楽器との出会いは、まるで人との出会いに似ているような気がします。

何千、何万とある楽器の中から一生に出会う楽器も限られているでしょうし、ましてや自分の手元に来るというのは、運みたいなもんでしょうか・・・

こんなことを感じたのは1か月前に1822年のイギリス製のブロードウッドというスクウェアピアノが来たからです。

5月、6月はフォルテピアノ(古いピアノ)での本番がある為、それに向けてモーツァルト、ベートーベン、シューベルト、メンデルスゾーン、ショパン、フランクの大曲を並行して仕上げないといけないので、どうしても家にピアノがないとキツイ!

ということになり、知人のチェンバロ修復家のアトリエに行って秋に修復したばかりのこのピアノで練習させて貰いに行ったりしました。

その時、彼は17世紀のアンテイークチェンバロを修復していて3週間後にお披露目コンサートがあるのに間に合わない!と明けても暮れてもそのチェンバロにかかりっきりの様子で、隣の部屋で練習させて貰っても全然気にしない様子。
鍵盤の横には象牙でできたギリシャ神話に出てきそうな顔の彫刻などがあって、本当に博物館にあってもおかしくないような素晴らしい楽器です。でも、300年以上たっている為やはり2,3ミリの薄い響板などはバリバリに割れていたりして、どこまで昔の状態を残して、修復するのか・・というのもいつも修復家の考えやセンス、腕前によるのですが、できるだけ昔の素材を残す方が再現する音色が近いのでは?と思いますが、これも賛否両論です。

アントワープにある350年前に大変栄えた有名なチェンバロメーカールッカースの本物のチェンバロで、いまだに修復されていないチェンバロもありますが、それはやはり貴重なインフォメーションとしてありのままの状態を保存しているわけです。世界中のチェンバロ製作者はこのような昔のオリジナルのチェンバロの細部に至るまで研究して新しく自分で作る分けです。

話が飛びましたが、友人の制作家のアトリエには、もう1台ショパンの愛したらフランス製のプレイエルというグランドピアノがあったので、ショパンはそのピアノで練習させて貰いました。プレイエルの本当に素晴らしいピアノの音色はまろやかで、今のピアノではなかなか出せない甘い音色がもうすでに楽器に備わっています。

1900年初頭のSPで録音されたアルフレッド・コルトーやメニューインと妹さんのフランクのソナタ・・・など、白黒のフィルムで残っていたりするのを見ると、譜面台の美しい曲線やピアノの足の形などから、このプレイエルやガボー、エラールのピアノを使用していたりします。

キラキラのニューヨークスタインウェイの音とはやはり違います。これは全くの好みであるけれど、昔のピアノは他の日常品とも同じように1つ1つ職人さんが丁寧に心を込めて仕上げていたから、暖かみのある音色があります。

無理に叩いたり、音色を作ろうとしなくても、もうすでにピアノの中に眠っている何とも言えない現代には失われた*音色*が眠っています。やはりピアノを繊細に感じ取れる人が演奏すると、そういう古いピアノから美しい音色を引き出すことができます。弾き手が優れているかとうかは、ピアノが教えてくれるわけです。人ではないのでとても正直です。

フォルテピアノは10年以上前からずっと惹かれていたが、実は手をあまり出しませんでした。
というのも、ピア二ストならヤマハのピアノ1台で済むし、チェンバリストも取り合えず1台あれば済みます。
しかし、この2台の楽器の間にどんどん発展して色々なモデルがあるフォルテピアノ(古いピアノ)は、何代も必要となります。

実際、モーツァルトの曲はチェンバロがまだある1750年頃ピアノが発明されてハイドン、モーツァルトがこぞって興奮してこの新しい強弱を表現できる鍵盤楽器(チェンバロでは弦を1本、2本、3本使用するかを選択して強弱を表現するけれど、ピアノのようにハンマーで叩いていないので別の構造)の為に作曲したから、やはり5オクターブのピアノで弾くべき・・・となります。

ベートーベンのソナタ32曲を見てみると、ソナタ1番は1795年に、32番は1822年に作曲され27年の歳月が流れています。この間にピアノはどんどんと改良、変化して新しいモデルがイギリス、ドイツ、フランスで開発され、ベートーベンなど優れた作曲家には最新のピアノがプレゼントされたりあしました。

d0070113_34549100.jpg
パリ市庁舎近くのサンジェルべ教会。チェンバロの素晴らしい名曲を残したクープラン家族がオルガ二ストをしていたことで有名。

その為、ベートーベンも以前よりも音域も増え、強弱やペダルも5つくらいあって(今は3つなのに当時はシンバルや打楽器がピアノの中に内蔵されているのものあり、トルコ行進曲などに使ったりします)想像力をかき立てられ、どんどんと彼の音楽も新しいスタイルが生まれました。

そんなこんなで、やはりベートーベンのソナタも全て1台のピアノで弾くことは無理です。鍵盤が足りなかったり、時代が合わなかったり・・・

ということで、イタリアやドイツなどの大変貴重なコレクターのシャトーや音楽財団には、7-10台にもおよぶ違う時代のピアノがあります。

そして、最高の贅沢はその250年ー100年前のピアノでピッタリのその時代にあった曲を演奏するのです。
その為、フォルテピアノでコンサートする際は、モダンピアノのように弾きたい曲をプログラムするのではなく、まずどの楽器を使用するのか~どの時代が合うか~楽器の良さを引き出す曲~ホールの大きさ~などと逆に楽器の可能性から考えます。あまり大きすぎる空間でも楽器の良さが伝わらないのでサロン風の方が良かったりもします。

または、ショパンのプログラムを演奏したい場合は、ショパンの愛したプレイエルが借りれるか探さなければいけません。

d0070113_3561222.jpg
サンジェルべ教会内のオルガン

本当にまあ面倒といえば面倒なのですが、ピッタリの楽器でその曲を演奏した時には、どこかしっくりいくし、作曲家の実際に聞いていた*音*やタッチ、世界観をピアノを通して知れることは、現代に生きる私たちにとって本当に貴重なインフォメーションだと思います。

なので、できるだけオリジナルの楽器を見れたり、弾かせてもらえる機会はある方が、そういう経験が宝となり新しいピアノを弾いても、この時代はこういう音だったかな・・・という記憶が体の中に残るわけです。

本当に気が付いてみると日本人なのにヨーロッパの古い楽器でその時代の音楽を演奏することに興味を持っているというのは、おかしなことかもしれません。

それは、きっとフランス人が日本の*茶道*などに惹かれて京都に住み、日本語を話し、千利休の使った茶道具を見て感動しているのと似ているのかな?なんと思ったりしますが、何人でも素晴らしいものは感銘するのだと思います。

d0070113_355848.jpg
セーヌ川の夕日

昔、小沢征爾さんがクラシック音楽はあなたにとってどういうものですか?とインタビューされた時にこう答えたとおっしゃってました。

N,Yの汚いアパートから見た夕日がきれいだった。

ザルツブルグの丘から見た夕日もきれいだった。

川崎の海で見た夕日もきれいだった。

クラシック音楽もそんなものかな?と。

きれいと感じる心に国籍もないのでは・・・と。
そして、ご自身を日本人としてどこまで本場のヨーロッパでやっていけるのか、実験中なんですよ。と

こりゃ~~~すごいな。と大学の頃に思いました。私にとってもチェンバロとフォルテピアノはそんな理屈抜きに惹かれたものでしょうか。

本当に凄い方は、全然偉ぶらないのがいいですね。でも、小沢さんとバッと正面で合った視線はそれはそれは強烈で、電気ショックみたいに感じましたが、指揮をしている時はもっと集中した視線で*ここ!*なんて言われたら、固まっちゃって弾けなくなりそうですけど。(苦笑)

でも、指揮者の方は、そういうカリスマを持っている方が多いのでしょうか。そうでないと100人の人間の作る音や空気を混ぜ、調合できませんね。

では、今日はここら辺で。
[PR]
今、ピアノの初版譜(ファクシミリ)を調べていて面白いものがあったので、Upしてみようと思いました。

現代に生きながらもチェンバリストやフォルテピア二ストは、17,18世紀の作曲家の思い描いていた世界や実際に演奏していた*音*に少しでも近ずきたいと思って、当時に使用されていた楽器に辿りついて演奏している人が多いと思います。

d0070113_814984.jpg
15世紀くらいの楽譜

そのせいか、古楽を専門にしている音楽家は頭の中は、16世紀のイタリア音楽や17世紀のヴェルサイユ宮殿のルイ王朝の時代に栄えた音楽の様式や装飾など・・・モーツァルト時代のピアノの構造はこうだけど、もうベートーベンの後期にはさらに開発されてタッチやアクションが異なり・・・


というような内容で一杯だったりして、パリや東京の大都会に住んでいてもちょっと一風変わっている人も多いでしょうか。


私は、ピアノからチェンバロの音色に何となく惹かれて始め、*目から鱗!!!*のように知らないことがありながらバッハなど何も理解せずにただ弾いていたのに気が付き、これはいかん!とイロハからチェンバロをやりたいと思ったのですが。

よくバロック音楽に没頭している音楽家やバロック愛好家は、往々にして*山から出てきたような!*髪の毛ぼーぼーでお風呂も1週間入っていないような?!でも、頭の中はテレマンやバッハで一杯のような、いわゆる*オタク*な人に出会うことが少なくありません。

しかし、良い意味でこの*オタク*になるというのは、もしかしたら必要不可欠では?と思います。

私は、この*オタク*度が足りないのでは?と今でも思いますが、良い意味で実際に*オタク*にならないと
2009年に生きているのに1700年のパリではどんな音楽様式だったのか・・・なんて自然に分かるようにはならないわけです。

d0070113_83632.jpg
ヴィヴァルデイ:ヴァイオリンとチェンバロの為のソナタ表紙

17世紀、18世紀に出版された銅板画のチェンバロ、ピアノやフルートなどの教則本を昔のフランス語で母国語としてスラスラと読み、吸収して演奏に生かしているフランス人を見ると、う~~む。これは、日本人の私にはちょっと無理!?とも思いますが、そうして実際の演奏に生かせるのは、まるで古い推理小説の謎解き!?のように1つ1つ理解していき、300年前の楽譜との距離が少しずつ近くなる感じがします。

今では、ほとんどの主要の図書館の貴重な初版譜などもそのまま出版されているので、気軽に練習やコンサートに使用できますが、まだまだピアノを普通に習った人たちが、あえてショパンの自筆譜の楽譜まで手に入れて、自分で照らし合わせて弾いているか、というと少ないかもしれないですが、素晴らしい音楽家は皆さん大変研究熱心で、本当に詳しく理解した上で演奏しているようです。

チェンバロでフランス音楽など実際にああでもない、こうでもない、と18世紀の装飾音符の表と照らし合わせながらやっていくうち、何となく雰囲気が分かってきます。そして、日常見ている気まぐれで自由が大好きだけれど、自分勝手みたいな・・・フランス人の気質とどこか共通しているように思えてなりません。

d0070113_86740.gif
J.Sバッハ:ヴァイオリンの為のパルテイータ2番の自筆譜

余談ですが、先週2年間お世話になったアムステルダムのチェンバロの先生がマスタークラスとコンサートをしにパリに来て、一生懸命フランス語でレッスンしたりしていましたが、根本的な気質が全然フランス人と違いますね。

私は、妙に正直で真面目に生きているオランダ人の音楽家達と数日過ごして懐かしく、嬉しかったのですが、パリの音楽家はどこかふわふわしているわけです。優雅さやエレガントさを大事にして生きている人たちです。オランダ人やドイツ人は地に足を付けて、余計なものはいらないけれどしっかりと、質素に本質を見て生きているという感じです。

先週、パリに6年留学して日本に帰国した友人がパリに来ていたので会ったのですが、

*空港降りて、もう香水の匂いがプンプン!あ~~。パリに来たって感じ。*

と言っていましたが、その通り。日本でもこんなに香水の匂いもしないし、オランダでもないですね。

d0070113_865969.jpg
J.Sバッハの長男:W.F.バッハの自筆譜。お父さんの楽譜とまた違いますね。

不思議と服装などもその町の雰囲気によって異なりますが、アメリカはおじいちゃんでも元気に真赤なT-シャツに半ズボン、サンダル。そして大きな声で楽しそうに笑っています。

が、パリを訪れているアメリカ人がいると、電車の中でもなぜかすぐにみんな気が付いてしまいます。
これは、きっとフランス語のシュワシュワ シュワ~~~と風の様に聞こえる音の中で、妙にあのアメリカ英語が浮いてしまうんですね。母音がはっきりしているからでしょうか。

電車の中で色々な国籍の人が乗っていると、大体雰囲気でスペインかイタリア人かな?アラブかモロッコかな?オランダかドイツかな?と見当がつきますが、話している内容が分からなくても、*音*と雰囲気がどこかコネクトしている感じで、見ていて結構面白いですね。

たまに日本語も分かるフランス人が居たりするので、私も(日本語を秘密の言葉として)話の内容を理解されていないと思って話していたりすると、とんでもないですね。(苦笑)日本に帰ると気を付けるのですが・・・

d0070113_756102.jpg
Fanny Henselの自筆譜
旦那さまのデッサン付き!


話が随分それましたが、使用する楽譜などもできるだけ作曲家が生きていた時代に出版された初版譜(ファクシミリ)を使用して古楽の人たちは演奏しています。

作曲家の手を離れた後は、出版社が勝手に題名を付けたり(月光のソナタなども)、音楽の表記や細かいアクセント、fp記号なども編集者が勝手にこう思う。と提案して余計な記号を一杯付けてしまうので、だんだんと元の形から離れて行ってしまう・・・

一番良いのは、作曲家に電話して*ここはどう弾くの?*と聞けたら最高ですが、皆様随分昔の方たちなので・・・(カツラをかぶっている時代ですものね。)現存する彼らの時代の資料を手に入れるしかないです。

ご紹介したかったのは、私も知らなかったのですがショパンと同時代のFanny HENSELというドイツ人の女流作曲家がいらして、12ヵ月の四季をテーマにした曲を作曲してその楽譜に有名な画家だった旦那さまのデッサンが書いてあります。

楽譜にこんな絵を描いてしまう想像力にビックリ!

今でも筆跡で性格が出るように、楽譜からも作曲家の性格が何となく伝わってきたりしますね。
私は、昔から字が下手なのですが、アバウトな性格が出ているような・・・気がします。
[PR]
しばらく書いてなかったので、あれもこれも・・・とご報告したいことが沢山です。(笑)

さて、知らない間に去年の5月にパリで演奏したブランデンブルグ協奏曲5番のライブ録音がYou-Tubeで流されていました。ご興味のある方は、ここをクリックして下さい

今の時代はどこで流されているか分かりませんね。知らない間に800回も聞かれている・・・とは。
ヴァイオリニストとフルーテイストのテンポがとても速くて、私は必死で弾いてるだけなのですが、大編成なのでチェンバロの音もあまり聞こえなく、フルーテイストの後ろに隠れてます。(苦笑)

これは、きちんとマネージャーの方がグループをみんなに知ってもらおうと載せた様ですが、つい最近この21人によりアンサンブルのオフィシャルWebsiteができました。

このアンサンブルPrometheus21というサイトのMediathequeというところをクリックすると、同じバッハのブランデンブルグ協奏曲5番のカデンツなど聞けます。

今年も、このグループのコンサートシリーズで夏に南仏でバッハのチェンバロ協奏曲d-mollや秋にはパリで室内楽、また来年1月にはここ数年一緒に演奏しているトリオでデビューコンサートがあります。

まだ行ったことないのですが、どうやらマネージャーの事務所はパリ郊外のお城(!!)ということで、そこのシャトーで1日目に演奏した後に、サルコルトー(コルトーホール)という素晴らしいピアニストアルフレッド・コルトーが作った音楽院エコール ノルマルのコンサートホールでコンサート予定です。

5,6,7,9月はSieclesというフランスのオーケストラのツアーでドイツ、ノルマンデイー、パリ郊外などでコンサートです。

最近は、特にフォルテピアノを集中的にやっていますが、6月にブリュッセルの楽器博物館にある大変素晴らしいショパン時代の1843年の名器プレイエルでショパンのピアノソナタ2番とフランクのヴァイオリンソナタを演奏させて頂けるので、久しぶりにピアノに没頭している日々です。

20年間ピアノ、その後10年チェンバロに集中してきましたが、ここにきてやはり2つの楽器を両立したいという欲張りな(?!)願いで再び去年からオリジナルのフォルテピアノ(アンテイーク ピアノ)でピアノ曲に接していますが、チェンバロを通してバロック音楽を見た後にこうしてピアノ曲に戻ってくると、やはり10年前とは楽譜から多くのことが発見できて新鮮です。

人生は1回!なので、やりたいことをやりたい時に、精一杯やれたらいいなと思っています。
でも、最近欲張りな私の願いを叶えるには、2倍以上努力しないといけないっていうこと?!?!?とその大変さも感じますが、自分の為に今しかできないと思い、初心に戻って色々なことにチャレンジをしたいと思っています。
[PR]
皆様、大変ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

d0070113_6571573.jpg

かなり、ブログをさぼってしまい・・・気がつくと1か月以上経っていますね。
さて、パリも先週は10月以来?!ではないかと思うほど晴天が5日ほど続き、春がやって来た!
とパリジャンは大喜び。

みんな、体いっぱいに太陽を浴びながらお散歩したり公園で気持ちよさそうに日光浴しています。
こんな姿は、日本とは反対かもしれませんね。日本では、日焼けしたくない女性がほとんどで日傘などさしていますが、ヨーロッパの秋と冬は半年くらいずっと曇っている為、春夏の太陽を暇さえあれば浴びている・・・

という感じです。

さて、3年前、パリに住み始める前にドイツに寄って注文した私のチェンバロがやっと完成しました!
本当に長かったです!

パリに運ばれて、自分の部屋で初めて音を奏でた時は、涙が出そうになるくらい嬉しかったですね。
3年間ずっと*どんな音がするんだろう?*、良い楽器だといいけれど・・・なんて想像はするものの、
一番重要な*音*は完成しなければ分からない!

d0070113_6581562.jpg

私も随分ゆったりと待つ気持ちでしたが、さすがに1年でできるよ。と言われて注文したのに、結局装飾も1年かかり、チェンバロの構造などを仕上げるにはトータルで1年9か月も遅れました!!

でも、待った甲斐があった・・・と思うほど、素敵に仕上がり、コルマール ルッカースというフランスの博物館に現存する楽器のモデルなのですが、小さいらいに音はよく響くので、これから弾けば弾くほど鳴っていくのでは?と期待しています。

d0070113_6584610.jpg

楽器も、できたからといってそのままでは本当の音の良さが引き出されないので、赤ちゃんのように育てないといけません。

下手な人が弾くとチェンバロは(どの楽器でもそうですが)どんどん鳴らなくなり、上手い人が弾いていると楽器もよく鳴ってきます。

d0070113_6591226.jpg

ですので、まだ実際にコンサートホールや教会などで聞いてないので是非コンサートに使用して音を聞きたいと心待ちにしています。

それにしても、本当に装飾といい、まあ手が凝っていますね。画家の方に感謝!感謝!感謝!

d0070113_6593470.jpg

アンテイークに風に描いて頂いたのですが、日本からパリに訪れていた友達が来たら、ずっと美術館巡りをしていたようで、*うわ!なんか美術館でこういう絵見たよ。*と言ってました。思わず笑ってしまいましたが、そんな感じです。

太陽の光に反射しても金箔のラインが屏風のようにいぶし金に光ってなかなか味があります。
チェンバロの足=スタンドにも最終的にはチェンバロ製作者が1年9か月も遅れたお詫び・・・・ということで
金箔を全部貼ってくれました。

私としては、もう見た目は良いので早くチェンバロを仕上げて持ってきて!!と心から願っていましたが。

おかしなことに、3年も待ったのに初めてこのチェンバロを弾いたのは私でなかったのです!
ちょっと?と思いましたが、もともとこの製作者の楽器を良く知っているケルンの音楽学校のチェンバロ科の先生でKetil Haugsandという方がいます。

以前に何回かお会いしているのですが、偶然製作者のアトリエに別件で訪れた際に、私のチェンバロがほぼ完成していたので、弾いたようです。

d0070113_703841.jpg

かなりの楽器の数をKetilは知っているのですが、最終仕上げにここをこうしたら、とか色々言ってくれたようでパリに持ってくる前にさらに丁寧に仕上げてくれたようです。

後で、メールで *今世紀作られたチェンバロの中でも、最も美しい!素晴らしい!チェンバロ*なんて大げさに書いてありましたが、チェンバロ通の人や他のパリのチェンバロ製作者も来て、それこそ*良い仕事をしている*と感心して見てました。

これ以上書くと嫌味に聞こえるのでやめますが。(苦笑)
3年も待って、あまりに待ち疲れてしまったので、もうここにあるだけでいい!と思うくらいです。

来た翌日は、朝起きて子供の様に目を開けて、*あ、まだちゃんとある。*なんて見てしまったくらいです。

d0070113_711194.jpg

この楽器が日本に行くのはまだ数年先かもしれませんが、いつか東京で演奏できる日もあるかもしれませんね。

取り合えず、今年の秋にパリで室内楽のコンサートでは自宅より運び出して演奏する予定です。どんな音がホールでするか今から楽しみです。

d0070113_6574711.jpg

[PR]