フランスとドイツの国境寄りにあるコルマールという町には、世界的に有名な17世紀のチェンバロがあります。

d0070113_548278.jpg
コルマール市にある貴重な絵画やチェンバロが保管されているUnterlinden Museum

このチェンバロ製作者であるルッカースファミリーは、17世紀にベルギーのアントワープ市で数多くの素晴らしい楽器を生み出し、その名声は隣国のフランス、ドイツ、イギリスに多大な影響を及ぼしました。


①Hans Ruckers(1550-1598) 1代目


②Ioannes Ruckers(1578-1642)Hansの息子

③Andreas I Ruckers(1579-1651/53)Hansの息子

④Catharina Ruckers
: Hansの娘で医師Calros Couchetと結婚し、生まれた⑤Ioannes Couchet(1615-55)が後に②Ioannes Ruckersの養子となり、1642年より工房の後継者となる。
⑥Andreas II Ruckers(1607-54/55) Andreas Iの息子

d0070113_614104.jpg
383年経ったオリジナルのルッカースを弾かせてもらいました。大変貴重な機会です。

このUnterlinden Musuemに保管されているチェンバロは、1624年 ヨハネス・ルッカースにより製作されたものです。1660年、1720年に大きな改造(ラバルモン)をされ、1980年にこの美術館が買い取りましたが、その際にもChristopher Clarkeにより修復され演奏可能の状態になりました。

d0070113_6263663.jpg

ヨハネスによる現存するチェンバロは、他にもイギリス・エジンバラ(ラッセルコレクション)、ローマ楽器博物館、パリ楽器博物館、ヴェルサイユ宮殿にもあります。

ローマ楽器博物館は6月に思いがけず観る事ができましたが、鍵盤は4度ずれた移調鍵盤のまま残されている貴重な楽器です。

d0070113_6265390.jpg
鍵盤の周りのフレミッシュチェンバロ(オランダ風)特有のアラベスクの紙は、1624年のオリジナルのままです。

コルマールのチェンバロも、1624年に製作された時には同じく上鍵盤(C/E-f3)と下鍵盤(C/E-c3)の音域が異なりましたが1660年に上鍵盤にショートオクターブが付け加えられ、低音を5音増やし(H/G-c3)になり、1720年には更に低音3音と高音2音を足し(G-d3)になりました。

d0070113_629928.jpg

しかし、オリジナルのルッカースの鍵盤の幅は大きめなので、フランス式の鍵盤の方が数ミリ小さい為、もともとの外のケースと響板はそのままで鍵盤数を多くできました。

d0070113_6272668.jpg
ジャックは修復の際に新しいものにされています。

ルッカースファミリーが繁栄した頃、アントワープには絵画で有名なルーベンスやブリューゲルが住み、ルッカースのアトリエはルーベンス自身が設計した素晴らしいアトリエと1本違いのすぐ近くでした。

ルッカースのチェンバロ装飾をブリューゲル自身やルーベンスのアシスタント達により描かれた贅沢な楽器も現存しています。

d0070113_6404548.jpg
Ioannes Ruckersのローズ

フレミッシュ風のチェンバロの響板には、植物の他に、果物や鳥、えびや蝶などが描かれていますが、17世紀当時それは*庭*を象徴されていたと私がお願いした修復画家は言っていました。

ブルーのフレミッシュ風のアラベスクはお庭の柵を意味し、その中には上記のようなモチーフが綺麗に描かれています。

d0070113_6414429.jpg

また、アメリカの楽器研究家の説では、*5感*を表現しているということです。ルネサンス時代からヨーロッパには人間の5感をテーマにした美術品がありますが、パリの中世美術館にもショパンの恋人であったジョルジュ・サンドが所蔵していたという素敵なタピストリーが展示されています。

d0070113_642375.jpg

鳥=聴覚、花=視覚と臭覚、果物=味覚・・・・という具合に。

17世紀フランダース派(フレミッシュ)の絵画を見れば分かりますが、花の絵の中には実は*過ぎ行くはかなさ*を表現していたり、シンボルが沢山隠れています。

d0070113_6424023.jpg

チェンバロの響板に描かれている花の花言葉なども調べてみると、色々なメッセージが含まれているかもしれませんね。

また、内蓋の絵も17世紀後半にフランスによって描き直されたものが現在の状態です。モチーフは、フルートの神様であるPANとリラを持ったAPOLLON、そしてMIDAS王が描かれています。
d0070113_6493426.jpg

よく見ると、白い亀裂が入っているのですが、383年経った板ですからしょうがないですね。

d0070113_6503070.jpg
蓋の裏の部分。
レントゲン等による調査から、外のケース(黒に金色の模様)の部分には、もともとルッカース特有の大理石風の模様が描かれていたことが分かりましたが、18世紀のフランスのサロンとは豪華な雰囲気でしたので、質素なフレミッシュ風の装飾とスタンドも造りかえられてしまいました。

ルッカースファミリーにより製作されたチェンバロは現在世界に100台余りあるようですが、ルッカースのモデルは17世紀、そして18世紀にも大変人気であった為、フランスでも*ルッカース風*の偽者のチェンバロを作る製作者も増えていたほどです。

d0070113_6102971.jpg
1748年フランス・リヨンで製作されたルッカースのスタイルを真似たチェンバロ。猫足のスタンドはフランス風なのでミックスしています。

d0070113_6524041.jpg
1748年Lyonとありますが、ルッカース風の紙が使用してあります。この楽器も最近パリ近郊の楽器修復家が修復して演奏可能の状態です。
[PR]
d0070113_5592688.jpg

先週末からヨーロッパは本格的な寒さになり、日中は9度で手袋・ダウンのコートにブーツという防寒着も必要なくらいです。

こちらは石造りの建物も多いせいか、足元から冷え込み秋から突然冬が来た!感じです。

d0070113_5595877.jpg

さて、この週末はフランスのチェンバロ協会が企画したオリジナルのチェンバロを見るツアーに参加してきました。

場所はアルザス地方のコルマールという可愛らしい古都です。
コルマールは823年に神聖ローマ帝国自由都市として認められた歴史のある街です。
d0070113_621999.jpg
16世紀に建てられたアルザス建築様式のプフィスタの家。

d0070113_63447.jpg

そのすぐ裏にある14世紀に建てられたSt-Martin教会。

d0070113_64576.jpg
St-Martin教会の祭壇。日曜日お昼にはコンサートが行われていました。

d0070113_643889.jpg
St-Martin教会のオルガン。


コルマールの博物館には1624年にアントワープの名チェンバロ製作者、ヨハネス・ルッカース(Joannes Ruckers:1578-1642年)により作られた、大変有名なチェンバロが保管されています。

d0070113_651595.jpg
Joannes Ruckers 1624年

私のチェンバロもこのコルマールのコピーなので、実際にモデルとなった本物のチェンバロの*音*は絶対に知りたいと思っていたので、待ちに待った機会です。

パリよりTGVで3時間ほどのコルマールはドイツとフランスの国境にある為、数回に渡りドイツーフランスードイツーフランスと侵略された複雑な歴史を持っている為、両国の雰囲気が混ざり合った町並みが、独特の魅力をかもし出しています。
 
d0070113_602245.jpg
ワイン屋さんのショーウインドウに映る、St-Martin教会。

アルザス地方というとワインが有名ですが、アルザス地方の食事もフランスというよりは、ドイツ風なお肉とじゃがいも等のお料理が有名です。

d0070113_613775.jpg

早速、アルザス風のレストランへ。

d0070113_611739.jpg

アルザスの白ワイン:リシュリングをアペリテイフに飲み、じっくりと火を通したシチューを食べながら、冷え切った体を暖めた後、美術館にあるルッカースチェンバロによるフランソワ・ランジュレさんのコンサートを聞きに行きました。

d0070113_615175.jpg
Concert of Francoise Lengelee by Joannes Ruckers
[PR]
今日は、現在製作途中の私のチェンバロを見に行きました。

チェンバロの製作家はドイツ人ですが、装飾の絵はパリ近郊に住んでいるアンティーク修復画家の方にお願いしています。

打ち合わせをして日本へ留守にしていたので、さてどのように仕上がったのでしょうか!?!

連絡を取ると、忙しくてまだ一部しか仕上がっていないということ・・・・が~ん。。。。

d0070113_313147.jpg
太陽の光が差す素敵なアトリエ。

日本の様に予定通りとは、全くいかない!
既にドイツからパリに装飾の為にチェンバロが来て5ヶ月!注文してから2年の月日が過ぎているのに・・・・・

しかし、見せて貰うと何とも言えない柔らかい色調。

私のチェンバロがフレミッシュ(オランダ風)なので、装飾もその当時のフランドル派のスタイルで描いてもらいました。ブリューゲルやルーベンス、レンブランドなどの闇と光を表現したスタイルですね。

d0070113_3141755.jpg
まるで1枚の絵画のようです。

第一印象は、現代の色に慣れている私の目からしてもちょっと薄い色調。
しかし、目が慣れるに従い味が出てくる。

d0070113_315267.jpg
この花のブーケは内蓋の一部です。ご覧のとおりまだ右側の部分はこれからです。

後ろにある風景の描かれたチェンバロの蓋は、1703年製作のN.Dumontのオリジナルのものです。この外蓋も、これから修復するということですが、オリジナルのチェンバロの色と比べてもあまり違和感のない色調を出せる画家は少ないと思います。


ということで、まだ仕上がるには・・・・最低1ヶ月はかかるらしいので年内に楽器が仕上がるかも未定・・・・ですが、急いで納得いかないものになるよりは、上質の物に仕上げてもらいたいので、辛抱強く待つことにしました。

ハイテクの進化した現代でも、楽器作り、絵画は昔と変わらず1つ1つ手作りです。
だからこそ生まれる味わいがあるのかもしれませんが、時間がかかります。

d0070113_3175099.jpg
同じ画家の方の作品。これは1つのバラを描き、ここにも描き・・・と御自分で描いた作品ですが、色のコントラストが素敵ですね。

今回2人の装飾画家にお願いしましたが、(1人は響板)やはり最終的には技術ではなくてその人のセンスが大事なのだと感じました。

センスが異なる人には同じ*花*でも描く*花*の繊細さ、色あいが全く異なります。
本当に細かいことですが、一筆一筆が作り上げる世界の差はとても大きなものです。

そして、いくら説明してもやはりセンスが異なる人には通じなかったり、逆にセンスが良い人は何を描いて貰っても安心できるという所があり、音楽と通じるなと思いました。

残りの装飾部分は、やはりフランドル派が多く取り上げたMomento Mori(死を忘れるな)というテーマを取り上げて描いてもらうことになりました。

モチーフは楽器や蝋燭、ワイングラスやぶどう、遠くに風景・・・・というものですが、配置などは全てお任せにしました。

ということで、いつできるかは・・・・謎です!?
[PR]
d0070113_2524177.gif


ヴェルサイユ宮殿のすぐ横にある王の図書館*La bibiliotheque de la musique du Roi*は、ルイ14世の治世下に建設されました。

d0070113_24129100.jpg
図書館の一室 Chambre de France (フランスの間)でアフタヌーンコンサートがありました。

1684年 ヴェルサイユ宮殿・礼拝堂の音楽家であった Francois Fossardがバレエやオペラ、そして器楽のコピーをVolume(巻)としてまとめ始めました。

d0070113_2442451.jpg
300年経った今も色鮮やかな17世紀の楽譜。

パリ・ヴェルサイユの音楽家の出版物は、ほとんどの場合がルイ14世・15世の許可が必要でした。

その為、この頃の初版譜(ファクシミリ)を見ると必ずと言ってよいほど、王様への献辞が長々と丁寧な古フランス語で書かれたページが開いてすぐにあります。

そこに、出版することを許された一握りの宮廷作曲家は、大変光栄なことだったに違いありません。

d0070113_245222.jpg
先月東京コンサートで演奏した18世紀に活躍したラモーのポートレートも展示してあります。(写真右)

実際この図書館の説明にもあるように、2人の王太子妃の1745年、1747年の結婚を祝い4つのオペラが作曲されました。

また、オペラを愛したマリーアントワネットも、3人の息子の結婚(1770年、1771年、1773年)を祝して1770年に、大々的な祝賀会をオペラ・舞踏会と共に行いました。

d0070113_2462770.jpg
Ballet Royalと書かれた楽譜なので、バレエのスコアではないでしょうか。音楽監督であったリュリが使用したのでしょうか!?

ルイ14世の時代には、演劇などの娯楽が盛んなパリから離れたヴェルサイユでも楽しもうという企画から、*d`appartements* (アパート、住居、スペース) と題して、毎週月・水・木曜日の午後や夜に宴会を催していました。社交好きのフランス宮廷人には、もってこいですね。

その内容は、宮廷でのお食事から始まり、賭け事、舞踏会、コンサートと時間を忘れて楽しんだのではないでしょうか。

d0070113_2473685.jpg
何気ない通りの門の上にある天使のモチーフ。

この当時の文化や美術、音楽に対する投資により、素晴らしい芸術家達の才能が伸ばされ、多くのチェンバロの名曲も生まれました。

しかし、ヴェルサイユ宮殿の一歩外は荒野が広がり、貧しい農民が生活していた分けですから、やはりこの激しい階級制度に対する反発は日に日に積もっていったのでしょう。

そして、その代償はフランス革命という仇で返されるのですが・・・・・

d0070113_2524177.gif

[PR]
とても気持ちの良い秋晴れの午後、友人に誘われてヴェルサイユ宮殿のすぐ横にある王室図書館でのチェンバロコンサートを聞きに行きました。

d0070113_2582142.jpg
ヴェルサイユ宮殿の広大な敷地に広がる運河沿いは、今もフランス人の憩いの場所となっています。

パリから車だと20分ほどでVersailleの出口で出ると、3世紀経った今も荘厳なヴェルサイユ宮殿が見えてきます。

ちょうど観光用の馬車が闊歩し、ひ爪の音が石畳に響き17世紀はいくつもの馬車がこの宮殿前の広場に集まっただろうと思い起こされました。

d0070113_2591623.jpg
古いヴェルサイユ通り *Rue de vieux Versailles*のプレートが見えます。この50m先に図書館の入口があります。

d0070113_31434.jpg
ルイ15世、またの名を*太陽王*。(ルイ15世がバレエで踊った際に自らを太陽王と名乗ったことから、シンボルとなった。)
d0070113_3155627.jpg
図書館に入ってすぐ窓の上にも太陽が!

*大国を統治*するという意味でも日が昇る力強いイメージを重ね合わせ、ヴェルサイユの建物に数多く*太陽*のモチーフが残されている。

d0070113_352028.jpg
玄関を入ってすぐの鏡。

d0070113_355933.jpg
各部屋に名前と絵画のプレートがついている。貴重な資料が今も大切に保管されている。

d0070113_364759.jpg
タイトルに*Les Fontaines de Versailles* ヴェルサイユの噴水 とある。

ヴェルサイユの広大な庭や自然を表した音楽は、きっとルイ14世がお散歩をする際に、屋外用の音楽団によって演奏されたのではないでしょうか。

当時3つの音楽団にカテゴリーが分けられ、宮廷内楽団、礼拝やミサの楽団、そして屋外用の楽団といました。

d0070113_312359.jpg
大宴会の様子を描いた版画。見えにくいですが、両脇に大きなテーブルで豪華な食事を楽しむ宮廷人たち。
そして、真ん中には立ちながら演奏している沢山の音楽家がいます。


お祭りで宮廷の人達がお庭の運河でゴンドラに乗る際は、音楽団も別のゴンドラに乗って演奏しているエッジングの絵が残されています。


d0070113_3175282.jpg

王の歩く所には、全て音楽団がついて周っていたそうで、朝起きて顔洗う時、朝食、部屋から移動する時、そしてお手洗いの際にまで(!)専用の音楽があったそうです。なんたる贅沢!

音楽家は要するに給仕と同じように雇われていたのですね。しかし、ラモーやリュリなどの優れた宮廷音楽家は素晴らしい生活を送っていたようですが・・・
[PR]
パリはすっかり秋模様で、グレーの空が続いています。

さて、今日は私の親しい友人で、オランダ在住の大変素晴らしいフォルテピアニストの平井千絵さんのコンサートのお知らせです。

d0070113_5485050.gif


d0070113_5501789.jpg


平井千絵 ソロ・リサイタル
シリーズ “ウィーンのピアノに魅せられた作曲家たち” の第一回

10月17日(水)めぐろパーシモンホール小ホール
19時開演(18時30分開場)
 

d0070113_5485050.gif


平井さんとは桐朋の音大・高校の1つ上の先輩なのですが、さらに遡ると桐朋の子供のための音楽教室でもずっと一緒の道を歩んできた(!)というかれこれ10年以上の付き合いの素敵な音楽家です。

平井千絵さんのオフィシャルホームページはこちら。

そして、オランダの日記はこちら。*オランダ フォルテピアノだより


私がアムステルダム音楽院に居た時も、平井さんはフォルテピアノに留まらずにチェンバロも勉強してマルチで聡明な、でも普段はとても素朴な人柄です。

もともと私も平井さんもピアノ科でしたが、卒業の頃からお互いに古楽器に魅せられ、平井さんはフォルテピアノという現代のピアノの前身である楽器に、そして私はそのフォルテピアノよりも前の鍵盤楽器であるチェンバロへと興味をそそられて行ったのでした。


チェンバロが盛んだったのは1750年頃までですが、それ以降は*弦をはじく*チェンバロの構造から*叩いて強弱を表現できるフォルテピアノ*が盛んになります。

モーツァルトやベートーベン、そしてショパンなどが愛用したフォルテピアノの音色やタッチは、現代の黒いピアノのタッチとは全く違い、もっとまろやかな音色です。

何とも、愛らしい魅力的な音色に包まれます。丹精込められ職人の耳と手によって製作されていたので、1台1台がまるで人間のように表情や性格を持ち、音色も異なります。

平井さんはフォルテピアノに興味を持ちオランダに留学されてから研鑽を積み、今では日本を代表するフォルテピアニストとして活躍しています。

d0070113_5365198.jpg


オランダを始め、フランスやヨーロッパ各地のコンサートや音楽祭でも活躍していますが、日本でもバロック・チェリスト鈴木 秀美さんとのDUO活動を始め、リリースしたばかりのCDは、平成18年度文化庁 芸術祭 【優秀賞】 「レコード芸術」誌 【特選盤】として選ばれ、大変注目されている話題の音楽家です。

今月の*音楽の友*にも10月17日目黒パーシモーホールでのリサイタルの詳細が取り上げられました。興味のある方はこちらへ


d0070113_5505641.jpg

平井さんと鈴木さんのコンサートに私も9月の帰国の際に聞かせて頂きましたが、さすが!と圧巻されてしまいました。

彼女の愛用している素晴らしいフォルテピアノ・ローゼンベルガーの奏でるやさしい音色と共に素晴らしい時間となるでしょう。

お時間のある方は是非お出かけくださませ。
チケットご希望の方は office@chiehirai.comへご連絡ください。

[PR]
d0070113_2105038.gif


皆さん、こんにちは。

昨日やっとパリの自宅へ戻ってきました。私は空からの眺めが好きなので、飛行機は苦がないのですが、今回は、ちょっと珍道中でした。

というのも、いつもロンドン乗換えで東京ーロンドンーパリと経由しますが、東京発の飛行機がなんと故障が見つかり4時間も遅れてしまいました。

d0070113_1571697.jpg
空中からのロンドンの家。家がミニチュアのようで可愛いですね。優雅なテムズ川も見えたりします。

そして、乗り継ぎ便はロンドンに着いた頃には既に飛び去り・・・どうしたものかと心配しましたが、航空会社がきちんとホテルと次の日の早朝便を手配してくれました。

しかし・・・・・夜10時にホテルに着き、朝3時50分には起床して飛行場へ・・・・という強行スケジュール。

d0070113_157354.jpg
ロンドンのバー。仕事帰りにビール片手に何時間も外で立しながら楽しく話しています。

私を含め20人弱の同じ境遇の方も、凄い疲れた顔で朝集合していました。(笑)

d0070113_23192.jpg
エッフェル塔から望んだ凱旋門。周りの道がうねっていますね。

ようやくパリに3週間ぶりに戻ってきたら、既に紅葉が終わり落葉しています。東京はこれからもみじの紅葉を楽しめる良い季節ですが、パリはもう1ヶ月先のような寒さで部屋にも暖房が必要ではないか・・・と感じるほどです。

d0070113_202195.jpg
エッフェル塔からのパリの眺め。Champs de Marsの公園の先に、パリで一番高いビルのモンパルナスタワーが見えます。私はこの近辺に住んでいます。

今年はきれいな紅葉を見れないことになってしまいました。とても好きな季節なので残念です。

ボストンでは、この時期真っ青な*インディアンサマー*と言われる秋晴れと対照的な黄色や橙色、紅色に染まる燃えるような木の色彩がとてもきれいです。

d0070113_213663.jpg
右下の金色のクーポールがナポレオンのお墓があるアンバリッド、そして右上にノートルダム寺院が小さく見えます。

パリもどんよりとしたグレーの空が続く冬の前に、景色を楽しめる季節なのですが、もうそろそろ終わりのようです・・・

d0070113_24874.jpg
オペラ座の外観。

来月は、パリのCite Universaireという駅の目の前にあるLa Fondation Des Etats-Unis(アメリカ財団)にて11月15日に室内楽のコンサートをします。

今日は、そのコンサートに使用するチェンバロを見に行きましたが、とても素敵なフレスコ画の描かれた200人くらいの入るホールです。

d0070113_243670.jpg
オペラ座の有名なシャガールによる天井画。これから、年末に向けて素晴らしいオペラやバレエが上演されます。

アメリカ人のソプラノ歌手やフランスのバロックアンサンブルのコンサートなどで活動しているヴァイオリニストの友人などを集めて、ヘンデル、クレランボー、ラモーなどのプログラムを演奏します。また、詳細は掲載します。

d0070113_2105038.gif

[PR]

d0070113_1511545.gif
皆様、こんにちは。
すっかり東京も秋の気候になりましたね。
d0070113_1319874.jpg
写真は7月末に行ったベルギーの古都ブルージュです。文章と関係はないのですが、きれいなので!

実は、9月13日に帰国した頃のヨーロッパは既に15度くらいの肌寒い気候で、革ジャンにブーツを着ているパリジェンヌもいました。

しかし、東京に戻り32度と湿度の高い*夏*の帰国に逆戻り!そして、再びここ日本で秋を迎えるという不思議な感覚で、少々体が驚いている感じです。
季節の移り目は体調を崩しやすいので、みなさまもお気をつけください。

d0070113_13181942.jpg
ブルージュの聖母教会。

早いもので、先日のコンサートが終わり10月になりました。今年もあと残り2か月!と考えると、2007年の元旦を迎えてからそんなに時間がたったものか・・・と驚いてしまいます。

d0070113_13265560.jpg
ベルギーの骨董のコレクターがイタリアより持ち帰り、聖母教会に寄付したミケランジェロ作の聖母像。イタリア以外に存在する数少なしミケランジェロの作品。


今回のコンサートを終え、いつにも増して多くの方々に助けて頂き初めて実現したことを実感し、感謝の気持ちで一杯です。

演奏家は演奏すれば良い・・・・と言ってしまえばそうかもしれませんが、今回のような自主公演の際には実は多くの時間と準備がかかります。

d0070113_13305668.jpg
聖母教会内のマリア像

d0070113_1332921.jpg

教会内を偶然にお散歩をしていたチェンバロの巨匠・レオンハルトが!

たった1日の為に。そうです。
その数時間1人でも多くの方と音楽を共感して頂く為に、半年前から企画します。

7年前より東京でのコンサートを企画してきましたが、毎回行う度に多くのことを学んだり反省しながら、次回はより改善できるようにそれらの経験を生かしてきました。

d0070113_13185289.jpg

d0070113_13132993.gif


今回は、ちらし・プログラムはパリ在住で以前にアムステルダムで出会った素晴らしいコンテポラリーアーティストの友人にデザインをして頂き、パリより京都の印刷屋さんにインターネットで入稿して東京の実家に郵送してもらう・・・・という10年前では考えられないことが、便利な世の中になったお陰で無事にできました。

d0070113_1322636.jpg

また、今回使用したチェンバロは共演者の福沢 宏さんがコツコツと夏に修復された、26年前に制作された堀さんの楽器でしたが、フレンチチェンバロでしたのでラモーを演奏するには最適でした。

そしてバロック・ヴァイオリンの荒木 優子さんは実は桐朋女子高校時代の先輩で、お互いにモダンピアノ・ヴァイオリンを弾いていた時には、ブラームスのピアノクインテットを演奏した仲です。

私がボストンに住んでいた5年ほど前に、初めて日本を代表するバロックオーケストラ、バッハ・コレギウム・ジャパンのアメリカツアーのボストン公演で荒木さんがメンバーの一員として演奏していたので、会いに行くと知らない間にお互いにバロック音楽を演奏していた・・・という嬉しい驚きの再会となり、その翌年の東京コンサートでゲスト出演をして頂きました。

本当にどこでどの縁がつながるか分りませんね。

d0070113_13233150.jpg
ベルギーレースの飾られた窓。

d0070113_1511545.gif


d0070113_1333113.jpg
そして、今でも伝統の残るベルギーレースを作る女性。68本ものレースの棒を交互に組み合わせて瞬く間に編んでいきます。


では、そろそろパリに戻りますが、実は数年ぶりにフォルテピアノを始めるので、17年弾いていたピアノの楽譜を再び引っ張り出して、モーツァルトやベートーベンなどを18世紀当時のフォルテピアノやそのコピー楽器で演奏して、将来的にはチェンバロと両方演奏して行きたいと願っています。

やはりタッチや楽器はチェンバロより重かったり大きいのですが、今の黒いピアノよりもモーツァルト時代のフォルテピアノはとても繊細で断然チェンバロに近い感覚です。

11月にはパリとロンドンでチェンバロのコンサートもあるので、文字どおりバッハとモーツァルトの世界を行き来するという、また今までと違った音楽の向き合う年になると思います。

では、皆様も和らいだ暑さの中紅葉などをお楽しみください。

d0070113_1511545.gif

d0070113_1332224.jpg
ベルギーといえば・・・・チョコレート!箱の風景画もチョコのです。
[PR]