今、装飾をしてもらっている私のチェンバロを、画家のアトリエに見に行ってきました。

d0070113_17201996.jpg
チェンバロの蓋の内側の装飾。あとはニスを塗ってほぼ完成。
私のチェンバロはフレミッシュ(オランダ風)なて、今のベルギーにあるアントワープには、16,17世紀に大変盛んになった有名なチェンバロ工房がありました。

d0070113_17245356.jpg
色あいをアンテイーク調に仕上げてもらいました。

彼らのチェンバロを贅沢に装飾する場合は、名画を数多く残した巨匠、ルーベンスや彼の弟子によりチェンバロの蓋の内側や外側を装飾して貰ったものが、今での各地の楽器博物館に残っています。

d0070113_17213438.jpg
オランダらしい、パイプを吸っている人、ワインを飲んでいる人のデッサンが描かれています。これは、画家のアイデアです。

私のチェンバロも、今はフランスとドイツの国境近くにある街、コルマールにあるルッカスファミリーによって作られたチェンバロのコピーです。このチェンバロは10月に訪れた際に、本物のオリジナルを弾かせて貰いました。(詳細は10月のブログをご覧下さい)

d0070113_1722348.jpg

私のチェンバロの装飾も、できたらオリジナルを忠実にコピーした絵にしようと始めは考えていましたが、楽器を見に行く機会がなかなか得られなかったことから、詳細の拡大写真がなくては、画家が模写できないという現実がありました。

その為、では私の好きなモチーフを描いてもらおう!

d0070113_17225696.jpg

ということになり、結局オランダ絵画によく用いられるお花のブーケやフルーツ(ぶどう)、本など・・

d0070113_17231658.jpg

そしてイタリア絵画で多く用いられた天使、楽器、ワイングラス・・・・などなどのモチーフを入れて描いてもらいました。

d0070113_17233377.jpg
遠くに小さな風景画が・・・

この画家の方は、アンテイークの絵画のコピーなども制作したり、修復している為、現代の絵の具を使用してもこのように仕上げれる素晴らしい感覚の持ち主です。

あとは、チェンバロの横の部分に3つのお花のブーケを描いて下さるそうですが、楽しみです。
[PR]
パリは曇りや雨が続いていますが、少しずつ日は長くなってきたように感じます。

d0070113_120067.jpg

さて、1月17日にヴェルサイユ宮殿内にある、ルイ14世やマリーアントワネットも使用していたシャペル・ロワイヤルで演奏させて頂く機会がありました。

30mにもおよぶ天井と石造りのチャペルでは想像以上に音が響く為、数メートル離れて弾いているヴァイオリンの音も聞きにくいですし、客席でも低音の弦楽器の音は意外に散ってしまい、
耳が慣れるのに時間がかかりました。

d0070113_1243375.jpg

そんな難しい音響の中リハーサルをしましたが、とにかく寒い!
チェンバロの鍵盤も冷え切っていて、弾けば弾くほど私の指は冷たくなりましたが、
コンサートはライトやお客さんが大勢いらしたせいか、鍵盤の冷たさは緩和されました。

ホカロンを持っていきましたが、17・18世紀にヴェルサイユ宮殿で暖房もない中生活していた宮廷人は、さぞかし寒~~~~い毎日を過ごしていたのではないでしょうか。

d0070113_1245756.jpg

一見優雅に見えるあの衣装も、何層ものレイヤーの洋服を着ないと寒くてしょうがなさそうにする考えられます。しかし、優雅に装いそんな苦労をみじんも感じさせないく振る舞わなくてはいけなかったのでしょうか・・・(笑)

それにしても、バロック音楽をする者にとって、実際に偉大な作曲家がルイ14世など宮廷人のために作曲し、御前演奏していた場所、(聖地のような憧れがありますね)で350年経った後に
同じ場所で演奏できるというのは、大変大きな喜びでした。

d0070113_1254815.jpg

日本人である私がフランス宮廷内に踏み入ることなんか、17世紀には考えられないことですし、フランス内でもごく少数の限られた上流階級の人たちの中で流行っていた音楽ですから、
現代の様に世界中でその音楽が演奏されているということも、今の時代だから許されることかもしれません。
d0070113_1252325.jpg

ラモーの室内楽を11月のコンサートでも一緒に演奏したヴィオラ・ダ・ガンバのPascalとドイツ人と日本人のハーフである、Miekoと演奏しました。
[PR]

d0070113_2384518.jpg
皆様こんにちは。
お正月はゆっくり過ごされたでしょうか。

私は、2日より12日までボストンでリハーサル・コンサートの為に行ってきました。
今年のお正月は、日本でゆっくり過ごせないので残念・・・と思っていました。

しかし、パリで大変おいしいお節を作っているレストランを見つけて、
元旦の夜エッフェル塔近くのレストラン・弁慶(以前は日光ホテルであったところがNOVOTELになり、鉄板焼きやお寿司など食べれます)

パリでお節を食べれるなんて~~~!と甘酒や煮物、お節を食べながら感激していました。
その翌日、北海道と同じ緯度に位置するボストンへ。

d0070113_2362737.jpg
チャールズ川。この大きな川の半分が凍っていました!

以前5年間住んでいた記憶から、とにかく冬は肌を刺すような寒さ。。。。
というのは知っていたのですが、到着した日の夜はなんとマイナス15度・・・・

パリは冷え込んでもクリスマスの頃に0-2度くらいだったでしょうか。
明らかに寒さが違うのですが、ボストンはそれでも太陽がサンサンと照り青空
が見えるのは嬉しいですね。

そして、リハーサル先のプロヴィデンスというボストンから1時間離れた町へ。
以前も一緒に演奏した歌手のパムの運転に便乗して、リハーサルへ。
パリとボストンは6時間の時差ですが、ボストンの方が6時間遅れています。

d0070113_2391791.jpg
コンサートのあった教会

その為、早く眠くなるわけです。
しかし、リハーサルは全て午後2時ー10時まで。その間に休憩・夕食があるのですが、
10時となるとパリ時間で既に4時!

さすがに3日連続して貫徹状態の中弾いているのは辛く、
体調があまり良くなかったです。

コンサート前日には、元気になるから!と勧められたビタミン剤(100%自然だったのですが)
を飲みすぎて、胃が受け付けなかった為か、リハーサル中に全て食べた物をもどしてしまい、
どうやら顔色は真っ白だったらしいです。。。

d0070113_237526.jpg
ボストンのダウンタウン

しかし、その晩はよく寝たお陰で翌日は体調が戻り
どうにかコンサートを終えることができました。

日本でのコンサートの際には、やはり体調や時差ぼけを直す為に1週間前には
戻るのですが、今回はそんな時間はなく体がやっと慣れた頃に再びパリに戻る
という感じでした。

d0070113_2375688.jpg
ボストンのパブリックライブリー
しかし、以前に住み慣れたボストンへ戻るのは本当に嬉しいです。
チェンバロを1から始め、ピアノとチェンバロに明け暮れ、色々なコンサートを企画して
友人と演奏していました。

また、4月に戻りますがもっと暖かい季節なので楽しみです。
[PR]
d0070113_23365411.gif
d0070113_2353986.gif


2008年の新たな年をどの様にお迎えになりましたか。

お正月はやはり日本のお節を食べながら、親戚に会い、着物姿を見て、お参りに行ったり、温泉に家族で行ったりするのがいいですね。

今年は残念ながら帰国しませんが、明日からボストンへ1週間行って来ます。

天気予報を見たら、東京はマドリッドと同じ10度、パリは5度、そしてニューヨークは0度、ボストンはマイナス・・・・といったところでしょうか。

スーツケースには、ホカロンやお味噌汁など暖かいグッズが沢山入っています。5年間過ごした中で培った習慣でしょうか・・・

昨年度はどのような年でしたか?
そして、今年はどのような年にしたいでしょうか?

やはり新年を迎えると心の中で1つの区切りというか、大きな流れでプランを考えるきっかけになりますね。

d0070113_23562773.jpg
ソロコンサートをボストンで行った時の写真
今年は、フォルテピアノというモーツァルト時代からブラームス、ショパンに至る時代に発展して様々なピアノで7年間離れていたピアノ曲に取り組もうと思っています。

2月にはブリュッセルの楽器博物館でモーツアルト時代とショパン時代のそれぞれ本物のフォルテピアノでコンサートをさせて頂ける事になったので、ボストンから戻った後は、チェンバロからフォルテピアノでショパンなどを練習し始めます。

古楽器、バロック音楽というと、その時代のみにこだわる傾向がありますが、フランスでも多くのモダン奏者がバロックヴァイオリンを演奏したり、スタイルを学ぶという幅広い理解があります。

d0070113_2350915.jpg
ショパンが愛用したフランス製ピアノ、プレイエルのプレート

私も20年間親しんだピアノから7年離れ、チェンバロというとても繊細な楽器を習得するのに専念していましたが、このまま一生ピアノ曲を弾かないのか?と自答自問すると、やはりそれぞれのピアノ曲に魅力はあり、少しずつチェンバロや古楽器を知った今、発展していったピアノを歴史と共に改めて発見してみたいと思います。

ということで、一生音楽の追求に終わりはなさそうですが、色々な時期があるのだなあと実感し、今ピアノ曲がとても新鮮に感じます。

d0070113_23513431.jpg

勿論、チェンバロの魅力は奥深く、バッハやラモーはチェンバロならではの魅力が存分にあると思いますが。

では、皆様にとっても素晴らしい2008年となりますことを、心よりお祈り申し上げます。

まだまだ、未熟ですがこれからも音楽を深めてコンサートという場を通じて皆様と共感していけたrと心より願っています。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。
[PR]