d0070113_16572432.gif


d0070113_1652184.jpg


春になり季節が良くなると、パリのあちこちでアンテイーク市が始まります。

地区によって雰囲気が違うのも面白いですね。
一口にアンテイークと言っても様々。単にぼろいのか、本当に価値ある宝石や絵なのか。

フランス語でも、
d0070113_1658074.gifBrocante(ブロカント)=古物商売、古道具店
         
          d0070113_16581757.gif
Antiquite(アンテイーク)=古美術品 Magasin d`Antiquites=古美術商屋、骨董屋

と2種類の言い方がありますが、よくアンテイーク市をやるよ!という
電信柱などに張ってある広告はBrocanteを使っていることが多いです。

昔、イギリスのアンテイーク市に張り切って言ったら、何だかおばあさんのコットン下着のようなものもあり、これをアンテイークと言うのでしょうか・・・という市もありました。

d0070113_1773346.gif


今回行ったのは、モンソー公園の横にきれいに列をなしていましたが、さすが17区の高級住宅地だけあり、お客さんの顔も並ばれている品物もどこか品があり・・・・

こうなると、アンテイークの宝石や家具、食器類が多く、お値段も様々ですがかなり高いですね。そうすると逆に買えない。(笑)

でも、週末にお散歩がてらにアンテイーク市に出かけるのは楽しいですね。そして、何が堀出し物があればラッキ~!!

d0070113_16531363.jpg
モンソー公園内の有名なショパン像。

チェンバロもアンテイークの17・18世紀に作られた現存するものは、ほとんどが美術館に保管されていますが、フランスでは代々家族の中で引き継がれた楽器がまだまだプライベートの家に残されているようです。

チェンバロはなぜかアンテイーク=オリジナルという言い方をしますが、そういう楽器は本当に値段が付けれないほど高い場合もありますが、上記のように運良く*ぼろ市*で見つけたりすると、300ユーロ(5万円)ほどでショパン時代のアップライトピアノが変えてしまったり、ピンキリです。

d0070113_176677.gif

しかし、チェンバロも貴族の館での優雅な家具兼楽器だったので、作られた時代により台の脚や装飾も17世紀の東洋趣味であったり、ルイ15世時代の装飾と、アンテイーク家具と同じように影響を受けています。

アンテイークでも楽器でも沢山見れば見るほど、目が肥えて色々なことが分かってくるようですが、まだまだ私は*おたく度*が足りないようです。(笑)

d0070113_16572432.gif

[PR]
パリはこの1週間ほど毎日、晴れのち曇り+にわか雨+風
という良く分からない天気です。

日本の梅雨のような感じでこれが終わると本格的な*夏*が来るのでしょうか。

d0070113_4532953.gifその1:ドイツからパリにチェンバロが運ばれてきたの巻き

さて、2年前に注文した私のチェンバロがドイツから来ました!
といっても・・・・

d0070113_4212925.jpg

ご覧の通りまだ鍵盤も弦もないですねえ。。。。はい。

外枠はドイツで私の希望により、大好きなブルー2色
(イギリスの食器Wedgewoodのようなブルーが蓋に塗ってありますが、チェンバロ本体の後ろに立てかかっています。と薄いスカイブルー)
に塗ってもらい、響板(弦を張る三角形の板の部分)に装飾の絵を塗ってもらう為にパリに一時的に来たわけです。

チェンバロが届く日、始めは2時ごろに着くからと言われ、待てども待てども来ない!交通事故にでも遭ったのでは?!?!と心配し疲れて11時半頃に車の音が外で・・・・
一体どうなっちゃってるの?!?!と聞いたら、実は最後のペンキの仕上げが間に合わなかったので4時半まで塗っていた・・・と。
電話1本してくれれば良かったのに~~~。と大変なことになってましたが。

こういうことは日本では考えられませんが、ヨーロッパ人の感覚では大いにありえるらしく、私達もある意味そういうアバウトな人間にならないと神経持ちませんね。


d0070113_4535218.gifその2:チェンバロができるまで一体どれくらいかかるのでしょう?!?!


d0070113_4541649.jpg
響板:薄さは2-4ミリと場所によって微妙に違うようで、この板が楽器の命。音色の違いもここで大きく変わります。
仕事の早い製作家が1台のみ集中して作ってくれれば、3,4ヶ月でできるようですが、製作家によって1年に2台しか作らない。とか色々ペースが違い、注文してもすぐに来るわけでなく、既に注文している人が4人居ればそのチェンバロができてからでないと、私の分は作り始めてくれないわけです。

そして、世界中どこの楽器製作家に注文しても、みんな

 *こない~~~。こない~~~~。まだ、できないの~~~!?!??!!
3年待ちって言ったのに、もう5年目なんですけど~~~!*

と痺れを切らしている音楽家たちの声しか聞いたことがないというほど、遅れる!!早く着たとは聞いたことないですね。

私の場合、始めは1年待ち!!!という何とも明るい未来!のようでしたが・・・既に2年経ち・・・しかも終わっていない・・・・

d0070113_4561854.gif

[PR]
d0070113_449542.gifその3:どの足がいいでしょう?

昨日、私の製作家からチェンバロを乗せる台の足を作ったけれど、どれがいいか選んで!と写真付きメールがきました。

私の注文しているのはフレミッシュ式のチェンバロなのですが、17,18世紀に作られた博物館にあるチェンバロのモデルを忠実にコピーする場合もありますが、フレミッシュの足は・・・・
ちょっとダサい・・・・・わけです。ゴツかったり、何ともシンプルすぎたり・・・

d0070113_4383548.jpg
1640年Andreas Ruckersのチェンバロ。

私のチェンバロはオリジナルのモデル(フランス・コルマール(ストラスブールの隣町)の美術館に保存されているフレミッシュ風チェンバロ)をそのままコピーするというより、私の趣味が随分入っていますね。

外観の色もオリジナルは黒が基調で蓋の内側は絵が描かれています。
足も結構、がっちりしていてフランスに運ばれて質素なフレミッシュ風のモデルからゴージャスなフランス風にアレンジされて、金色も随所に使われています。

d0070113_4401199.jpg
フレミッシュ風のチェンバロ。外枠に大理石を模倣したフレミッシュ風な装飾。

ちょうど、私の次に注文した楽器はオリジナルと全く同じ装飾をストラスブールで描いている最中ということで、私の楽器を隣合わせにしたら大きく異なるけれども、製作家が同じなので音色は似ていて面白いでしょうね。

d0070113_4493520.gifその4:チェンバロの製作家を求めて3千里!!

楽器製作家1人1人の*音色*は勿論、タッチ、弾き心地、響き方から作りから全て違います。
それは、洋服の仕立て屋さんでも1件1件違うように、自分にあった洋服、気心地良い洋服が違うのと似ているでしょうか。

とにかく私は、(チェンバリストみんなそうですが)自分に合ったタッチの楽器を作ってくれる製作家に出会うまでが時間がかかりました。

アメリカ時代から7年越しに探して色々見てやっと*これだ*と思う楽器を作る人に出あったのですが、工房に行くにしてもケルンから電車を乗り継いで、湖や山合いのど田舎で1人で木を彫って鍵盤1つ1つを作っているわけです。

d0070113_4432115.jpg

チェンバロ製作家・Luts Werumのアトリエ前にて。

ということで、いつできるのでしょうか・・・・

d0070113_4495379.gifその5:装飾はどうするの?

パリに来たのはいいけれど、今度はアンテイーク装飾家でチェンバロを既に200台あまりも装飾した画家が、私の留守中の先月全て塗ってくれることになっていたのですが、帰ってくると何もしていない・・・・・・ありえない・・・・

どうやら、私が居なくなってすぐに他の大事な仕事が入って、家の修復兼描いているとのことで、私の楽器は8月からしか塗れないことになりました。

私の製作家もとっくに塗り終わってパリに取りに行こうか!と考え、2日前に電話をくれたのですが、塗り始めるのは8月です。と言ったら絶句・・・・

d0070113_4443149.jpg
オリジナルルッカースの響板の装飾

普段は自分の仕事が遅いのに、
*それは困る~~~!*
と迷惑がっていましたが、私はそれにも慣れてしまいました。
私がどんな気持ちだったのか分かったでしょ!と言ったら笑ってましたが。

ということで、いつできるのやら....
また装飾が始まりましたら、装飾写真日記の様に載せます。

ということで、チェンバロができるまでは長い、長~い道のりがあるわけです。

チェンバロの作り方を勉強すれば、自分で組み立てられるキットという木の板のセットを買うこともできるのですが、やはり*美しい音*を生み出す楽器は経験と感を培ったプロにお任せする方が良いと思います。

昔、自分で作るタンスですら、違うレールに違う引き出しをくっつけてしまったり、結局半年あまりで粗大ゴミと化してしまったので、私は立ち入らない方が無難そうです。

d0070113_4482460.gif

[PR]
d0070113_18473197.jpg
可愛い運が沿いのアムステルダムの家。滞在させてもらった友人宅からの眺めですが、すぐ横にはアムステルダムのホテルオークラがあり、最上階のバーからはアムステルダムが一望できます。

アメリカでチェンバロの基礎を習い、オランダに行き、フランス音楽がどうしても好き!ということでパリまで来てしまいましたが、気ガ付けばそれぞれの土地で言葉や人の性格、古楽の趣味など微妙な差があるかもしれません。

細かく言うと、アメリカ、イギリス(日本と同じく島国なのでヨーロッパの中でも違う趣味があると感じます)、フランス、オランダ、ドイツ、イタリアと言語や習慣が違うように、音楽の趣味も違うと思います。そして、それらはやはり言語とも密接に結びついていると感じます。

d0070113_18445883.gif例えばオランダ人とベルギー人は同じフレミッシュ語を話しますが、アクセントが微妙に違います。どちらもほぼ同じ言語ですが、方言のようにアクセントが違います。

ベルギー人の話すフレミッシュの方がアクセントが軽めでフランス語に近い響きです。
しかし、オランダでは、もっと喉を使って*狼の様に?!*ガホガホと音を立てて話します。

別に偏見でもなく本当にそう聞こえてしまいますが、どの国でも同様に品の良い方が話すと、オランダ語もきれいに聞こえます。

d0070113_18493089.jpg
古い建物を残して内装はモダンなショッピングセンター。アムステルダムのダム広場のすぐ横です。

d0070113_18452376.gif一番分かりやすいのは、フランスからアムステルダムへ行く高速電車タリスの車内放送です。フランスから北へ行けば行くほど、R(アール)の響きがどんどんと深くなっていきます。
日本でも東北へ行くと方言が出てくるのと似ているでしょうか。

フランスから1時間半でベルギー、2時間半ほどでオランダと国をまるで県境のように越えていく気軽さには驚きます。

フランスからベルギー国境を越えた際の車内放送のフランス語は既にベルギー鈍りになっていて、フランス人は田舎っぽいと馬鹿にして真似をしたりしています。

それが、ベルギーからオランダ国境にある駅 Roosendal(ローゼンタール)の巻き舌と言ったら!!凄いことになっています。何回聞いても思わず笑ってしまいます。 

d0070113_18443013.gif絵画でもベルギーの画家はをフランドル派(フレミッシュ)と言いますが、アントワープを中心に栄えたブリューゲルや、ヤン・ファン・エイク、*フランダースの犬*のネロが最後に死んでしまう目の前に飾られているルーベンスが代表的です。

オランダ派はフェルメール、レンブラントなどが挙げられます。レンブラントが実際に住んでいた家・アトリエが美術館として公開されています。興味のある方はこちらへ

d0070113_18354852.jpg
オランダ人の誇る画家、ゴッホ美術館。オランダの農民や日常を描いた初期の作品や浮世絵に影響を受けた作品が沢山あります。国立美術館とアムステルダム音楽院の間にある人気スポットです。興味のある方はこちらへ

d0070113_18461976.gifベルギーも不思議な国で、ブリュッセルは国際色豊かなので英語・フランス語・フレミッシュ語が使われています。道の看板もフランス語とフレミッシュ語の2カ国です。

何だか、看板を見ていてフレミッシュ語では、こういう意味かあ。と勉強できる感じです。
オランダはオランダ語のみなので、ちんぷんかんぷん!?!

d0070113_1852171.jpg


しかし、フレミッシュ色の多い家族ではフレミッシュ語で話し、フランス語は学校で第二の言葉として学んで知っていても話したがらない・・・同様に、フレンチ色の強いベルギー人も同じです。

ベルギーはまさにフランスとドイツとオランダに挟まれているのでこの様なユニークな文化となったのかもしれませんが、オランダも大国に攻められた経験がある為、ドイツ語が話せる人が多くても話したがらない人も居ます。

しかし、フランス語はなぜか話せるとオシャレという傾向があるようで、話したがるようです。同様に英語も*私も俺も話せるぞ~*と言う感じでアムステルダムでは喜んで話してくれます。

それに甘えてオランダ語が全然上達しませんでした・・・・
[PR]
みなさんは、オランダというとどの様なイメージでしょうか?
d0070113_203470.gifチューリップ、アンネの日記、レンブランド・・・・などでしょうか。

d0070113_19583639.jpg


そんなイメージを抱いて2年間住んだ後の私のオランダのイメージは

自転車、自転車泥棒(!)大きな人、運河、違法が合法の国、コロッケ、そしてバロック音楽が盛ん・・・・という感じでしょうか。

d0070113_19585499.gif


d0070113_20104876.gifアムステルダムは、ドイツ、ベルギー、フランスなどの近隣の国に挟まれています。九州くらいの大きさで国土の4分の1は標高が0m以下という稀な土地柄です。

このまま温暖化が進んだら、水没してしまうのではないか!?と心配になってしまいますね。

d0070113_19592367.jpg
ご覧の通り地盤が緩いせいか16世紀などに建てられた古い家は傾いているものが多いです。左の家は右よりに傾いていますね。

d0070113_20112029.gif小さな国なのに平均身長世界一!という大きな人達が住む国。男の人では、身長180cm-2mの人がほとんどではないでしょうか。女の人達も160-180cmは普通ですね。

私の短い足に合った自転車を探すのにも一苦労で、結局自転車屋さんが、1台だけ君に合うのがある・・・と言って持ってきたのは、子供用でしたねえ。(笑) 

d0070113_2095469.jpg

何だか自分の身長が縮んだみたいに、まるで白雪姫の7人の小人みたいに感じることも多々ありました。日本に帰るとキッチンや洗面器の高さまで随分低く感じて、あれ?背が伸びたかな・・・なんて思ってしまいます。

d0070113_2012648.gifオランダ人はみんな逞しい!
雨の日も風の日も・・・嵐の日も・・・・自転車にのって前進あるのみ!すごいです。


d0070113_2002176.jpg
アムステルダム中心のダム広場にある王宮。普段はデン・ハーグにいるオランダ王家も用事でアムステルダムに来ると、ここがオフィシャルな場です。

基本的に交通は路面電車のトラムが便利ですが、車よりもトラムよりも、自転車人口の多い国!その分、空気がきれいな気がしますね。排気ガスが遥かにパリや東京より少なく感じでます。

そして、15世紀に建てられたアムステルダムの町全体をぐるっと囲っていた砦の中の面積が今も町の中心となっています。

その為、昔はほとんどの人が徒歩で生活していたでしょうし、3つのメインの運河が小さな住宅地の合間にも入る組んでいるので、きっと船を活用していたのではないでしょうか。

d0070113_208761.jpg


市内には165の運河と、1300の橋があるといわれますが運河沿いの風景はアムステルダムならではの雰囲気をかもし出していますね。

今でもほとんど全ての用事は自転車で15分以内の移動距離という何とも便利な環境です。面積で言ったら吉祥寺くらいでしょうか。雰囲気ものほほんとしていますね。
[PR]
d0070113_4521892.jpg

早いものでアムステルダムからパリに移り2年が経とうとしています。
この間は瞬く間に過ぎていった感じです。

住むまでに10年間毎年通っていたパリに念願かなって引っ越してきたわけですが、やはり1から全て始めて慣れるまでに時間がかかりました。

d0070113_4523417.jpg
かつてレオンハルトが教えていたアムステルダム音楽院(旧スウェーリンク音楽院)
アムステルダムは1年半前にオランダのチェンバリストの巨匠グスタフ・レオンハルトのマスタークラスを受けに行ったきり、訪れていませんでした。

オランダのチェンバロメソードを、2年間みっちりと勉強したのですが、その時には見えなかったオランダの魅力を存分に楽しんだ滞在でした。

d0070113_4535429.jpg
アムステルダム音楽院のすぐ裏にある国立美術館。有名なフェルメールの*ミルクを入れている女性*やレンブラントの名画があります。興味のある方はここへ

昔、アメリカのチェンバロの先生が話していたことを思い出しました。

その当時、モダンピアノを20年弾いていた私がチェンバロに魅かれ勉強し始め、フォルテピアノにも興味があり・・・・どうしよう・・・という心境でした。

その時に、オルガン、クラヴィコード、チェンバロ、フォルテピアノ、モダンピアノを弾きこなすピーター先生がこう言いました。

d0070113_4552163.jpg

同時に3つの場所には住めない。それと同じように、始めは語学も楽器も同時に3つのものをこなすことはできない。

しかし、それぞれの語学、土地、楽器にある程度の時間、密接に関った後にはA・B・Cを行き来することができる。と。

なるほど。とうなずいたものの、実感がありませんでした。

d0070113_4554997.jpg


今、アメリカ、アムステルダム、パリとそれぞれ数年間住んで過去に住んだ場所に戻ると、なるほど住んでいた時の感覚がすぐに戻る。けれども、それに加えてその場所にどっぷりと浸かって居た時には分からなかった魅力が見える・・・・

d0070113_4591637.gifそんな、アムステルダムの昔からあったけれど気がつかなかった魅力を感じた時間でした。
[PR]
パリも日がどんどんと長くなり今では、午後10時過ぎにやっと暗くなります。

そんな気持ちの良い季節に毎年行われるフレンチオープンテニス。
d0070113_291838.jpg
左上の得点ボードの後ろにうっすらとエッフェル塔が見える。ナダル選手のサーブ。

今日は、その男子シングルの決勝戦が行われ、スペインのラファエル・ナダル選手が優勝しました。

思わず私もチェンバロの練習の合間に気が付いたらTVの前に釘付け状態に・・・・(笑)

d0070113_210833.jpg
コート外側。人 人 人!

フレンチオープンは、パリの中心から20-30分のブローニュの森の一角にあるローラン・ギャロス(Roland Garros)という場所で行われています。

パリ、そして世界中からテニスファン、そして関係者達が集まるテニスの4大国際大会(グランドスラム)の1つです。

私も、先日日本テニス協会会長であり、植山けいチェンバロ友の会の理事メンバーにもなって頂いている盛田正明さんのお誘いのもと、準々決勝戦を見に行かせて頂きました。

盛田会長には東京のリサイタルにも毎回いらして頂き、博学で謙虚でありながら、ユーモアのある大変素晴らしい方です。盛田会長と日本テニス協会についてはこちらへ

d0070113_2103938.jpg
準々決勝 スペインMoya VS Nadal 2人は10歳の年の差で同じマジョルカ島出身。くじ引きで同じスペイン同士が当たってしまっていました。

世界一流選手のプレーを実際に目の当たりにすると、まず球の速さに驚いてしまいます。

また体力は勿論のこと精神力の強さや試合に向けるコンデイション作るなど、さぞかし大変なスポーツだと思いました。

盛田会長も日本のジュニア選手を10代からアメリカへ留学させてサポートしたり、世界のレベルの中で日本人をどの様に引き伸ばしていくかということを熱心にお考えになられているようです。

d0070113_2112922.jpg
ローラン・ギャロスの記念プレート。

音楽やバレエでも早ければ10代の吸収して伸びるのが最も多感な時期に海外に留学させてプロをめざす人たちが大勢います。

どの世界でもやはり世界のトップレベルに上り詰めるには大変な努力と練習と精神力、そして運が必要なんだと痛感しました。

スポーツは、その場でスコアで結果が出て行く。何とも過酷というかさばさばしているものだなあと思いました。

逆にその方が気持ちがスッキリしたり、切り替えられるのでしょうか。

d0070113_2161079.jpg

肉体の限界を超えたときに何が体を動かすか・・・・というのは、やはり精神力や日ごろのイメージトレーニングなどが重要だというお話を聞き、なるほど・・・・・と納得しました。

d0070113_2164246.gif音楽とは全く違う分野ですが、だからこそヒントを貰うこともありますね。
[PR]
d0070113_15593621.gif皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

d0070113_15581659.jpg


気ガ付いたら1ヶ月近くも更新せずに失礼しました。実はこの間、パリーアムステルダムー日本ーロンドンーパリと動いていたもので、時差などの関係からも筆不精になってしまいました。

d0070113_15591792.gifまた、少しずつアップしていきます。今日のパリは曇りで、ジャケットが必要なやや肌寒い天気です。
[PR]