皆様こんにちは。
この数日、パリは素晴らしい快晴でやっと5月の日差しになりバラの大きなつぼみも増え咲き始めています。
これからバラが楽しみの季節ですね。

d0070113_7531284.jpg

さて、この3日間はパリ郊外(車で30分)ほどのヴェルサイユ近郊の自然豊かなポールロワイヤル デション寺院跡国立博物館でバッハ:ブランデンブルグ協奏曲全曲演奏会がありました。

自然の豊かな、本当に油絵に出てきそうな丘の向こうに小さな教会が見える・・・という素晴らしい田園風景が広がっていました。もともとは修道院で今は博物館として一般公開されています。詳しくはこちらよりどうぞ。

d0070113_7533792.jpg

5月―7月は夜10時近くまで日が長く、いつまでも外でゆったりと過ごしたい・・・そんなヨーロッパならではの最高の季節です。

そんな青空の下でプロのカメラマン:Francois SsechetさんによりアンサンブルPrometheus21の写真撮影が行われました。まだ30代の若手の方でしたが、自然体でみんなお話でもしていて!なんて言っている間に撮っていました。
リハーサルやプレコンサートの写真などはこちらから。

d0070113_7535948.jpg

今回は、全曲演奏会ということで、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、コントラバス、チェンバロに加え、トラヴェルソ(フルート)、ファゴット、オーボエ、トランペット、ホルンも大勢の素晴らしい音楽家が参加し、とても充実した時間でした。

すでにブランデンブルグの3番、5番は2年前の同じアンサンブルのパリコンサートで演奏していましたが、全曲は今回が初めてでした。

d0070113_7542367.jpg
なぜか爆笑している私・・・

1日目:

1日目はパリ市内で弦楽器とリハーサル。大体のテンポ感やアーテイキュレーションなど決めていきます。また、ヴァイオリンは多数いるのでそれぞれの音楽家の音が混ざるまでやはり慣れる時間が少しいるようです。

2日目:

2日前は朝8時前に自宅にチェンバロの運搬屋さんが来て、私のチェンバロをトラックに積み一緒に会場へ移動。10時前のリハーサルの為すぐに調律開始。

6曲を1日のリハーサルで仕上げ、夜にはオープンリハーサル(お客さんが聞いているプレ・コンサートのようなもの)があるので演奏しないといけない分けで、朝10時ー7時、ランチと少しの休憩を挟むとはいえ、かなり集中的な大変な1日でした。

休憩といっても、チェンバロはすぐに狂うのでみんなが休んでいる前に常に私は調律をしている訳で、1日に8回くらい合計で調律したでしょうか。それもあり、かなり神経が消耗しました。

しかし、5番のブランデンブルグのリハーサルではチェンバロの5分に及ぶ大きなソロカデンツァはスキップ。2楽章(チェンバロ、フルート、ヴァイオリンのみの室内楽)も、これは後でしましょうとスキップ。

結果、他の曲のリハーサルで時間がなくなり、気がついたらオープンリハーサル開始の7時に6曲のリハーサルが終わったばかりで、もうお客さんがどやどやと会場内に居る訳です。

d0070113_755599.jpg

でも、チェンバロをまた調律しないといけない分けで、皆さんには静かにして頂き集中してまた調律。
無事に終わったと同時にもう演奏しないといけないのですが、ブランデンブルグの6番と5番というプログラム。

気がつくと、5番はその日ソロのカデンツァ部分も2楽章も1度も弾いていない(今回初めて一緒に弾くフル―ティストなのでリハーサルなし)のまま本番でステージに座っているという状態。

しょうがないので、フルートとヴァイオリニストに2楽章のテンポ感だけチェック。
館長さんがお客さんにお話をしている最中に5番のカデンツァ部分の楽譜を見て頭の中で練習。

そしていざ本番!

ということで、どうなることやら・・・と思いましたが
とにかく弾く瞬間に自分を疑うのは一番いけないので、とにかくできると信じ・・・

結果無事に終わりました。

d0070113_75522100.jpg

本当に毎回コンサートというのは、自分を試される機会ですね。
素っ裸で自分の力量がそのまま試されるという感じです。
どこにも隠れられない、そしてもう開き直るしかない!(笑)

普段はぼ~っとしているキャラクターなのですが、本番では一瞬でも”あれ?”とか”できるかな!?”なんて0.5秒でも思った瞬間には間違えてますから、油断禁物です。今までの30年間にどれだけのミスや痛い思いをして思い知らされたか分かりません。そでも、まだまだですから。

ということで2日目に自宅に無事に戻ったのは9時半くらいでおよそ12時間のリハーサル+コンサートというハードスケジュールでくたくたでした。

3日目:

翌日のコンサートは午後で、チェンバロも会場に置いてきて自宅にない為練習はできないので、ゆっくり寝ることに。

翌日、コンサート当日は調律で疲れたくない為、他の人に頼んで来て貰ったのですが何とコミュニケーションがうまく行かずに、大事な5番のソロの前の調律の際にてっきり全ての弦(3本あり、5番は必ず全部使う)を調律してくれたと思って、弾き始めたらすごい狂っている!!!

あまりに狂って居てかなり動揺しましたが、会場がとても大きかったので2本の弦だと音が響かないのでは?とそのまま3本目の狂ってる弦を使いながら弾きましたが、本当にあまりに狂って居て演奏に集中できないほどでした。

一体どうなってるのか?・・・・

と思いましたが、ああいう時はとにかく来るっていたら使わないのがベストですね。

しかし、なぜかそのまま使ってしまい、まあカデンツァも無事に終わりましたが、やはり音楽の中に集中できなかった部分がありました。

後で、コンサート当日に調律をするのは(最低2回か3回はしないといけないですから)、演奏に集中したいのは山やですが、自分でチェンバロの状態を把握できるのでやはり自分でするべきだな・・・と反省しました。

ということで、6曲全部無事に終えチェンバロを再び自宅へ戻し、全て終わりほっとしています。

d0070113_756141.jpg

大事なコンサートは自分のチェンバロを運ぶのがベストですが、やはり運搬中に万が一チェンバロに何かあったら、とかトラックででこぼこの道を通る時に衝撃があると勿論チェンバロが大丈夫か心配になりますし、気も使いますが、舞台で弾く瞬間にはやはり慣れ親しんだタッチと音で表現できるので、それに代えれるものはない分けです。

全曲演奏会は今回を1回目に7月末に南仏(マルセイユ近く)、11月にスイス(ジュネーブ他)、12月(パリ、Theatre de Buffe du Nord)でありますが、やはり2回目以降は音楽家全員も慣れていますし、もっとリラックスして音楽を楽しめ、音も良くブレンドすると思います。

今回は、初めて演奏する音楽家が沢山いましたが、みんな素晴らしい感性の持ち主で演奏しながら多くの事を学びました。

d0070113_7582377.jpg
左からヴァイオリンのVanessa,バロックチェロのPasca,バロックオーボエのFrancoise

何よりも、素晴らしい音楽家と演奏するのが自分を高める秘訣ではないかと思います。
素晴らしい人達と交流すると、自分の中の無意識の部分が触発されて、お互いに良い部分を引き出しあうのだと思います。これは、音楽に限らず人間の付き合いでもそうだと思います。

以前教えていたフランス人のチェンバロの生徒さんに“アンテイーク商”はどうやって勉強したの?と聞いたら
”やりながら” という答えに驚きましたが、アンテイークや美術、音楽、その他のお仕事でもやはり経験を積みながら学ぶのがどんなマニュアルや人から聞く話よりも確かに自分の実感として蓄積され、感性が養われると思います。

今回は、久しぶりに多くのインスピレーションを貰う素晴らしいコンサートで、本当に嬉しかったです。

ということで、今日は快晴のパリでゆっくりと読書やお掃除(!)をして、来週のシャンパーニュ地方でのフルート全曲演奏会の準備に向けたいと思います。

d0070113_7592399.jpg
コンサート終了後はお庭でワインを飲みながらレセプション、サッカーを子供としたり、冗談ばかり言ってVanessaとはじけましたね~~。
昨日の演奏会会場は素晴らしい自然で沢山写真をとったので後日Upしたいと思います。
[PR]
皆様こんにちは。

パリは、なぜか5月中旬というのに未だにセーターとジャケットを着ないと寒いくらいです。日本でも雪が4月に降ったりしたようですが、地球は一体どうなっているのでしょうか。

毎日の生活は当たり前のように過ぎていると思いますが、先月アイルランドの火山灰の影響で5日間もパリの空港が閉鎖されて足止めをされた際には、人間のちっぽけさを感じました。

そして、当たり前のことが当たり前でないということを改めて実感しました。火山が爆発するだけで、ヨーロッパ25カ国以上の空港が一気に閉鎖されるなんて誰が考えたでしょうか。

2001年のニューヨークのテロ事件の時に、ボストンに住んでいましたが何とテロの犯人はボストンに潜伏し、ローガン空港から乗りあのような惨事が起きました。

ちょうど、その日もイギリスからボストンに到着する友達を迎えに行く予定だったのですが、

”空港閉鎖?って一体?!?”

と初めての経験でしたが、テロの場合はまだ人間が仕組んでいる訳ですからどうにか対策を練れる分けです。それにしても人生2回もこの様な状況を体験するとは・・・どういうことでしょうか。(笑)

今回の天災というのは地球レベルのことですから、人間には止められないし、いつまで続くかも謎。どうやら1800年代に噴火した際には2年続いたそうですが・・・

話しが変わりますが、最近友人や知人に勧められて呼んだ本などが共通しているテーマなので、ちょっと書いてみようと思いました。

それは、”ありがとう” という言葉の大切さです。
そして、ありがとう と思うだけで目の前の嫌な事に対する気持が軽くなったり、会いたくない人と話しても楽しい時間が過ごせたり、不機嫌な時もどこか明るく過ごせるような気がします。

ある本に書いてありましたが、
”難が有る”=有り難う なので、難がある時に”ありがたさ”を実感しますね。

病気になると急に不自由さを感じますし、普通に歩ける、食べれる、予定通りコンサートが無事に終えられた・・などなど、当たり前のようで当たり前でないことが沢山ありますね。実は、とても多くの人に支えられて初めてできていることを今回の帰国で実感させられました。

有名なギタリスト、村治佳織さんも2005年10月に朝起きたら突然右手が動かなくなってしまったそうです。(右手後骨間神経麻痺)本人が騒ぐと周りが余計に心配すると思ったそうですが、3カ月後から動き始め演奏活動を始めたそうです。

コンサートツアーなど多忙な時に、ある日突然手が動かなくなったら・・・なんて想像するだけでも大変な事ですね。そう考えたら、今日1日不自由なく生活できることに感謝ですね。

d0070113_18421051.jpg
富士の芝桜

似たようなエピソードを1つご紹介します。**********
高校の同級生で女性トロンボーン奏者のMちゃんは、あまりにトロンボーンが大好きで通常長時間続けて練習しては唇の神経に負担がかかってしまうのですが、何と1日8時間も猛練習をしていたそうで、高い音になるほどかなりの圧迫が頭にかかります。

普通は10分くらいしか最高音は練習してはいけないと先生に言われていたのを1時間ほどしていたら、1回目は鼻血が噴き出し、それでもまだ練習をして2回目は気絶して倒れていたそうです。

何たる精神・・・

そんな彼女のすごいサバイバル精神で尊敬するクリーブランド響がサントリーホールに来日していた時に、きっとメンバーは隣の全日空ホテルに滞在しているだろうと思い、ホテルに首席トロンボーン奏者の名前を言うと実際につながり、”是非、演奏を聴いて下さい”と話し、何とオーケストラの休憩時間にサントリーホールでピアノのソリスト内田光子さんもいる会場で吹いたわけです。

すると、そこに居たオーケストラのマネージャーを含む方達があまりに上手くて驚き、
“君、これ入学試験にしてあげるからアメリカへ来なさい”
とあっさりと門が開けたそうです。

その後もあまりに練習しすぎてドクターストップがかかり、もう少しで唇の神経が破裂してしまう限界まで行き1年間吹けなかったそうです。
その間毎日先生(同じく2年間吹けなった経験がある方)が30分のレッスンをしてくれ、心の支えになったそうです。勿論実際に吹くのではなく30分祈りを捧げていたそうです。
そのお陰で”音楽をやる意味”を見失わずに、その他は生活の為に絵を描いて道で売ってたり、貧乏で2週間ご飯にお塩だけかけて食べてた・・・なんて言ってました。

その後、活躍はめざましく数々のオーケストラで働いた後、女性トロンボーン二ストとして首席奏者に選ばれたそうです。まだまだ、アメリカの金管奏者のほとんどは大柄の男性が多く、“こんな女の子に負けてたまるか!”と始めはいじめにあったりしたそうですが、カーテンの後ろで演奏する”音だけ”で判断するオーディションで見事に合格したということです。

彼女の為に作曲された現代曲の初演をアメリカで聞いた時、こんなに歌う”トロンボーンがあるんだ”と感激したのを覚えています。楽器を越えた、彼女の心からのうたがそこにあり、多くの人の心に響いたのだと思います。
今は、結婚して可愛らしい2児の母になりながら演奏活動をしているそうです。

話がかなり飛んでしまいましたが(よくありますが)、Mちゃんも演奏できなかった時間を通して深く音楽の意味、人生で何をしたいのか考えたそうです。
****************

私は、幸いそういうことは今までにありませんでしたが、今回、まさかのコンサート前の足止めでつくずく普通の日常生活のありがたさを痛感しました。

今回飛行機に乗れずに、まるで“難民ボート”にでも乗る様な気持で毎日ニュースを見ながら、日本と連絡をして明後日までに飛べなかったらコンサート延期・キャンセルという状況だったのですが5日後にはあっさりと飛んだわけです。

それは、あまりに突然で本当?信じられない?
という気持で、空港についてもやっぱり飛ばない。ということになるのでは・・・と疑うほどでした。

こんな”難有り”の状況を体験して、本当に普通に日常生活が過ごせるというのは、実はすごいことなのかもしれない。

そして、この5日間飛行機を待っていた時間というのは、ある意味”テスト”されている様な気がしました。
勿論、その時はそんな事を考える余裕はなく、これは終わってみて客観的に思えたのですが、どんな状況でも平常心でいるということ。そして、自分に与えられたやるべきことであれば、きちんと帰れるだろうと。

そして、明日何かあっても後悔しないよう自分の心に素直に向き合って生きることは、とても大切だと思います。幸せな時、大変な時、悩む時、良い事が起きた時、いつも一番そばに居る人は誰でしょうか?他ならぬ私達自身ですね。

今回の帰国で、その内面の自分自身ともっと真っすぐに向き合い、自分の嫌いな所、好きな所を全部ひっくりめて自分を認め、許し、起きる事全てに責任を持つ大切さを学びました。

自分の短所、見たくない所を認められたら、きっと人にもやさしくなれるのではないでしょうか。そして、自分にありがとう。みんなにありがとう。ですね。

これは、決して変な宗教の様な考え方ではないと思うので誤解されたくないのですが、根本的に人間は1人の力だけでは生きていけないらしい・・・ みんな助け合って共存しているんだと飛行機のことで実感しました。

1日が1週間、1週間が1カ月、12カ月が1年、10年・・・と小さな積み重ねですから大事に生きていきたいですね。
私もこの12年間日本を出てあっという間ですが、なぜか12年という時間が1サイクルのように一回りした感じがします。

まさか、日本を出てこんなに長い時間、3カ国も移り住むなんてこれっぽっちも思っていなかったのですが、チェンバロという楽器との出会い、幸い素晴らしい音楽家の方達と出会い多くのことを学ばせて頂いた経験は一生の宝だと思います。

そして、今回の帰国コンサートでは音楽以外にも本当に多くのことを学べるきっかけ、この数年パリで行った事が決して無駄ではなかったらしい・・ということが見え、とても良い機会になりました。

また、更地に戻して1からスタートのつもりで新しいレパートリーとコンサートに取り組んでいきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
4月28日に東京で行われましたバッハ:ゴルドベルク変奏曲の動画がこちらよりご覧頂けます。
お忙しくていらっしゃれなかった方、ご興味のある方どうぞご覧下さいませ。

知人のご厚意でこの様に記録が残せて大変嬉しく思います。
まだまだ大変未熟ですが、一生追求してさらに極めて行きたいと思います。
[PR]
皆様、ご無沙汰しております。昨晩、無事にパリへ戻りました。

今回は、アイルランドの火山が爆発し行きの飛行機が5日間遅れ、一時期はバッハコンサート2公演を延期・キャンセルせねばならないか・・・という状況にも追い込まれましたが、無事に予定通り終了するこができました。

d0070113_215326.jpg
今回使用したフレンチ2段チェンバロ

4月28日は、日本福音ルーテル東京教会で2回目の公演を行いました。
当初、全て繰り返しをして途中に休憩を入れる予定でしたが、コンサート直前になり、録音の方などど話し、休憩なしで一気に弾くことになりました。

繰り返しなしでも50分の大曲ですから、果たして集中力が1時間以上ぶっ通しで続か大きな鍵となりましたが、1度舞台に出れば最後のアリアに到達するまで1つ1つ丁寧に弾いていくのみ、という気持で臨みました。

途中、半分にあたる16ヴァリエーションを弾いていたら、1つの想いが浮かびました。
これは、”今日この曲を弾く”というバッハとの約束だと。

勿論、来て頂いたお客様には心から感謝をして、舞台で弾いているのですが、そんな気持ちが出てきてからは~自分とバッハのみ見つめれば良い~世界には入れた様で、気がついたら25ヴァリエーションくらいになっていました。

そして、残り5ヴァリエーションを何とか弾ききり、無事に終わりました。

本当に精神的に深い状態にいないと弾けない曲だと実感しました。
一生追求していくべき大曲に、今回挑戦しましたが、また10年後、20年後・・・と取り組みたくなる時期が来ると思います。

d0070113_21535285.jpg
中学校の時に桐朋の子供の為の音楽教室でピアノを習っていた斉木ユリ先生、旦那様の隆先生には高校、大学で聴音もお背になりました。10-15年ぶりに再会しました。
この半年間、バッハのゴルドベルク変奏曲が寝ても覚めてもあり、技術的にも精神的にも“今の自分”への挑戦として取り組みましたが、本当に多くのことを学ぶ素晴らしいプロジェクトになりました。

誰でもない、今の自分にとって一番必要な事、そして更に自分が伸びる為に・・・と思った時にこの曲しか去年の秋に浮かんできませんでした。

半年間の長い道のりが終えて、ほっとしていると同時に、“今の自分がどのような位置にいるのか”という確認ができたことが良かったと思います。

3年前の東京公演と今回のバッハ公演の両方にお越し頂いた方々から、この3年間で変化したことなどもご指摘頂き、パリで色々な方と演奏させて頂いた事も無駄になって居なかったのかな?と普段の自分を距離を置いて見れる事ができました。

d0070113_2211684.jpg

昨晩無事に戻り、今朝はすでに7月にブルターニュである室内楽(ラモー、クープラン、マレ)のリハーサルがありました。

気がついてみると、来週末はバッハ:ブランデンブルグ協奏曲全曲演奏会がパリ郊外で、その2週間後にはバッハ:フルートソナタ全曲演奏会がシャンパーニュ地方で、そして、7月にはMozartとC.P.E Bachのコンチェルトもフォルテピアノで演奏予定なので、大曲がみんな重なってしまい・・・

しばらく譜読みと練習に追われていると思いますが、素晴らしい演奏家の方達と最高の音楽を演奏できるのは、本当にありがたいことだと思います。

そして、何よりもこれらのレパートリーは一生演奏していく機会のある名曲ですので、やはり1度は通らねばならない道だと思い、地道にやってきます。

では、またコンサートのお知らせなど随時報告していきますが、取りあえずは時差とパリの雰囲気に戻るまで数日ゆっくりします。

d0070113_21555961.jpg
録音の濱瀬さん、今回色々とお手伝いをして頂いた”木の器”のチェンバロ福間彩ちゃんと宇治川君、そしてゲストのトラベルソのジョルジュもコンサートの為スイスから来日していました。

パリは、驚くべきことにセーターでも寒い・・・という東京と温度差が10度くらいも低いのではないでしょうか?
日本へ帰国する時は、パリは最高のぽかぽか陽気で、日本に着いたら寒かったのですが・・・

早く気候も良くなる事を願って!皆様もどうぞ日本の春―夏をお楽しみください。
[PR]