d0070113_22581632.jpg

しばらくご無沙汰していましたが、10日間のアメリカ旅行を終えてパリに戻ってきました。

パリを出発する数日前は、アラレが降ったり随分寒かった為、ダウンのコートなど冬物をスーツケースに詰めていきました。

ところが、私の着いた日からずっと10日間、本当に気持ちの良いポカポカ陽気、さらには夏のような20度近くのお天気も続き、こんなに着るものに困った旅行もなかったですね。
その為、必要なT半そでなどの洋服は現地で買ったのですが。

d0070113_22525864.jpg
ニューイングランド地方特有のヴィクトリア調の家。これは、Foundlingのアンサンブルを作ったマーガレットの自宅なのですが、毎日おいしいランチをみんなで作ってお庭で食べたりしました。

4月16日に出発し、1泊だけボストンにしました。以前に住んでいた時の友人にも短い時間でしたが、会えて楽しかったです。その中の1人は、最近コンクールで会ったのですが、何とメディカルスクールをほぼ終えて、医者としてのトレーニングであるインターンを始める前に、音楽を1度きちんとやりたい!ということで、何とハーバードの演奏学科に入り、フォルテピアノを勉強しています。来年には無事に卒業して、また医学の道に戻るそうですが、こういう多才な人がハーバードには珍しくないですね。つくずく凄いなあと思ってしまいます。

d0070113_22541467.jpg
この日は、ヴァイオリニストのスザンナの作ったパスタとお野菜、ガーリックが利いた手作りバジルソースがおいしかったです!

そして17日ー20日までは、ボストン近郊の町プロヴィデンスでリハーサルとコンサートでした。
1月に行った時もそうでしたが、ここのリハーサルは午後2時ー10時まで数回の休憩を挟むのみで、ぶっ通しです。しかも、パリの時差だと、夜中の4時まで弾いているわけです。その為に、前回は体調を壊して大変だったので、今回はできるだけ睡眠を取って行ったので、どうにか凌ぎました。
d0070113_22552810.jpg
バッハのコンチェルトをリハーサル中

今回は、ゲストにオランダからリコーダーのマリオン・フェアブリュッヘンがいらしていたのですが、あんなに素晴らしい笛はしばらく聞いたことがなく、リハーサル中も私が弾かなくてよい時は、思わず彼女のメロデイーに酔いしれてしまいました。

楽譜を追って聞いていると良く分かるのですが、1小節たりとも同じフレーズがなく、アーテイキュレーションを変えたり、装飾音を加えたり、本当に凄いバラエティ豊富なアイデアで飽きないわけです。思わず、私が入る場所を聞きほれて忘れてしまうほどでした。

d0070113_22561448.jpg
アンサンブルFoundlingのメンバー。お揃いのピンクシャツで記念撮影。アメリカらしい雰囲気ですね。

3日間の8時間リハーサルのお陰で、4月20日のコンサートは無事に終了しましたが、全てあわせると4曲ものコンチェルトのプログラムだった為、通常は1時間40分くらいのコンサートも2時間半以上たっており、終わったらさすがに疲れがどっと出ました。

そして、その日のうちにこのアンサンブルで弾いている、ニューヨーク在住のコントラバス兼ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の元美さんの車で、彼女の山の別荘へと移動しました。

d0070113_225781.jpg

着いてみると、まるでそでまでの忙しい時間が嘘のような、森林に囲まれひっそりと佇んでいる静かなお宅で、ゆったりと時間を過ごしました。
木に吊るしてある、手作りブランコやハンモックに乗りながら、地面の中に住んでいるハチ達が飛んでいるのを見たり、鳥の声を聞いたり、とても心が癒されました。

そして1日は時間があったので、ニューヨーク郊外では最大の550店舗も並ぶアウトレットのお店に気分転換にショッピングに出かけたり、元美さんとご家族みんなで親しいとても有名なブラッド・メルドーというジャズピアニストのお宅にお邪魔したり、楽しい時間を過ごしました。

d0070113_22574058.jpg

特に、ブラッドは彼の映画のサウンドトラックを聞いて以来、8年ほど前から私は大ファンで、彼のジャズをボストン、パリ、日本と様々な場所で聞いていたのですが、そのブラッドが偶然アメリカツアーの合間にやはり別荘に居るということで、元美さんの別荘の近所でふらっと寄ったらバルコニーでゆったりと過ごしているのには驚きました。

あまりにも普通というか、そのままで、マジソン川の素晴らしい景色の見える(勿論パパラッツィも来ないような!)自然に囲まれた中で、色々な音楽の話をできて最高でしたね。

何よりも、驚いたのは私が通っていたボストンの音楽学校に子供の為の音楽教室があるのですが、それにブラッドも行ってしかも同じジャズの先生から彼は12歳くらいの時にレッスンを受けて多くのことを学んだということです。

そして、ジャズファンの人であれば、想像も付かないかもしれませんが、毎朝バッハから練習をし始めるそうです。それを聞いて納得、彼の即興は本当にデリケートでセンスが良く、その場で彼の中からメロデイーが生まれる瞬間を共感できるのは、本当に大きな喜びです。

去年は渋谷のNHKホールにも着ていたので機会がある際には是非お薦めです。

さて、そんな素敵な時間を過ごした翌日はその別荘にN.Yからコンサートを企画してくれたバイオリニストのVitaが着て1日自然の中リハーサルをしました。

d0070113_22585545.jpg

N.Yでのコンサート。小さくてごめんなさい!

その後、ニューヨーク Cityに入る、5日間リハーサルと2つ目のコンサートを行いました。
ニューヨークは、パリに比べて遥かに都会!と感じました。どちらかというと、東京に似ていますね。まるで新宿の高層ビル街に居るような、どこまで行っても建物が続く・・・・という印象です。
でも、セントラルパークに行けば、すぐに多くのジョギングしている人たちや家族がゆったりと日向ぼっこをしている光景も見られます。

今回は、メトロポリタン美術館から数ブロック近くの素敵な教会でコンサートを行いました。
オールフレンチバロックのプログラムで、ヴァイオリン、ガンバ、チェンバロでF.CouperinのConcert Royeax やガンバの組曲、RameauのPieces de clavecin en concertとチェンバロソロ曲などを組み合わせました。

聞きに来て下さった方達も、和やかな雰囲気の中、曲やヴェルサイユ宮殿で演奏されていた時代背景などのナレーションも入れながら行いました。

これは、ヴァイオリンのVitaとガンバの元美さんが一生懸命チェンバロを弾ける場所を探してオーガナイズして下さったお陰で実現できたことなので、本当に感謝しています。

そして、こうして8年ぶりくらいに?!再びN,Yを訪れて演奏できたのも、大きな喜びです。

d0070113_22521699.jpg


さて、気がついてみると来週はブリュッセルにフォルテピアノのレッスンに行くので、急いで今週はショパンを練習しなければ・・・・という状況です。

また、5月はパリでもコンサートがあるのでその準備も始めます。
6月上旬まで忙しいですが、あともう一息です。
[PR]
実は、去年の秋よりフォルテピアノを弾き始めています。このブログでも色々な古いピアノ=フォルテピアノの写真を載せていますので、ご存じない方はご覧下さい。
d0070113_202577.jpg
1702年のオリジナルのフランス製チェンバロ

ピアノとの違いは、今の黒いピアノの祖先にあたる1750年以降チェンバロから、強弱やペダルの機能が開発されたこの新しいフォルテピアノがすごい勢いで発展していきます。

その為、元々は5オクターブしかないチェンバロから、音域も5オクターブ半、6オクターブ、6オクターブ半・・・・と時代が進みに連れて幅広くなり、ピアノの大きさや音量も大きくなっていきます。
それは、人力車ー馬車ー車ーハイブリットカー と言う感じでしょうか。

d0070113_19594916.jpg
小さなチェンバロ!

その為、モーツァルトが弾いていたドイツ製のピアノで後期のベートーベンを弾くと鍵盤が足りなかったり、逆にショパンの愛していたフランス製のプレイエルというピアノでモーツァルトを引いても、細かいニュアンスが出しにくいです。

フォルテピアノをやる人=フォルテピアニストは、私の友人にも多くいますが、みんな時代背景や楽器について詳しいですし、こだわりを持ってこの楽器にはこの曲を・・・と吟味してプログラムを作り演奏しています。
その為、贅沢な話ですが実際にモーツァルトからドビュッシーまで演奏しようと思うと、数台ものピアノが必要になります。

d0070113_20551.jpg
モーツァルト時代の5オクターブ半のコピーのフォルテピアノ

そして、1曲ずつその音楽に最適なピアノで演奏することで、より作曲家の描いていた音楽の世界に近かずく・・・・といった考え方でしょうか。

チェンバロのバロック音楽の演奏家達も、できるだけ300年前にどのように演奏されていたか、という奏法やスタイルを文献や楽譜をリサーチして、自分なりの解釈で演奏しようと試みて
います。

だからといって、2008年に生きている私達の世界観と1685年にヴェルサイユ宮殿で生活していた貴族の感覚は、全く違うかもしれませんが、努力と知識により、できるだけ近ずこうとすることは可能です。

d0070113_2002616.jpg

前置きが長くなりましたが、私も幼少よりピアノを始め約20年弾いていました。
10歳ごろ、ピアノの先生がモーツァルトは天才だったのよ。。。。と言われても、本当に生きていたのかも実感できませんでした。

しかし、後に実際にウィーンの彼の自宅や作曲をしていた素敵な天井画のある部屋を訪れて、ああ彼は実在していたのだ・・・と初めて私自身とつながりました。

そうでなければ、お話の中の人のような感覚ですから、そのままモーツァルトの音楽をただ演奏しても、きっと何か深いものが足りなかったのではないでしょうか。

d0070113_2014069.jpg
ショパンの愛したプレイエル

その為、今こうやってショパン時代のピアノで彼のノクターンを弾いたり、べートーベンが難聴になって耳を締めたピアノの蓋に当てて、そのかすかな聞こえる振動で作曲していた頃のピアノや、クララ・シューマンの持っていたピアノの1台前の製造番号の*音*を聞いたりすると、グッと作曲家との距離が近くなり気がします。

去年の秋まで、約10年間はチェンバロのみに専念していましたが、それまでに20年親しんだピアノのレパートリーを、今とても新鮮な気持ちで再び向き合っています。

フォルテピアノとチェンバロは似ているようですが、タッチやテクニック、音の慣らしかたもモデルにより大変異なります。

d0070113_1958386.jpg
19世紀後期のフランス製エラールのハンマー

その為、今は、半分半分弾いています。例えば今週の半分はモーツァルトのファンタジーをフォルテピアノで月ー水曜日まで集中して練習し、木曜から週末は、来週アメリカで演奏するバッハのコンチェルトや5月末にパリで演奏するブランデンブルグコンチェルトを練習しています。

なかなか、頭の中が混乱することもありますが、これは時代に合った楽器で演奏していくということは、私の願いでもありましたので、苦労はありますが前向きにやっています。

それは、まるでイタリア人にイタリア語で話し、フランス人にはフランス語で、アメリカ人には英語で話した方が、本当に理解し合えるのと似ています。
例えば、ドイツ人が流暢な日本語で話してきたとします。それは、よりよく話せますし、色々な細かいニュアンスまで疎通しやすいですね。

d0070113_204635.jpg


楽器も同じだと思います。その為、ピアノでバッハを弾こうと思いませんし、弾いたとしても、どこかピンとこないと思います。それは、チェンバロの音色と表現がバッハに最も適していると感じるからです。

これからは、チェンバロとフォルテピアノと両方で好きなレパートリーを演奏していけたらと思っています。

今年は日本でもピアノのコンサートを企画しようと思っていますが、まずは練習。練習!
[PR]
ひっそりと、大きな木の根元に咲いていました。

春ですね。
d0070113_1544100.jpg


パリの桜もかなり咲いてきましたが、このお花は何でしょう?
d0070113_1545931.jpg

[PR]
d0070113_012422.gif

やっと、パリも春らしくなってきました。

何よりも嬉しいのは、日が長くなり始め、5時半には真っ暗になっていた冬に比べて、
8時半でもまだ明るいです。

d0070113_051817.jpg

夏には10時半頃に日没なので、よくセーヌ川沿いでピクニックをしたり、本を読みに行っていました。

8時ごろから賑わい始め、フランス人もワインやシャンパンとちょっとつまむ物を持って、ノートルダム寺院の背景ときれいな夕日を見ながら、いつまでもお友達とお話を楽しみます。

10時ごろにはセーヌ沿いにはびっしりと人が居ます。

さて、この間はサン・ラザール駅の後ろを歩いていると、面白い通りを発見!
d0070113_05423.jpg

ロンドン通り、その横にはアムステルダム通りとアテネ通り。

d0070113_0674.jpg

これは、コンパクト!色々な国に3歩で行けるなんて!面白いアイディアですね。

アムステルダムには、ベートーベンStraat(通り)が有名なコンセルト・へボーの近くにありました。

日本では、あまり国や作曲家にちなんだ通りは聞きませんね。
d0070113_06346.jpg

アールヌーボー調のメトロの駅・Europe(ヨーロッパ)

d0070113_0101310.jpg

青い空!

来週からは、アメリカに2週間行くので、ちょうど衣変えをしてお掃除の日でした。さて、練習しなきゃ!

d0070113_012422.gif

[PR]
d0070113_2061773.gif

4月のアメリカコンサートのお知らせ

1月にも演奏させて頂いた、ボストンから車で1時間の街プロヴィデンスを中心に活動しているアンサンブルFoundlingの定期演奏会です。

d0070113_2092454.gif月日 2008年4月20日(日) 3pm

場所 プロヴィデンス、グレース教会

バッハ:チェンバロ協奏曲 ニ短調  チェンバロ・植山 けい
・Bach harpsichord concerto in d minor, with Kay Ueyama, harpsichord

テレマン:リコーダーとバスーンの為の協奏曲 リコーダー:マリオン・フェアブリュッヘン バスーン:アナ・マルシュ
Telemann concerto for recorder and bassoon, with Anna Marsh, Baroque bassoon・solo With Marion Verbruggen:・

バッハ:リコーダー協奏曲 ニ長調 (ブリュッヘン編曲 ヴィヴァルディ:リコーダー協奏曲 ハ長調)

Bach concerto for recorder in D major, reconstructed by Frans Bruggen・Vivaldi concerto for recorder and strings in C Major

d0070113_20194059.jpg
マレ地区にある、クープラン一家がオルガニストを務めたSt-Gervais教会の裏には、毎年きれいな桜が咲きます。

ニューヨークコンサートのお知らせ

Foundlingのメンバーでもあるヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の五十嵐元美さんとヴァイオリンのVita Wallaceさんと、フランス音楽の室内楽コンサートを行うことになりました。

フレンチバロック プログラム

月日:4月26日(土) 午後3時
Saturday, April 26, at 3 pm

イマニュエル・ルーテル 教会
Immanuel Lutheran Church,

住所 122 East 88th Street at Lexington Avenue

プログラム

クープラン:コンセール第1番、ヴィオールの組曲より

マラン・マレ:ソナタ

ラモー:クラヴサンの為のコンセール第4番

Couperin Premier Concert
Couperin Pieces de viole
Marais Sonata a la Maresienne
Rameau Pieces de clavicin en concert no. 4

$10 suggested donation


アメリカにいらっしゃる方、お知り合いがいらっしゃる方、どうぞお時間がありましたらお越し下さい。

d0070113_2061773.gif

[PR]
d0070113_19304388.gif

昨日、パリより電車で20分ほどの郊外にありますChantilly(シャンテイイー)という街に
私のただいま装飾中のチェンバロを見に行ってきました。

今回で3回目ですが、毎回の変化に驚かされましたが、またしてもビックリ!
d0070113_1931336.jpg
パトリックさん(2番目の画家)の描くお花は、本当に品が良く、柔らかな色で素晴らしいテクニック!

実は、1人目の画家の方に響板を描いて頂きましたが、予想外に色が濃く、あまり絵も美しくありませんでした。

その為、違う2人目の画家の方を探し、外側の装飾をお願いし、1からモチーフなど描くものを話し合い、決めていきました。

d0070113_19284217.jpg
ちょっと反射していますが・・・分かるでしょうか。
現在の全体像。脇のお花、天使の部分はまだ未完成です。

もともとサイドはブルーグレーでしたが、蓋の内側の絵の色に合わないということで、パトリックさんのアイデアで黒い背景に茶色のラインが入りました。

2人の天使は、ちょっとリアル過ぎて蓋の絵と喧嘩するのでは!?と話し合い、消してもらうことになりました。もっとシンプルな植物のつる等に変更してニスを塗り、終了です。

まさに、世界に1台しかないチェンバロです!

d0070113_1971856.jpg
ベンドサイドの天使。遠めで見たらきれいかと思いますが、毎日自分の部屋で見るか・・・と思うと、ちょっとインパクトが強すぎるかな・・・ということで、消されてしまいます!ごめんなさい。ばいば~~い

d0070113_1983435.jpg
横に描かれているカーネーションのような、ローズのような・・・花

d0070113_1992294.jpg
まだ、未完成の部分ですが、横のしっぽに描かれているチューリップの絵。

d0070113_19101635.jpg
蓋の絵の一部分。フレミッシュ(オランダ)らしい、パイプを吸う男の人の描かれた本、リコーダー、そして楽譜。

d0070113_19112415.jpg
楽譜の部分。

これは、私の大好きなラモーの*Les Soupirs*(ため息)というファクシミリの楽譜をパトリックさんにお渡しし、それを真似て描いてもらいました。

その為、始めの数小節は楽譜のまま!なので、冗談でコンサートのアンコールの曲がなかったら、この絵を見て弾きますね!と話したら笑ってました。


d0070113_1916331.jpg
蓋の中央、楽器の部分

d0070113_19163097.jpg
蓋の左側にあるお花のブーケ。私の大好きな部分です。
まるで1枚の絵のようですね。


d0070113_19172484.jpg
これは、去年の夏に1人目の画家の方が描いた後の響板の絵。これから、弦を張ります。

しかし!描かないで・・・・と言った*蛾*(大嫌い・・・)が弾くとまさに目の前に見えます!
その他の色も統一感がなく、とてもモダンな色で仕上がっています。


d0070113_19191260.jpg
この部分は、2人目の画家、パトリックさんが消せる部分は消し、上から新しく描いてくれました。

この違いにはビックリ! 茶色の蛾が可愛いお花に変わっていますね。(笑)
そして、キツイ色のチューリップが柔らかなアヤメのお花に・・・

なぜか?!描かれていた杏......の絵も、花の絵に変わっています。

素晴らしい想像力と技術に驚きました。

とても繊細な色調に生まれ変わり、ほっとしています。


10日後に全て装飾を終了し、私のドイツのチェンバロ製作者が片道8時間ドライブでチェンバロを取りに来て、ケルン郊外に持って帰り、これから一番大事な鍵盤や弦を張り、最後の調整です。

夏にはできるでしょうか・・・・すでに、3年の月日が流れました・・・・・・
まあ、一生使っていく物ですが、宝物ですね。

d0070113_19304388.gif

[PR]