ローマのテルミニ駅からバスでローマの町を抜け、20分ほどでバチカンの巨大なサン・ピエトロ寺院の前に到着します。

d0070113_754780.jpg
左側はローマ、この橋の右側はバチカン市国の領土です。
トスカーナの人口400人の村で1週間過ごした後、紀元前からの遺跡の残るローマに出てきて、モダンな生活に戻ったと同時にごく普通に街の中に突如として現れる遺跡に目が奪われました。

d0070113_76565.jpg

残念ながらローマーパリの夜の飛行機まで半日足らずだったので、バチカンだけに絞ることに。

d0070113_721224.jpg
有名なサン・ピエトロ広場の左右に広がる柱のアーチ。巨大すぎてアーチ型のどの部分にいるのか、分からないほど!

d0070113_774674.jpg
世界一の大きさを誇るサン・ピエトロ寺院。その歴史は64年ごろにこの付近でmサン・ピエトロ(聖ペテロ)が異教の罪によりネロ帝に十字に架けられたとこまで遡ります。

それにしても、前日コンサートで弾いて夜中の2時半まで仲良くなったドイツやロンドン、その他の国から来たチェンバリストとご飯を食べてお喋りをしていたので、ローマを見るために朝一番の電車に乗るために5時起き6時出発というのは、かなりハードでした!

d0070113_781939.jpg
大聖堂の入り口の天窓

それでも、やはり頑張って見に行ったかいがあった!と思える素晴らしい芸術にも触れられ、バチカン市国の司教が代々集めたコレクションであるバチカン美術館とサン・ピエトロ大聖堂の大きさに圧巻しました。

d0070113_785050.jpg
入ってすぐ右側には*ピエタ礼拝堂*Cappella della Pieta de MIcherangelo
ミケランジェロ作 :ピエタの像。1499年、25歳の時の作品。


この像は1度ばらばらにされ各地に散ったものを再び集め修復したものなので、ガラスで守られています。

d0070113_7193947.jpg
天窓にも素晴らしい装飾

d0070113_720565.jpg
マデルノ作:主祭壇

d0070113_7231154.jpg
なんと結婚式が行われていました。こんな所で挙げるなんて!!オルガンが見えますね。

d0070113_7353081.jpg
寺院の後ろに広がるベルベデーレ庭園。

ちょっと昔までローマ法王がお散歩をなさっていたそうですが、パパラッツィに写真を撮られてからは安全ではないということでご使用にならず、一般向けに1日5,6人という予約制で少数のガイドつきツアーがあるそうです。

またの続きをお楽しみに。
[PR]
d0070113_178031.gif


もうかれこれ2週間前に初めて行ったローマで、右も左も分からぬまま空港に迎えに来てくれるまで半日もあったので、どこか行こうとガイドを見ていたら・・・・

*3000以上の楽器がある博物館*
を発見し、決定!

d0070113_16301763.jpg
イタリア製のチェンバロ。年代は表記していませんでした。
ローマへ行ったことのある人達から、大きい、1週間あっても見切れない・・・・と聞いていたので、ここは見たいものに絞った方がいいと思い、ゆったりと沢山のチェンバロを見に行きました。

d0070113_1631215.jpg


d0070113_16312442.jpg
ベンドサイドの装飾

ここには、数え切れないほどのチェンバロがありました。やはりイタリア製が多かったですが、ドイツ人のHans Mullerが作ったドイツ製の一番古いチェンバロ(1537年)がありました。

d0070113_1632156.jpg
ヴァージナル、フレミッシュらしい装飾。

d0070113_1633514.jpg


d0070113_16332493.jpg
まるで絵画のような素晴らしい装飾!

プレートの年代や製作者をメモしていたら、3人のガードの1人のおじちゃんが、どうぞ!どうぞ! と言って、立ち入り禁止のロープの中に入って見ていいよ。と言う。

え?!それは・・・・
そして、説明を読んでいると、パッと写真を撮ってしまえばいいでしょ!?と言う。

それも禁止では・・・・?

d0070113_1635768.jpg
クラヴィコード

ということで、フラッシュなしで目の前の貴重なコレクションを撮らさせて頂きました。1階にコレクションのきれいなカタログがあったので買いましたが、これらの写真はそのおじちゃんが居なければ取れなかったので貴重なものです。

d0070113_1635467.jpg
フランス製 エラール社のきれいに装飾されたスクウェア ピアノ
d0070113_1636485.jpg


笑ってしまったのですが、他の2人のガードは真面目に働いているので勿論写真を撮っているのを知ったらNo!no!と言う訳です。

ので、親切なおじちゃんは、他の2人と違う部屋で世間話をして私が見終わるまで2人の足を止めているという・・・・滑稽な状況で、最後にMolto Grazie(どうもありがとうございます)と言うと、ウインクしていつでもどうぞ!みたいな。。。

これがイタリア・・・・・のコネクション?!と足早にまた空港へ戻りました。

d0070113_16412369.jpg

この美術館のなんと言っても代表的なコレクションの楽器は、世界に3台しか存在しないクリストフォーリのフォルテピアノです。

d0070113_16422938.jpg


フィレンツェのメディチ家に仕えていたBartolomeo Christofori(1655-1732)が晩年に発明したフォルテピアノです。まだまだ、チェンバロが普及していた時代に、強弱を表現できるメカニズムを開発しました。

d0070113_16424922.jpg
チューニングピンはレストプランクを突き抜け、弦はこの板の下に巻き付けられています。この構造だと、ハンマーがどんなに強く叩いても、弦が浮き上がる心配がない様に作られています。

クリストフォーリのフォルテピアノはこのローマの(1722年)と、ニューヨーク(1720年)ライプツィッヒ(1726年)があります。
この美術館の前の官長さんが、リサーチをしてこの楽器を見つけたそうです。

チェンバロと外側は似ていますが、中の構造が新しく開発され、*ウナコルダ*Una Cordaという、音色を変化させる機能が付いています。

ウナコルダを使うと、鍵盤全体が数ミリ移動して、1音につき張ってある2本の弦のうちの1本だけを叩くようになり、音色が大きく変化する構造になっています。

d0070113_1725787.jpg
折りたたみできるチェンバロ!Carlo Grimaldi 18世紀
d0070113_1732152.jpg
枠には可愛いらしい絵が描いてあります。

d0070113_1745051.jpg
スピネット G.Birger 1759
d0070113_1752731.jpg


この他にも、Joannes Ruckers (1637年)やとても素敵なフォルテピアノなど釘付け!!になってしまうオリジナル楽器が沢山あり、今度は美術館に手紙を書いて試奏できる機会に再び訪れてみたいと思いました。

d0070113_178031.gif


ご興味のある方は

d0070113_17111842.gif
ローマ国立楽器博物館・Museo Nazionale degli Strumenti Musicali

Plazza S.Croce in Gerusalemme 9a

Tel: 06 70 14 79 6
8:30-19:30
月曜休館日
入場料:6ユーロくらい

Santa Croce in Gerusalemme教会の左横にあります。メ
トロA線S.Giovanni下車 徒歩5分
[PR]
d0070113_2026555.gif

d0070113_20195132.jpg

小さな村Montisiには2つのホテルと1つのB&Bがあるだけです。

d0070113_2019346.jpg

B&Bから見える窓辺の景色は一面オリーブ畑。何ともほのぼのしています。

d0070113_20204961.jpg

そして、もう1つのHotel Locandaは唯一の目抜き通りの角っこにあるイタリアらしい雰囲気の建物です。

d0070113_20224221.jpg
気さくな御主人のRobertoさんは冬季はホテルを閉めてフランスとイタリアの海岸沿いの町に住んでいるそうです。なんとも優雅な!
朝食もアットホームな感じでおいしいカプチーノを御主人さんが入れてくれます。

d0070113_20212890.jpg

この内装は、全てRobertoさんの叔母さんの手作りだそうです。全体的に柔らかい赤色で統一されていますが、壁の何とも言えない黄色とのコンビネーションが日本人では思いつかないような色の組み合わせで素敵でした。


Siena(シエナ)に行かれる方は、ご興味があればこんな小さな村に1日滞在するのもいいかもしれませんね。

d0070113_20272958.gif

Hotel Locanda: www.lalocandadimontisi.it

Via Umberto I.39 Localita Montisi 53020 San Giovanni d`Asso

d0070113_2026555.gif

[PR]
d0070113_046179.gif

d0070113_0411093.jpg


中世時代と同じ大きさのMontisiの村には目抜き通りが1本通っているだけです。
d0070113_0391911.jpg



さっき会った人が戻ってくると、また会うと言った具合で、見ず知らずの私達にもBuonjorno!(ボンジョルノ!)と気軽に挨拶をしてくれます。

d0070113_0332859.jpg


パン屋さん1軒、レストラン2軒、ホテル3軒、小売店2軒(スーパーと言うほど大きくないので・・)がありますが、お昼間はお休み。

d0070113_031831.jpg

そして、12時になるとこの3種類ほどの違う鐘(カリヨン)が、ゴーン、ゴーン、カラーン、カラーンと鳴ります。なんともゆったりとした時の流れです。

フランス語をイタリア語風に発音しただけのハチャメチャ、あてずっぽの会話でも、カフェのおばちゃんは一生懸命分かろうとして、通じたときには大笑いと共に、Ho capito!!(分かったわよ!)と言ってくれて一度打ち解けると、Ciao!(チャオ!)と話かけてくれます。

d0070113_0355784.jpg
テラコッタ屋さん。でも、開いていたのは見ませんでしたねえ・・・

d0070113_0363731.jpg
可愛い赤茶色の家には、色々なプレートがあり雰囲気をかもし出していました。

d0070113_03702.jpg


そして夕暮れには、テラコッタ色の壁が何とも言えない色になります。トスカーナの色というのでしょうか。

d0070113_0425163.jpg


d0070113_046179.gif

[PR]
d0070113_18562072.gif

みなさん、こんにちは。

d0070113_18464589.jpg
Montisiの村。

先週はイタリア、トスカーナ地方の村モンティージー/Montisiに行ってきました。
なんと人口400人!隣の村は200人!

d0070113_18473858.jpg

そして、景色の良い日にはトスカーナのオリーブ畑の広がる素晴らしい自然と共に、シエナの町が見えます。

ここに、アメリカ人のチェンバロ製作者、ブルース・ケネディがチェンバロの古楽センターを創設しました。

まだ始まったばかりですが、チェンバロの巨匠であるグスタフ・レオンハルトや個性的なチェンバリスト、スキップ・サンペや私のアムステルダムでの師匠、メノ・ファン・デルフトなど色々なチェンバリストが世界中から呼ばれ、マスタークラスやコンサートを行っています。

d0070113_1848272.jpg
教会でのメノ・ファン・デルフトによる公開レッスン。
今回は、12人のチェンバリストがポーランド、フランス、フィンランド、ノルウェー、日本、ドイツ、イギリスなどから集まり大変充実した、文字通り音楽三昧の日々を過ごしました。

d0070113_18484745.jpg


この古楽センターはこの村のお城を買取り、現在修復中で8種類にも及ぶ異なる時代とスタイルのチェンバロを将来的に揃えてチェンバロ音楽のメッカにしようとしています。

d0070113_1849719.jpg
ブルース・ケネディ作のコルマール・ルッカースのコピー

イギリスの曲はイギリスのバージナル、イタリアのスカルラッティなどはイタリア式チェンバロ、F.クープランやラモーはフランス式チェンバロ、バッハはドイツ式チェンバロで・・・・という具合です。

d0070113_18495262.jpg
イタリア風のチェンバロ。華やかな装飾ですが、タッチはフランス風よりもはっきりとしています。まるで、イタリア語とフランス語のような違いです。

チェンバリストにとっての理想は自宅やコンサートで1曲ずつ弾く曲によって最適な楽器で弾くことですが大変な贅沢ですね。

ですので、普通は大体のレパートリーを1台や2台で弾き分けますが、それぞれの曲に適した楽器で弾き分けると、なるほど音質やタッチ、曲の表情もよりはっきりと掴めてきます。

音楽家にとってやはり楽器から受けるインスピレーションは本当に大事ですね。

d0070113_1851096.jpg

今回は、パリーローマー車で3時間乗りトスカーナへ行ったのですが、ちょっと時間があったのを利用してローマの楽器博物館を見に行くことができ、大変貴重な楽器を目の前で見れて、とても幸せでした。

それは、また次回に。

d0070113_18512411.jpg


d0070113_18562072.gif

[PR]
d0070113_6394520.gif皆さんこんにちは。
d0070113_5573164.gif


さて、皆さんは夏休みの予定はもうお考えですか?フランス人は、働いて休みが来るというよりも、バカンスの為に(!)1年中働いているという考え方のようで、7月に入るとパリの人たちはどんどん田舎や外国へ消えていってしまいます。

8月のパリに居るのは7割が観光客でパリジャンは本当に少なくお店やレストランも1ヶ月以上閉めてしまいます。9月の始めになってやっと街の雰囲気も、ああみんなが帰ってきたな・・・と動き始めます。

さて、私は別に夏の予定を立てた分けではないのですが、色々な所へ行くことになりました。

d0070113_6363880.jpg
イタリア・トスカーナ地方の村、Montisi

今週末から1週間はイタリア・トスカーナ地方にあるチェンバロが8台もある古楽センターに行ってきます。アムステルダムでの師匠、メノ・ファン・デルフトを始め、8人のチェンバリストが集まるので楽しみです。

イタリアはもっと知りたい憧れの地でもあるのですが、今回はパリーローマに飛んで電車を乗り継ぎ、小さな田舎の村に行くことになりました。

d0070113_6365894.jpg
MontisiというSienaの隣町。電車も通っていない、ワイン畑の丘にある町。

今は朝から晩まで練習・練習の日々。チェンバロ、チェンバロ・・チェンバロ・・・・なので、自然の中で音楽に触れる良い機会だと思います。

d0070113_5573164.gif


そして8月は、ほぼスペインの国境よりのバスク地方、ピレネー山脈近くのHendaye(オンダイ)という場所の1週間音楽祭に招待されました。

d0070113_6284372.jpg
Hendayの海
パリ管弦楽団などで活躍中のヴァイオリニストがオーガナイズし、バッハやヴィヴァルディ、パーセルの曲をリハーサル、コンサートします。

d0070113_5573164.gif


そこからパリに帰ってきて次の日には、何とアメリカに!

d0070113_6241714.jpg


もう、かれこれ3年ほどアメリカには行っていないのでちょうど懐かしいなあ~。と思っていたら、Foundlingというバロックアンサンブルが8月、2008年1月、4月のコンサートシリーズに招待してくれました。ということで、久しぶりにアメリカに行ってきます。

d0070113_6202098.jpg

今回はリハーサルのみなのですが、あの映画*ジョーズ*を撮影したきれいなビーチのあるMartha‘s Vineyard (マーサス ヴィニヤード)が地図で左下の島でその上のCape Cod(ケープ コッド)という島で1週間リハーサルです。

d0070113_5573164.gif


すると、もう9月。
9月20日に東京福音ルーテル教会で大好きなラモーのプログラムでコンサートをしますが、あっという間に時間が飛びそうですね。

9月のコンサートのちらしのデザインをとてもセンスのある友人に作ってもらい、もほぼ完成しているので、今週はイタリアに行く前にプログラムノートを書いたりする予定です。

d0070113_6394520.gif皆さんも夏休みはどうしようかな~。とあれこれとプランを立てているころでしょうか。
素敵な夏をお過ごしください。

d0070113_5573164.gif

[PR]