皆さんこんにちは。パリは1度暖かくなったのですが、ここ1週間はにわか雨&曇り続きで、せっかく開花した梅の花もあっという間に散ってしまい可哀でした。

先週は、7月にあるモーツァルトのピアノコンチェルトの室内楽の初合わせ、またチェンバロでのバロックコンサートのリハーサルなどをしました。また、今週は歌の方とフレンチバロックのコンサートがブローニュとパリであります。

昨日は、日系アメリカ人の友達が家に来てくれたので、ゴールドベルク変奏曲を通しました。

最近は何かと友人に聞いて貰っていますが、みんな気がつくポイントなどが異なり、私もとても貴重な意見と思いアドヴァイスを頂いています。そして、また甘い部分を自分で詰め直します。
来週帰国ですから、今週はラストスパートと言う感じでとても大事な時間です。

その後は気分転換にとマレ地区にお散歩へ行ったのですが、偶然オランダでチェンバロを勉強している旧友に道でばったり会いました。最後に会ったのは・・・4,5年前でしょうか。

私は気がつかなかったのですが、ちょうど外で待ち合わせをしていたので5分くらいだけ広場に立っていました。彼女が何となく私に似ているな~と思いながらも、でもパリに居るから会っても可笑しくないんだな~~なんて思っていたそうです。

そして、また2回目に見かけたので声を掛けてくれたのですが、うわ~~と思わず歓声をあげてしまい、それを見たアメリカ人とカナダ人の友達は爆笑していました。こういうリアクションは日本人らしいです。

d0070113_18242332.jpg


また、その日初めて会ったカナダ人の友達の友達は、なんとオリンピックにもこの間カナダチームから出た、クロスカントリーのスキー選手でした。

1年に1カ月しかオフがなく、それ以外は5月から3月までずっと厳しいトレーニング続きなんだそうです。唯一の休暇に、友達に会いにパリに来ていると言うことで、フライドポテトなんといつ前回食べたか分からない・・・と言いながら美味しそうに食べていました。普段は食事から全て気を付けているようで食べれないそうです。

彼女は27歳で、オリンピックでの最後の射撃の時に上位8位に入っているとは知らなかったそうですが、5回ある射撃のうち3回は満点で好調だったようで、みんなかたずを飲んで見守っていたそうです。

しかし、5回目の射撃を始める時に手が震えた為、深呼吸をして落ち着くように心がけたそうです。

5発撃つのに50秒くらいしかかけないそうなので、1個目はずれ、2個目はずれ・・・
焦れば焦るほどはずれ、結局全てはずれ、一瞬”これは夢なのか、現実なのか・・・”と頭を過ぎり、もう1度的を見直したそうですが、全てが一瞬スローモーションのように感じたそうです。

そして、射撃がはずれると1つにつき1分の超過ペナルテイ―がかかってしまうそうで、頭の中で1分超過、2分超過・・・とプレッシャーがかかったそうです。
しかし、再びできるだけ早くスキーに戻らなくてはならなく、残りの15キロを滑りきったそうです。

話しているうちに涙目になっている彼女とその友達を見て、どんなに普段大変なトレーニングをして、大きなプレッシャーをしょっているのだろうと思いました。

しかし、4年先まで頑張ろうと思う。
と一言云った彼女は素晴らしいと思いました。また次のオリンピッックやメインの大会を目指しているのだと思います。

本当に日々の努力がその1回のレースに出るかは、運もあるでしょうがコンデイションを常に移動しながら整えると言うのは大変なことだと思います。

その友達のカナダ人の子はピアニストなのですが、なんと先週自分の弾くコンサートの日を1日間違えて行かなかったそうで、翌日オーガナイザーから電話があり、どうして昨日来なかったの?と言われてパニックになったそうです。

オーガナイザーからの全てのメールなど日程を再確認しても日が1日間違えたままがで、彼女はありえない・・・と涙が出てきたそうです。

が、

今日の午後弾く?弾くはずだったピアニストが怪我をしてキャンセルになったから代わりに弾く?と再び云われ、結局弾いたそうですが、練習を重ねて、弾くと思ってたのに弾かずに?また弾く?というのは精神的なアップ&ダウンが同じ日に激しくて大変だった・・・と言っていました。

ということで、みんな色々な人生をそれぞれ歩んでいるんだな~~と興味深い1日でした。
[PR]
d0070113_22385929.jpg


d0070113_22392469.jpg
ヴェルサイユ宮殿の鏡の間のある方の”Madame de la Victoire(勝利のマダムの意味)という音楽好きのチェンバロ、ヴィオラ・ダ・ガンバを演奏している肖像画の残っているお部屋の近くに近年より2台のチェンバロが展示されています。

d0070113_22311625.jpg
調律するメノとチェンバロ製作者のアラン・アンセルム

皆さまこんにちは。
先週、まる1日ヴェルサイユ宮殿で300年前のオリジナルのチェンバロの音をずっと聞かせて頂ける機会がありましたが、何とも言えない至福の時でした。

d0070113_22144569.jpg
1728年Johannes・Ruckers

私のオランダの恩師、メノ・ファン・デルフトがアムステルダムからヴェルサイユに来てフランスのチェンバリストの為にマスタークラスを行いました。

最近メノもフランスに呼ばれることが増え、オランダ語、ドイツ語、英語ぺらぺらに加えてフランス語も去年より流暢になってレッスンをしていてビックリしました。聞いたら、今アムステルダムで教えているフランス人の生徒には常にフランス語でレッスンをして、色々な表現も生徒から教えて貰っているそうです。どうりで、住まないと聞かない様なフランス語の表現も自由に使っている訳です。

d0070113_2216355.jpg
スタンドのオリジナルは全部金箔ですが、これはコピーだそうです。
オランダ人は世界でも多言語を話す人種として有名ですね。自分の国が小さいせいか、他人にオランダ語を話すことを期待できない分、学ぶ分けです。日本人にも同じことが言えると思いますが、やはりアジアの言語とヨーロッパの言語を根本的なつながりがほとんどない為、ヨーロッパ人の方がメリットは多いですね。また2,3時間ドライブすれば隣の国境ですから、身近に外国語を使う機会が多い分けです。

フランス人は・・・フランス語が一番美しい・・・他の言葉なんて・・・フランスに来る外国人がフランス語を学べばいい・・・という考え方が多い為か、なかなか外国語を何カ国語も話せるという人は少ないですが、それでもイタリア語、スペイン語はフランス語とルーツがラテン語で同じですから、発音をちょっと変えた位で大体みんな意味は分かるようです。
日本語の標準語と関西語くらいの違い方と思います。

d0070113_22172154.jpg

さて、話がそれましたがチェンバロのメソードはオランダのグスタフ・レオンハルト(今年81歳でもヨーロッパ中を飛び回って演奏旅行をしています!)の伝統的な流れがあり、フランスでも仕上げはオランダに行く音楽家が2,30年前から多いです。
また、オランダに行ったアメリカ人チェンバリスト達もその後パリに数多くいます。タッチやスタイルの感じ方がフランスとオランダではやはり違う気がします。フランス音楽やイネガル(緩やかにルバートして弾く)のセンスなどは、やはりフランス人の上手な音楽家は何とも言えない優雅さがあり、頭が下がります。

d0070113_2218420.jpg

でも、個人的にバッハやドイツ音楽は、やはりレオンハルト系のオランダ人の演奏やアーテイキュレーションなどしっくりくることが多いです。
オランダではやはり作曲家に対して謙虚の心で忠実に表現するという考えが根底にあり、レオンハルトの様な微動だにせず指だけ動かす美しいタッチを習得します。

d0070113_22183098.jpg
パリの楽器博物館にも同じ装飾画家(パリ)で仕上げられたルッカースがありますが、このヴェルサイユ所蔵の方は、金箔の後に黄色いニスを塗ってしまった様で(1700年代)色がきれいに出ていないのだそうです。少し剥がれた部分から良く見ると下に金箔のレイヤーがあるのが見えます

結局のところ、やはり素晴らしいチェンバリスト、音楽家は何人だろうが、どこで勉強しただろうが、やっぱり上手い分けです。

d0070113_22203984.jpg

面白いのは、私のアメリカでチェンバロの手ほどきをして頂いた恩師ピーター・サイクスとオランダの恩師メノが2年前にボストンで初めて会い、お互いの演奏を聴いてそれぞれとても好感を持っていました。私はそれぞれから相手の先生の感想を偶然聞いて面白かったですが、お互いにチェンバロ、クラヴィコード、オルガン弾きとして感心する部分があったそうです。

その為、今メノがピーターの為に来年ヨーロッパツアーをオーガナイズしているそうです。これは、本当に私にもとても嬉しく、ピーターは素晴らしい音楽家ですが一生ボストンに居たため、ヨーロッパのコネクションがほとんどありません。

d0070113_2221962.jpg

しかし、アメリカでお世話になったメノがその恩返しのようにヨーロッパでのコンサートツアーを企画してあげているというのは、何とも微笑ましいと思いました。こういう音楽家の交流は素晴らしいですね。

さて、話が大分それてしまいましたが、オリジナルのチェンバロは、1台1台音が全く違います。勿論、同じ製作者のチェンバロは大体似た傾向がありますが、もう300年以上も経って、その間にベルギーで作られた後にフランスに来て装飾や構造がフランス人の趣味に作りかえられたり、その後さらに1900年に入って修復をしたり・・・
と1台1台まるで誰かの祖先をたどる様に歴史がある訳で、それはチェンバロの人生という感じでしょうか。
昔”レッド・ヴァイオリン”という同じヴァイオリンを使用した3カ国でのお話を描いた映画がありましたが、楽器には1台1台歴史があります。
d0070113_22213464.jpg
蓋の上の装飾。使用している木のせいか、かなり重かったですね。また、本体はオリジナルですが1700年代に蓋は取り換えられ、別の装飾になっているということです。
チェンバリストや製作者はそういった歴史を知ることも重要で、特にオリジナルのチェンバロに触れれる機会には、同じ時期や年に作曲された曲を演奏したりすると、何とも言えない“ピッタリ感”があります。

d0070113_2223369.jpg
ルッカースファミリーのチェンバロは音質、構造が大変良く、後にフランスでこれらの良い土台を使ってフランス風に改造されました。しかし、チェンバロの裏面は壁側に置き見えない事が多い為、装飾がされていなかったりします。このルッカースも壁側はもともとの質素な典型的なルッカースチェンバロの大理石風の装飾が残っています。興味深いですね。

それは、フランス人にはフランス語で、ドイツ人にはドイツ語で、またイタリア人にはイタリア語で話しかけるのと同じように、フランス風チェンバロはフランスの作曲家、まさにヴェルサイユ宮殿で活躍した宮廷作曲家の曲を今回のようにヴェルサイユ宮殿で300年前のチェンバロで演奏できるのは、至福の喜びですね。

d0070113_22251580.jpg
製作番号が書かれています。ルッカースのチェンバロ工房は、“フランダースの犬が最後に教会でなくなってしまう大きな絵”のモデルとなっている有名なフランダース派(今のアントワープ)のルーベンスの工房とご近所でした。
その為、高級なチェンバロはルーベンスの工房で装飾がなされたりしました。

茶道を追及している方が、銀閣寺の1室で千利休の使用した道具でお手前を実際に体験できる・・・というヨーロッパ編といったところでしょうか。

d0070113_22272390.jpg
そして隠れた“道具箱”ここに、スペアの弦や道具をしまえます。かなり奥行きがありました

私のチェンバロもルッカースのコピーですが、この道具箱がついているのをてっきり忘れて、万が一コンサート前に弦が切れた時の為に弦が必要!あれ?ないない・・・と製作者に送って貰う様に聞いたのですが、道具箱にない?と電話で言われて、え?ちょっと待って・・・

d0070113_22305915.jpg

と見ると、壁側の普段は見ない方にちゃんと道具箱が・・・開けると全ての弦のスペアが出てきました。昔の人の知恵はすごい!

d0070113_22324656.jpg
もう1台の1746年 nicolas Blanche 

個人的にタッチはルッカースの方が弾きにくかったですが、ブロンシェは上鍵盤も下鍵盤も本当に何とも言えない素晴らしい音とまろやかなタッチですぐに魅了されました。アランが数年前にヴェルサイユ宮殿より再度調整し直してと依頼がり、今は弾ける良い状態になっています。それでも、急に部屋に20人弱の人がチェンバロの周りに来て弾いただけで、温度や湿度が変わるので調律したばかりでも1時間後にはすぐに狂い始め、小まめに調律が必要となります。

d0070113_22354796.jpg


d0070113_2236261.jpg


d0070113_22361896.jpg


d0070113_22364068.jpg


d0070113_22365714.jpg
ジャックは全てClaude.Y.Mercierによって修復された際に代えられ新しくなっていますが、アランがさらにパリ郊外のお城にあるもう1台のブロンシェのオリジナルと同じジャックをコピーして全て作りなおしたそうです。

d0070113_22381711.jpg


d0070113_22424482.jpg

[PR]
皆さまこんにちは。
d0070113_938148.jpg
にわか雨後に一瞬だけ現れた2重の虹

昨日は、快晴とにわか雨の不思議なお天気でしたが、1日中ヴェルサイユ宮殿に行ってきました。

現在ヴェルサイユ宮殿で展示している、修復済のオリジナルチェンバロ2台を弾かせて貰いました。また、幸運なことにロイヤル・チャペルのオルガンも見せて頂きました。

d0070113_9371676.jpg
1728年ヨハネス・ルッカース作

ルイ14世や15世の即位やマリーアントワネットとの結婚式も行われたチャペルの天井画、装飾、オルガンは圧巻です。詳しくはコンサート情報以下に写真をUpしますのでご覧下さい。
d0070113_9385365.jpg


d0070113_941442.jpg
バチカンのミケランジェロの天井画を思い起こされる迫力です。
[PR]
d0070113_9324921.jpg
ル・ノートルの建設した巨大な運河が見渡す限り続く庭園。

d0070113_9333593.jpg
にわか雨でびっしょり

d0070113_9341136.jpg
その後の2重の虹

d0070113_9344468.jpg


d0070113_9351244.jpg


d0070113_9353034.jpg


d0070113_9143136.jpg

1682年、フランス王ルイ14世(1638年 - 1715年 在位1643年 - 1715年)が建てたヴェルサイユ宮殿のロイヤルチャペル(1699年-1710年建設 La chapelle Royale)は、マリーアントワネットとルイ15世の結婚式や代々ルイ王朝の戴冠式なども行われた歴史のある場所です。

d0070113_915113.jpg

チェンバロを見た後にちょうどロイヤルチャペルでバッハのカンタータのコンサート中だったので、聞きに行きました。

d0070113_915547.jpg

見上げると素晴らしい天井のフレスコ画に圧巻!

d0070113_9161328.jpg
絶対王政のルイ王朝の権力はすごいですね。

d0070113_917786.jpg


d0070113_9172652.jpg


d0070113_917565.jpg
足元を見ると大理石でルイ王朝の象徴であるユリの紋章があります。

d0070113_9184620.jpg
ここに、黄金に輝くオルガンがあり数年前に修復され今もコンサートで使用されています。

d0070113_9195248.jpg

偶然、オルガンを修復した方とチェンバロ修復家のアラン・アンセルムさんがいらしたので、特別にオルガンを見せて頂きました。
螺旋階段をぐるぐると上り、オルガンのあるバルコニーの階へ。全ての床、天井、窓がシンメトリーに計算され大理石や金箔、ステンドグラスで装飾されています。

d0070113_9203555.jpg


d0070113_9205812.jpg
奥に進むとオルガンがありました

d0070113_9212145.jpg
見上げると天使が・・・

d0070113_9214834.jpg
オルガンの横の部分の装飾

d0070113_9231283.jpg
鍵盤は小さめでタッチも軽く弾きやすかったです。

d0070113_9233750.jpg
それにしてもすごい装飾

d0070113_924588.jpg
手動で弾きたい音の組合せのストッパーを引きます。

d0070113_9243942.jpg


d0070113_925161.jpg
バルコニーからの眺め。圧巻!ルイ14世、15世、また宮廷音楽家であったリュリやクープラン、ダングルベールもきっとここに立ったであろう・・・と考えると身震いしますね。300年前はまさか外国人がこんなに自由に世界中から観光スポットとして来る場所になるとは、誰も考えていなかったのではないでしょうか。

王のお許しのない凡人の私なんかまず宮廷内に普通は入れないでしょうし。時代の変化ですね。

d0070113_9271360.jpg
オルガンのドア

d0070113_9275441.jpg
もう夕暮れでした。今、宮殿の中庭の建物に全部金箔を塗り直し、屋根まで金きら金!ですが、フランス人からするど、デイズニーランドじゃないんだから・・・とちょっと残念そうでした。アメリカ人や日本人はゴージャス!と喜ぶらしいです。
ヨーロッパ人は古い物に慣れているので新しすぎると抵抗感があるようです。

d0070113_9364716.jpg

しかし、今修復・増設中の柵は歴史的に見てもヴェルサイユで実際に300年前にあった姿ではないそうなので、なぜ余計に増設するのか・・という意見もあるようですが、現場監督の人には全ての建設料の11%が手数料で入る為、どんどん増設工事を進めているのでは?とヴェルサイユ宮殿関係者が言っていましたが・・・ちょっと残念ですね。
[PR]
皆さんこんにちは。

昨日は、パリも17度まで上がりぽかぽか陽気でした。1日中音楽教室で教えていましたが、レッスンの合い間にブローニュの森にお散歩に行くと綺麗な紫色のクロッカスが”こんにちは”と云わんばかりに咲いていました。パリジャンも愛犬を連れてお散歩を楽しんでいました。

東京コンサートの準備で忙しくしておりますが、大変嬉しいことにこのブログを読んでいる方からもチケットのお申込みが早速ありました。

まだまだ知られていないチェンバロが少しでも身近に感じれるよう、東京でも色々な楽しい企画を催していきたいと思っております。

d0070113_2141564.jpg

明日まで150名の方に手書きでメッセージを書いて、日本にFedexで送り、チラシと共にご案内を送る予定です。通常よりもちょっと準備が遅れてしまいましたが、これから暖かくなりウキウキした気分になりますので、お友達と一緒に気軽に聞きに来て頂けましたら幸いです。

また、パリの春らしい写真が取れましたらUpします。でも、この季節はやっぱり日本の梅や桜が見たいですね~。パリの桜はなぜかみんな濃いピンクで・・・ちょっとキツイのですが、ふと心が和みます。5月~6月はパリ郊外の素敵なバラ園へ行くのが数年前からの楽しみです。

では、皆様も春の訪れをお楽しみください。  
[PR]
皆さんこんにちは。
d0070113_20343952.jpg
アルプスのすぐ横なので山が続き、スキーにピッタリ!という寒さでした。

今日は気持のよい青空ですが、先週オーケストラのコンサートで行ったスイス寄りのブザンソンという街では、1日雪が降っていました!
d0070113_20342367.jpg


今回は、ヴェルサイユ宮殿で活躍したLullyとRebelle という作曲家の作品を演奏しましたが、後半はアメリカ人の有名なソプラノ歌手、Barbara Bobyさんをお迎えしてベルクの曲も演奏されました。私は後半は弾いていなかったのでお客さんに交じって聞きました。

d0070113_20345464.jpg


ブザンソンで無事に終えパリに戻り、その翌日パリのCité de la musiqueで朝から子供たちへの教育コンサート(1時間のショートプログラムで俳優やナレーターも出て分かりやすく説明するコンサート)があり、その後再び夜にコンサートがありました。
d0070113_203514100.jpg


パリでのコンサートはCité de la musiqueの正式な夜のコンサートシリーズで演奏するのは今回が初めてということで、ライブ録画も同時に行われていた為、オーケストラのみんなもやや緊張気味でしたが無事に終わりました。

d0070113_20374461.jpg
ブザンソンの近代的なコンサートホール
やっと、これで4月帰国までゆったりと自分のペースでリサイタルに向けて準備ができます。
しかし、あっという間に時間は飛ぶので1日1日大事に過ごしていきたいと思います。

d0070113_20384547.jpg

[PR]
皆さんこんにちは。
パリもやっと今週から青空が広がり始めました!

この数日は、4月の東京コンサートのちらしデザインの為にタイプしたりしていますが、いつもデザインしてくれている友人が素敵なちらしを作ってくれています。できたらUpしますね。

d0070113_8105899.jpg
ノートルダム寺院をセーヌ川から見て

長い長い秋と冬のグレーの雲に慣れてしまったパリジャン達は、太陽だ~~!とばかりにお散歩をして嬉しそうに浴びます。

こういうと変?と思うかもしれませんが、日本は冬でもぽかぽか陽気なのが普通ですが、本当にパリは曇り空が半年間くらい続くので、さすがにみんな太陽が恋しくなる訳です。

d0070113_8113221.jpg
観光客も増え始め、バトーム―シュも外の席で楽しんでいます

d0070113_8124074.jpg

そして、今日向かったのはロダン美術館。詳細はこちら。

パリにある数多くの美術館でも1時間くらいで回れるほど良い大きさと素敵な邸宅に行ったような雰囲気が素敵です。

d0070113_8164047.jpg


d0070113_8155285.jpg
入口を入って出迎えてくれるのは・・・考える人

d0070113_817331.jpg
お庭にある未完成作”地獄の門”とても立体的で人がのけぞっていたり・・・良く見ると、真ん中上にプチ考える人が!どんな意味があるのでしょうか?

d0070113_81835.jpg
絵描きさん?

d0070113_8183286.jpg


d0070113_8185264.jpg


d0070113_8191184.jpg
3回目でしたが、今回初めて展示されているのを見たHANA!!”はなさん”らしいです。1904年頃の作品で、日本髪を結った居た方とロダンが知り合いだったんですね。驚きです。

d0070113_820288.jpg
ゴッホの大作”タンギー爺さん”も見所です。背景の絵は何枚もの浮世絵で富士山などゴッホの“東方”への憧れが感じられます。私達がヨーロッパに憧れるように、印象はの時代ゴッホやモネ等多くの画家が日本美術から大きな影響を受けました。

d0070113_8211057.jpg
もう少し暖かくなると、お庭のカフェも空き外でお茶ができます。

d0070113_8221043.jpg
気がつくとパリも夕暮れに。

皆さんも一瞬パリにワープ?!した感じになりましたか?こういうゆったりとした空間はいいですね。
[PR]