaharu Aokiさんのクリスマスケーキ(抹茶&チョコレート味・その名もバンブー)を頂くことに。

d0070113_2164821.jpg

クリスマスケーキは23日までに予約をして24日に取りに行くということで、Mちゃんの旦那様に予約しに行っていただき、私がピックアップし、25日にみんなで食べようというプランで手に入れたケーキ!ピエール・エルメのケーキカタログと見てどっちにしようか・・・ということでしたが、抹茶ケーキが気になり、AOKIになりました。

d0070113_217760.jpg
とてもクリーミーでリッチな味わいで、ほのかに抹茶が香り美味しかったです。

そして気がつけば・・・もう夜中の1時過ぎ・・・ということで、失礼いたしました。
とても楽しいクリスマスの思い出になり、Mちゃんと旦那様に感謝感激です!

何だか、マッチ売りの少女に訪れた1時の幸せ?!みたいな感じでしたね~~。(苦笑)


d0070113_2114541.jpg
そして、ピアノとツリーの下のバスケットにはキュートな【CHichiko】ちゃんがうたたねをしていました。もう人間では100歳を過ぎているそうです。

皆様にもパリからの暖かいクリスマスの雰囲気が届いたでしょうか?
残り僅かな2010年と素晴らしい新年をお迎え下さい。
[PR]
Merry Christamas

Joyeux Noel

d0070113_21345891.jpg

皆様こんにちは。どの様なクリスマスをお過ごしでしょうか。
今年も残り僅かとなりましたが、2010年はどんな年だったでしょうか。

きっと、色々なことがあったと思いますが、クリスマスー新年を迎えるというのは気持ちが改まっていいですね。自然に色々なことを振り返る良い機会になります。
d0070113_21281784.jpg



パリは、昨日までのグレー&雪の寒いお天気と打って変わって、綺麗な青空が広がっています。パリ中の人々が喜んでお散歩していることでしょう。

私自身、今年を振り返りますと一言で言うと “ブランデンの年” という感じでしたでしょうか。
一緒に弾かせて頂いてる2つのアンサンブル・オーケストラが両方ともバッハのブランデンブルグ協奏曲の全曲演奏会のツアーを企画した為、合計9回の本番がありました。

お陰でこの名曲を身近に感じれて、ホルン、オーボエ、フルート、ガンバなど色々な楽器のソリストと出会えたのはとても貴重&楽しい経験となりました。

1月末にパリ郊外ナンテール、南仏エクスアンプロヴァンス、ゴッホの愛したアルル、そしてショパンも演奏した歴史あるパリのサルプレイエルで演奏して無事に終了となります。

d0070113_21354575.jpg

ロンドンのクリスマスイルミネーション

12月13日のパリコンサート・ラジオ録音は一体どんなできになっているのか、まだ知りませんがちょっと、はらはらどきどきですね。
多少のミスがあったことは覚えているのですが、やはり他人の演奏を聴くような冷静な感覚ではなかったので、客観的に聞いてまた1月の本番の為に勉強をしたいと思います。

毎回本番の度にカデンツァの弾き方が自然に変わっていましたが、自分でも本番のコンサート中の独特な緊張感やお客さんや会場の雰囲気、そして勿論自分の集中力の度合いによって、間の取り方なども変わったり、指の都合で(?!)早くなってしまったり、逆にゆったりしたり・・・・

結果、とても自由なのですがJazzの感覚に近い?かとも思います。


アメリカ時代にjazzの即興を少しかじりましたが、中々自分の中から溢れるように自由に即興をすることはできないので、jazzのミュージシャンをとても尊敬しますね。

そして、自分のスタイルや和声の色を持つ人は特に惹かれます。
3秒聞いただけで、

あ!あの人!

と分かるような“色”と自分の世界を持った音楽家は素晴らしいと思います。

さて、長くなってしまいましたが、どうぞ皆様も素敵な音楽、美味しいご馳走、そして何よりもかけがえのない家族やお友達と過ごす年末年始をお楽しみください。
[PR]
昨日は、長い長い1日でしたがあっという間に過ぎました。

朝11時にチェンバロとともに家を出て劇場に到着し、1時間ほど1人で練習、様子を見ながら疲れすぎない程度に指ならし。

d0070113_8433487.jpg

お弁当を食べて昼寝中に調律師さん到着。てきぱきと調律をして下さり、その間私は30分の昼寝をして頭がすっきり!とし起きたらメンバーのみんなが到着し始め、リハーサル開始。

3時のリハーサルから7時のラジオ録音兼リハーサル終了までの4時間はあっという間で、1日中劇場内に居たので外が天気が良いのかもあまりよく分からないまま時間が飛んでいきます。

d0070113_8494378.jpg

正直、今回はマネージャーもあまり宣伝をしていない?感じだったので、
お客さんは数えるくらいの人では?
音楽家が20人くらい居てこっちの方が多いこともあるのでは?

d0070113_850127.jpg

まあ、録音にコンサートが付いた感じで考えれば良いか?なんて思っていました。

が!

会場すると、人がぞろぞろ・・・
満員!

どこからこんなに人が来たんだろうという位大盛況でした。

d0070113_8504560.jpg

1曲目後の拍手の雰囲気から観客の暖かい感じが伝わってきたので、みんなも楽しんで良い緊張感と集中の中で弾けたようです。

5月パリ郊外、7月南仏、11月スイス2公演を終えた最後の5回目のコンサートだった為、やはり今までの経験が凝縮して色々な意味でとても良いコンサートだったと思います。

勿論、細かいことミスやテンポ感など色々ありましたが、全体のエネルギー、音楽をするスピリットとしてみんな楽しみながら素晴らしい劇場の雰囲気とお客さんのエネルギーの中でとても良い感じでした。

d0070113_851487.jpg

今回は、チェンバロの調律が狂うのを避けるために、チェンバロコンチェルト並みの大きなソロがある5番を休憩中に調律してすぐに弾けるように後半の始めにプログラムの順序を変えました。

今まで前半の3曲目に通奏低音の伴奏を弾いてすぐに頭を切り替えてから、ソロを弾かないといけなかったのですが、逆に15分くらいあって、切り替えるのに勿論時間があって助かったのですが、長くて時間が余って居る様な感覚でした。

d0070113_8514818.jpg

舞台横の袖で楽譜を見ていたのですが、ラジオ局の方たちが居たりして集中できない為、地下の控室の静かな空間で楽譜を見ていました。

フルートのソロの子も隣に居たり問題なかったのですが、その後トイレに行って出てきたら何となく静か・・・

そして、控室を見ると2部の1曲目を”弾かない”人たちばかり暇そうにいる、
いやな予感・・・

d0070113_852584.jpg

ということで、すぐに舞台へ上がる階段を登って行ったら、拍手の音が鳴りやむところ。
まさか!?

ラジオの人に5番?と聞いたら。そうそう。
え?!私も行かなきゃ。

ということで、焦って舞台に出ようとしたらチェロのラファエルが舞台袖に居たのでほっと一息。
そして、”まだOK”という仕草をしてくれたので、一呼吸してから一緒に舞台へ。

d0070113_554269.jpg

結局、後で聞いたらみんな出て行ったけれどソリストのチェンバロが居ない?
え?

d0070113_5543783.jpg

ということで20秒くらい舞台で待ったらしいのですが、すぐにラファエルが自然に探しに戻り、ヴァイオリニストがフルートの紹介?などしてアドリブでお話をしていて、
“そうこうしている間にチェンバリストが来ました”
みたいに上手くつなげてくれた様で助かりましたが、みんなも笑ってましたね。

d0070113_8525019.jpg

私も思わず”またやってしまった~~!?!ドジ!!”と自分に苦笑してしまい、かなりリラックスしたモードで弾き始めることができ、結果的にとても自然に集中してカデンツァまでテンションを持って行けたので良かったです。

それにしても、もし30秒、1分遅かったら・・・と思うとぞっとしますが、虫の知らせか何となく上へ登って行ったので良かったのですが、裏方さんは”チェンバロ~~~~!!チェンバロ~~!”と叫んでたそうです。(下には全然聞こえなかったのですが)

d0070113_8533478.jpg

ということで、ラジオが同時に録音されていたので勿論緊張はしましたが、リハーサルの時よりも本番ならではの緊張感やお客さんからのエネルギーなども手伝って細かいミスなどはありましたが、音楽的に表現したいことは全部表現できたという感じです。まだ、録音を聞いていないので何とも言えないですが、良い記念になったと思います。今の等身大の自分でしょうか。

ブランデンブルグ全6曲のコンサートが終わったのは夜の11時半、その後にメンバーのみんなで劇場のバーでワインで乾杯し、何か食べようか?ということで24時間Openのレストランへ行き家に着いたのは夜中の3時!

d0070113_555621.jpg

こんな夜更かしは久しぶりですが、それでもみんなは翌日朝9時半からレッスンや生徒の発表会・・・と大忙し。それでも打ち上げはする!というのがすごいパワーですね。

今日はさすがに眠いですが、手作りギョーザと韓国風チジミをお好み焼き風にして元気もりもり食べました。これで寝れば回復ばっちりでは?

明日は、クリストフルセのアンサンブル、レ・タロンリリックのリハーサルを聞きにCite de la musiqueへ行ってきます。素晴らしいバロックアンサンブルと歌手たちの演奏が楽しみです。
[PR]
d0070113_4465638.jpg
スイスは見渡す限り銀世界でした

皆様お久しぶりです。
ブログがすっかりご無沙汰になってしまい、夏の柄を秋に変えたと思ったらもう冬!!
パリは2週間前の初雪から5,6回は降ったでしょうか。


d0070113_4474641.jpg
スイスはまさにスキーに最高のさらさらな雪でした・・・

d0070113_624431.jpg
会場のジュネーブ音楽院 Consevatoire de Geneve

d0070113_634581.jpg

さて、前回の日記からロンドンへ行ったり、スイスのブランデンブルクコンサートツアーが無事に終わり、そして明日はいよいよパリのブランデンブルク全曲のコンサートがあります。

d0070113_4493914.jpg

ジュネーブコンサート会場だったジュネーブ音楽院の大ホール:素晴らしい響きでした

d0070113_4503063.jpg


d0070113_451538.jpg

ジュネーブコンサート後・みんなもリラックス
d0070113_6103130.jpg


ジュネーブコンサート後もチーズフォンデュのデイナーが1時に終わり、翌朝はみんなドイツやパリへ他のコンサートやレッスンをするために5時半起きで帰っていき、すごい体力!と見ていて思いました。私は勿論ぎりぎりまで寝ているタイプですが・・・
d0070113_4541840.jpg


d0070113_5574333.jpg

そして、その後は勿論乾杯するでしょう(ってそっちの方が楽しみ?)

d0070113_5582642.jpg

そんなことは言っていられないのは、France radioの録音が入るので、リハーサル中からもう録音し始めているかもしれませんね。
一体本番で何か起きてしまったら?!そのまま流すのでしょうか・・・
d0070113_5594275.jpg
C`est la Meilleur a la fin! (最後のこげついたフォンデュがおいしいらしく真剣に食べるヴァイオリンのjean-marc)

d0070113_604814.jpg



Nyonというジュネーブから30分くらいの所でのアフタヌーンコンサート

d0070113_513746.jpg


昨日は、自分で録音、聞いてチェック、メトロノームで遅い死にそうに早い有名なブランデン5番のソロパートをさらいましたが、メトロノームは普段は使いませんね。

d0070113_6144330.jpg
チェロとガンバの多きこと!Combien de Violoncelle et le viole de gambe?

d0070113_614271.jpg

やはりオケなど他の人と一緒に弾く場合は拍感がとても大事なので確認するには良い勉強になります。無意識に早くなってる所、パッセージがテンポ通りでない所・・・など発見!します。

d0070113_524336.jpg

コンサートに使う楽器はいつもどんな楽器か?!冷や冷やするのですが、Nyonは何と前日にできあがったという新しいチェンバロ。勿論、誰も弾いていないので音が鳴らないので結構大変でした。

d0070113_6161675.jpg
終演後、外で1服・・・1 clope,pourquoi pas?

d0070113_6171978.jpg
tres serieusement....regarde la selection de "Macaron"! とっても神経に見ているのは、実はお菓子のマカロンのフレーバー表。みんな食いしん坊です。

d0070113_542414.jpg

Nyonコンサート後チェンバロ運搬中。制作家の方たちが全部やってくれてありがたい!

d0070113_620296.jpg

日本だとかなり遅いですが、こっちはコンサート後にデイナーだと夜中の1時か2時にデザート・・・ということも珍しくない不規則な生活の音楽家たち!

d0070113_6204354.jpg
寒そうなレマン湖!

d0070113_6233437.jpg
獲ずけをする人に群れをなす白鳥、かも、かもめ・・・などなど。凄いことになってました!Milles oiseaux!

d0070113_625775.jpg
FlutistのAlexis avec le cygne.

d0070113_6262739.jpg
私も記念撮影・・・ moi avec le cygne.

d0070113_6274535.jpg
そしてまた食べる!このハム盛り合わせ美味しかった!

d0070113_641858.jpg

Lunchに食べたスイス名物の Rosti.ちょっと塩辛かったですが、スイス人の友人が作ってくれたほくほくのRostiはとっても美味しかったです。

ということで、このスイス3日間だけでも何キロ増えたのか・・・とみんな言ってました。
でも、スイスフォンデュのチーズはフランスのアルプス地方サボワのフォンデュよりマイルドで美味しいのだそうです。フランス人がそういうなら!と堪能しました。

そして、フォンデュを食べる時はお水を飲むとチーズがお腹の中で固まってしまうそうなので、美味しい白ワインと頂きました。すごい満腹感になります。寒い日に食べるには最高です。


明日は、

朝10時半チェンバロ運搬
2時調律師さん
3時~リハーサル 

コンサートは夜8時半ー休憩1回を入れて11時までです。

さて、話したが飛びましたが今回3回目くらいになるいつもお願いしている大きなトラックで楽器運搬専門にやっている親子のフランス人の方と一緒に劇場へ行ってゆっくり練習でもしようかと。

こういう時、日本だと近くにコンビニやら”ご飯”の食べれるお店があるのが嬉しいのですが、勿論パリではそんなこと期待できませんので、お弁当持参です。

d0070113_441251.jpg

コンサート後に色々と写真をUpしますが今日はここら辺で。
パリにいらっしゃるバッハ好きの方、宜しければお越しください。

チェンバロの巨匠・レオンハルトもいつもソロコンサートを行うとても素敵な劇場です。
d0070113_4413438.jpg


theatre de buffes du nordのオフィシャルサイトはこちら

d0070113_4411941.jpg


Théâtre des Bouffes du Nord
37 bis, boulevard de la Chapelle
Paris, France

Concert de l'Ensemble Prometheus 21
sur instruments d'époque


L'intégrale des Concertos Brandebourgeois en une soirée !
(concert enregistré par France Musique)

avec
Jean-Marc PHILLIPS-VARJABEDIAN, violon solo et codirecteur musical
Jérôme AKOKA
Vanessa UGARTE
Tami TROMAN
Mieko TSUBAKI, violons
Christophe GAUGUE
Laurent MULLER
Vincent DEBRUYNE, altos
Raphaël PIDOUX, violoncelle et codirecteur musical
Pascale JAUPART, violoncelle et viole de gambe
Marion MARTINEAU, violoncelle et viole de gambe
Richard MYRON, violone et contrebasse
Kei UEYAMA, clavecin
Alexis KOSSENKO
François LAZAREVITCH, flûtes
Patrick BEAUGIRAUD
Christian MOREAUX
Guillaume CUILLER, hautbois
Antoine PECQUEUR, basson
Michel GARCIN-MARROU, cor
David GUERRIER, trompette et cor

d0070113_4404325.jpg

prix des places : 23 € (tarif réduit 15 €)
location : 01 46 07 34 50 - www.bouffesdunord.com
ou FNAC 08 92 68 36 22 - www.fnac.com
[PR]