ボローニャから電車で2時間ほどでミラノに着きます。1時間の新幹線のような高速列車から3時間の鈍行まで選べるので楽です。

d0070113_7181161.jpg

ミラノ駅から2駅の場所にアトリエを持つAndrea Restelliさんを訪ねました。メールで流暢な英語で対応して頂き、イタリア人なのに珍しいな~と思いましたが、実際に会ってみるととても気さくで奥様もとても素敵な方でした。

d0070113_7183261.jpg

アンドレアさんはとても人気の製作家の為、今24人のWaiting Listで今注文しても4,5年後まで時間がかかるそうです。

d0070113_7184547.jpg
面白いのが、この型は歯医者さんで歯型を取る素材を使って、18世紀のオリジナルピアノから形を取り、奥様が製作しているとのことです。ブロンズ製の上に金箔を張ってあるそうです

フォルテピアノの製作者を探しているので、とにかく多くの製作家に実際に会い、楽器を弾く事が一番だと思い、今回ちょうどイタリアへ行ったの会いに行きました。

d0070113_7201030.jpg
Grafモデル

アンドレアさんはチェンバロ、フォルテピアノ、クラヴィコード、オルガンと多種多様の鍵盤楽器を作れる珍しい製作家です。

d0070113_7203123.jpg
中のPedalの構造。ペダルが5個くらいあるので複雑です。

d0070113_721156.jpg
これは1800年頃のドイツ製のオリジナルピアノ。円い装飾が違う色の木で1つずつされています。面白いですね。

d0070113_722040.jpg
ハンマー。今のピアノに比べてずっとシンプルで小さいです。

d0070113_7222674.jpg


d0070113_7224526.jpg


d0070113_7225572.jpg
響板の裏側。魚のうろこのようになっていて面白いですね。

ミラノ1泊2日を過ごして、夜の飛行機でパリへ戻ってきました。
おかしいのはモントンーパリまでの電車よりもミラノーパリの方が半額の料金で何と5000円!考えられませんね。ちょっとナイスなデイナーと飛行機代が一緒の便利な時代になりましたね。

しばらくはパリでゆっくりします。バカンスで留守にしていたパリジャンも段々と戻ってきて町に活気が戻り始めつつあります。

皆さんの夏はいかがでしたか。どうぞ季節の変わり目お体にお気をつけて下さい。
[PR]
Modenaを後にし、1時間ほどでボローニャへ到着。
翌日私は、ミラノへ。
d0070113_6551077.jpg
中世にあった城壁の一部が今も残されています。

d0070113_6541758.jpg
市内中心の広場

d0070113_6544477.jpg


d0070113_6545830.jpg


d0070113_6555243.jpg


d0070113_712487.jpg
2つの塔、かなり傾いています!

d0070113_656621.jpg
ビールで乾杯!イタリアにもビールがあるんですね。

d0070113_6575723.jpg
夜も更けて藍色の空に。

d0070113_6583087.jpg
翌朝、ミラノへ行く前に時間があったので7年前にチェンバロコンクールを受けた場所へお散歩をしに行きました。

d0070113_659941.jpg
懐かしかったですね。この階段を上がった中に素晴らしい大広間があり、そこでコンクールが行われました。

d0070113_6594948.jpg
その近くに中世美術館があります。

d0070113_7122440.jpg
美術館庭園

d0070113_701445.jpg


d0070113_703145.jpg
司祭のマント

d0070113_70466.jpg
その中の模様にチェンバロの様な弦楽器を叩く(?)天使が刺繍されていました。

d0070113_711843.jpg


d0070113_713456.jpg
素晴らしいモザイクですね。

d0070113_715183.jpg
くし

d0070113_721060.jpg


d0070113_722127.jpg
銅板画:元の盤、細かく全て刻まれています。文字は逆の鏡文字になっています。

d0070113_75047.jpg
上の銅版画を元に印刷された紙

楽譜も銅版画が発明されてから、急速に普及されるようになったので、凄い大きな進歩だった事と思います。
それまでは手で写譜をしてた時代です。

d0070113_762812.jpg


d0070113_764223.jpg


d0070113_765693.jpg


d0070113_771182.jpg
象牙でしょうか?

d0070113_772394.jpg


d0070113_774139.jpg
まるで生きているようですね。

d0070113_78336.jpg


d0070113_781691.jpg
この聖母像は首と手がないのですが、素晴らしいレイヤーの彫刻ですね。

d0070113_785199.jpg
皆さんお勉強していて、勤勉ですね~~。

d0070113_791339.jpg
象牙の彫刻

d0070113_793168.jpg
塩・コショウなどの入れ物

d0070113_710618.jpg
この美術館の近くにあった教会内ですが、実はこれは平面で奥行きはないのですが、遠近法でまるで奥行きがあるように見えますね。
イタリア人の建築法は本当に素晴らしいなあと感心しました。
[PR]
2日間DOLCEDOでゆっくりした後、イタリアのボローニャ方面へ向かって東に4,5時間ドライブしました。
その途中で寄ったのがオペラで有名なVerdiの生家やVerdi国際コンクールの行われる町。

d0070113_6441557.jpg
Verdi生家前の銅像

d0070113_644379.jpg
Verdiが弾いていたオルガンのある教会

d0070113_6455187.jpg
Verdi広場

d0070113_6462583.jpg
広場のカフェには名だたるオペラ歌手のサイン入り写真などが飾ってあります。

d0070113_647047.jpg
3大テノールもサイン入り。

陽子さん特性の色とりどりのお弁当を頂き再出発!
d0070113_650591.jpg
おにぎり、お庭のシソで巻いた揚げたヒレカツ(絶品!)、いんげん、卵焼きなどなど・・・それはそれは豪華!いつかお料理の住み込み見習いでもお伺いしようかと言っています。(笑)

d0070113_6472357.jpg
その後1時間ほどでMODENAへ到着。UNESCO世界遺産のカテドラル

d0070113_648577.jpg


d0070113_6481862.jpg


d0070113_6482981.jpg


d0070113_6484294.jpg


d0070113_6485893.jpg
市内の編み物屋さんの看板代わりにセーターにお店の名前が。
[PR]
モントンで5日間過ごした後、車で1時間イタリア方面へ行くと国境を越えDolcedoという小さな町に着きます。

去年も夢の様な3日間を過ごさせて頂いた知人の陽子さん宅へ2日間滞在させて頂きました。
d0070113_619712.jpg


お庭の横には何と数百年昔の教会があります。素晴らしい風景ですね。ぶどうはお庭で取れた物。太陽を一杯に浴びた無農薬のぶどうでとても美味しかったです。

d0070113_6201422.jpg


d0070113_6205592.jpg


d0070113_621159.jpg
お庭のナシ!これも絶品!!

毎日朝ご飯はテラスで。陽子さんと旦那様のクラウスさん。
d0070113_6204230.jpg


すると、太陽と雲の間に反射して虹が見えるとクラウスさん&陽子さんが教えてくれました。見ると本当!初めて見た~~!ということでパシャリ。

d0070113_6301235.jpg


d0070113_6302430.jpg


d0070113_631541.jpg


d0070113_6215293.jpg
とても素敵なリビングルーム

d0070113_6221414.jpg
陽子さんの愛用ピアノベーゼンドルファーはとても魅力のある音色で、陽子さんの歌に合わせてデイナー後はシューベルトやモーツァルトの歌曲を初見で弾いてとても楽しかったです。

ピアノの位置から外を見ると、Dolcedoの街とその先に地中海が見えるという夢の様な風景!

d0070113_624081.jpg
お庭で取れたハーブ。

陽子さんはお料理がとにかくお上手でいつもレシピをお聞きするのですが、ランチにささっと美味しいボンゴレパスタを作って頂きました。

ここで、作り方を紹介。
3~4人分:あさり 2袋、トマト10個くらい、にんにく、白ワイン少々
下準備:あさりは塩水に入れて砂を出し、良く洗います。

d0070113_6254769.jpg
あさりの蓋が開いてくるまで炒めます。トマトとあさりのうま味が混ざって絶品のソースが出来ます。

ポイントはパスタを5分しか茹でないこと。その後フライパンに入れてソースにからませながら仕上げるそうです。
d0070113_6273838.jpg
お庭で取れたイタリアパセリを刻んで入れます。

d0070113_628103.jpg
アツアツのうちに召し上がれ!

陽子さん曰く”家の教会”を見ながらの小さなロミオ&ジュリエットに出てきそうな可愛いバルコニーでロゼのワインと一緒に食べました。

あ~~幸せ!

2日目はマリア昇天祭の8月15日でしたが、イタリアではクリスマスよりも大事な家族が集まる日だということです。日本のお盆ではないですが、そういう感じの様です。

ということで、陽子さん&旦那様と山の中のロマネスク時代の古いとっておきの教会へドライブして行く事になりました。

d0070113_6344778.jpg


d0070113_635288.jpg


d0070113_6351562.jpg


d0070113_635285.jpg


d0070113_6354243.jpg


d0070113_6355855.jpg
残念ながら教会は閉まっていたのですが、ドアの穴から明るく撮ってみました。

d0070113_6372582.jpg


d0070113_63641100.jpg
にんにくの花が咲いていました。初めて見ました。

d0070113_6374387.jpg
遠くにオリーブ畑の中に村が見えます。

d0070113_6381253.jpg
オリーブの収穫に向けて木の下にネットが張られていました。ここの地方は自然に落ちにくいので枝を叩いて落とすそうです。

d0070113_6385730.jpg


d0070113_6395788.jpg
りんごの木

d0070113_6391883.jpg
地中海が見えます。

本当に太陽と自然に包まれた素晴らしい時間を過ごさせて頂きました。陽子さんありがとうございました。
[PR]
日本は大変な猛暑が続いている様ですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
イタリアへ10日間行ってきました。

d0070113_553843.jpg

始めの5日間は、フランスとイタリアの国境に近いモントンMentonという町で今年61回目を迎えている歴史のあるMencon音楽祭へ行ってきました。

d0070113_5532725.jpg

名だたる音楽家が昔から呼ばれ、地中海の見える素敵な野外の開場でコンサートが行われます。普段は教会のある広場にステージや椅子を設置して2週間以上に渡って音楽を楽しみます。一歩海沿いへ行けば、エメラルドグリーンの地中海が広がり、それはそれはきれいなこと!

今回は、去年から参加しているチェンバロのクリストフ・ルセのマスタークラスも同時に行われ、参加してきました。

d0070113_554136.jpg
ヴィラの下の庭園には野外コンサートの準備で椅子が並べられています。

日本人3人、フランス人2人、ウクライナ人1人という6人の丁度良い人数で毎日1回x4日間に最終日は参加者のコンサートもあり、大変充実した時間でした。

d0070113_5545957.jpg

今回マスタークラスのあった会場は、モントン市内から車で10分ほどの、Jardin Serre de la Madoneという素敵な多種多様の植物のあるお庭の中にあるVilla(ヴィラ)で行われました。

d0070113_5551770.jpg

そのヴィラには1つ星のレストランがあり、素敵な藤の花に包まれたバルコニーで毎日ランチを和気あいあいと頂きました。昼間から、白ワイン、赤ワインなどがサーブされ、また弾いていないと酔っぱらって弾けないので、朝に既に弾いた日は喜んで頂きました。

d0070113_5553146.jpg

ヌベールクイジ―ヌの洗練されたフレンチを毎日頂くなんて何て贅沢!
d0070113_5555282.jpg

そして、レッスンの合い間には何とも言えない美味しい自家製レモネードやアイステイーが出て、レシピを聞いたほどです。
d0070113_5561211.jpg


d0070113_5563569.jpg


さて、食べ物の話はここら辺にして・・・
レッスン模様です。
d0070113_557113.jpg


d0070113_5571410.jpg

ルセ自身のDavid Layのチェンバロをパリからモントンまで運んできました!ドライブ8時間くらいでしょうか・・・
d0070113_5572798.jpg
17世紀モデル
素晴らしいチェンバロでみんな思う存分に弾いていましたが、ルセも凄い勢いで弾いていて、いいのか?!という感じでしたが、デビットも笑ってたのでいいのでしょう(苦笑)

d0070113_559641.jpg

最終日には、ルセの仲間との室内楽コンサートもお庭で行われました。今にもにわか雨が降りそうな真っ黒な雲があり、みんな1日中心配していましたが、無事に雨も降らずにコンサートも雰囲気がとても良かったです。

でも、可哀そうだったのは静かなアリアなどの最中にセミが1匹ジージーと鳴き始め・・・聴衆も弾いている演奏家も気が散り・・・

その15分後には、あっちからもこっちからもジージージージーと色々な音程で鳴き始め、そのうちみんな耳が慣れましたが、あの音と湿度の中でチェンバロを野外で弾くのはかなり限界だな~~とみんな思っていたようです。

d0070113_661246.jpg
左からチェンバロ製作家のDavid,Rousset,Gilone(violin)
コンサート前と休憩にはシャンパンなどのブレイクがありとても素敵な雰囲気でした。
余談ですが、モントンに行くと凄い蚊がいる!と友人に言われましたが、生まれて初めて蚊に刺されてすごい水ぶくれのようになってしまいました。

d0070113_683050.jpg

集中的に両くるぶしを5カ所くらい刺され、あまりに痒くてかいてしまい、翌日見ると”ぷく~~”っと大きく腫れている・・・かなりびっくりしましたが、オーガニックショップでラベンダーオイル(火傷などにも効く)など調合されたオイルを塗ったりして、今はどうにかかさぶたになりましたが、2cm大の大きな黒い跡が・・・消えればいいですが、また行く際には蚊取り線香持参しないと大変なことになりますね。

ニュースでもやっていましたが、蚊に刺されて発熱して亡くなる方も出ているというウイルス性の蚊も発生しているようなので、まだ生きているので良かったです(苦笑)

d0070113_67627.jpg

コンサート後には10時半くらいから夜な夜なデイナーが始まりました。本当にヨーロッパのデイナーは遅いですね。終わったら12時半くらいでした。

d0070113_684471.jpg
みんなでルセにThank you Letterを書こうと各々ジョークを交えてメッセージを書き渡しました。

d0070113_692694.jpg


d0070113_693788.jpg
どれどれ、何だって?

d0070113_695285.jpg


d0070113_6101354.jpg
自家製パテにニンニクなどお野菜をマリネした物がオシャレなビンに入っています。

d0070113_612209.jpg
デザートはアプリコットのケーキにピスタチオのシャーベット
[PR]