d0070113_7554569.gif


音楽家にとって楽譜とは、唯一作曲家とのコンタクトができる大事な資料です。
d0070113_743389.jpg

(5月に演奏するジャン・フィリップ・・ラモーのコンセール(1741年出版、パリ)とソロのチェンバロ組曲(1728年出版、パリ)左側に書かれたフランス語の説明では王様への献呈の言葉が長々と書かれている。)

生きている作曲家であれば、分からないことがある時に何かしらの手段で聞くことは可能かもしれませんが、ほとんどの偉大な作曲家は既に違う時代に生きた人達です。

d0070113_1742642.jpg

子供の頃は、楽譜は*音符通りに間違わないで弾くもの*という認識が強かったですが、チェンバロを弾き始めてから、その音符の裏側に秘められている意味、作曲家の意図というものを読もうとする観点になりました。

そういった場合、ただ音符を見ても勿論分からないこともあります。

d0070113_7434722.jpg

例えば、時代背景や国の情勢、文化やどんな趣味が流行っていたか。
これは、音楽だけでなく絵画や建築、文学、ファッションなどからも当時のスタイルを知る手がかりがありますね。

そして、バロック時代の作曲家の多くはまだ王様や権威のある貴族に仕えていたので、出版できるということは本当に限られた*王様のお気に入り*の作曲家でなければ、許可が下りなかったようです。

古楽の演奏家は、できる限り作曲家の意図をくみ取ろうとするので、もし17世紀に出版された初版譜があればそれを実際に使って演奏したり、参考にします。

作曲家の手描きの楽譜があれば、一番作曲家の息吹を感じやすいですね。
筆跡や音符から性格もこの人は几帳面とかすごい汚くて読めない(!)とか分かりますし、時にはグチャグチャと書き直して、他にもどんなアイデアがあったかを伺い知ることができます。

d0070113_7441492.jpg

現代に出版されている楽譜と照らし合わせると全然違ったり、編集者の勝手な解釈で変更されていたりもするので、作曲家の思い描いていた世界を忠実に再現するのに、楽譜はとても大事な手がかりとなります。

古楽演奏者はよく*楽器の旅*をして世界中に残された素晴らしい名器の*音*を求めて色々な博物館やプライベートコレクションを見せてもらいに行ったりします。
楽譜もパリの国立図書館やヨーロッパ各地にはまだ、現代の出版社が出版していない埋れた作品が眠っていたりする為、機会がある時には図書館へ行って貴重な文献を見せてもらったりもします。

d0070113_746966.jpg

セバスチャン・ル・カミュの初版譜。1678年。(ヴェルサイユ宮殿の宮廷音楽家のこのファクシミリから素敵な曲を選んで10月に演奏します。)


始めは何となく複雑なことを勉強しなければと思っていましたが、こうしてヨーロッパに住むと作曲家の暮らした場所がすぐそこにあったりして、今まで本の中だけだと思っていた世界が現実と結びつき、本当にわくわくしてしまう楽しさがあります。

5月のコンサートで演奏するラモーも、パリのパトロン宅で1日に3回ものコンサートを毎日していたようです。
彼がオルガンを弾いていた教会が、実は私が去年に住んでいた場所の2本隣の道だったりして、改めて驚きました。

今度、ラモーにゆかりのある住所を訪ねてみようかと思います。


d0070113_7554569.gif

[PR]
d0070113_1964192.gif


みなさんは、朝起きると何をしますか?

私は、おいしい紅茶を飲むのが大好きです。
昔、家族で10年ほどイギリスに住んでいたせいか、みんな紅茶はとても好きで気がつくと何杯も飲んでいますね。

d0070113_1991280.gifイギリスのハロッズやフォーテゥナム&メイソン、ウィッターズのアール・グレーやダージリンパリのマリアージュのマルコ・ポーロ、ボレロ、アールグレー・インペリアル、エロス、カサブランカ、ヤナオンと色々お気に入りがありますが、季節や気分によって返るのも楽しいですね。

マリアージュ・フルールはパリと銀座にも支店があり、とても人気ですね。

d0070113_1931266.jpg

イギリスの紅茶はやはりアールグレーなどは味がしっかりしていておいしいですが、フランスの紅茶は色いろな香りを楽しめますね。やはり香水の国という感じがします。

今日はパリ一おいしい!!!と私が思うパン屋さん
メゾン・カイザーの大好きなUne Brioche chocolat blanc (ホワイトチョコレートのブリオッシュ)を朝食に!このパンがあると、何だか朝から嬉しくなってしまいます。
銀座や新宿、日本橋にお出かけの際にパリの味をお楽しみ頂けます。

小さなホワイトチョコレートがちりばめられ、温めるとトロ~っと溶けて
最高においしいです!

d0070113_644451.jpg

そして、お花屋さんでこんな5色のバラを思わず見つけてしまいました。何だか心が豊かになりますね。

d0070113_1964192.gif

[PR]
d0070113_6503817.gif



夜になると、アレクサンドル3世橋から見えるグラン・パレ(またの名をパレ・ドゥ・Tokyo)がきれいにライトアップされています。
d0070113_6562942.jpg


ここは、1900年に行われた世界万博の会場としてアールヌーボーの建築が取り入れられ、多くの素晴らしいアーティストが世界中から足を運んだそうです。

あのモネやゴッホ、アールヌーボーで有名なナンシー派のガレやドーム兄弟も多く出品された浮世絵を見て、西洋と違う遠近法を用いない手法に衝撃を受けたそうです。

アムステルダムのゴッホ美術館には、彼がオランダに居た頃の作品が多くありますが、日本の浮世絵を模写した絵が何枚かあります。しかし、漢字の部分はヨーロッパ人から見ると、”文字”というより、”デッサン”として捕らえるようで、読める漢字もあれば模様化しているものもあって、面白いです。

モネが描いた”ジャポニズム”という奥さんが着物を着た大作は、ボストン美術館に大事に保管されています。モネも数百枚という多くの浮世絵コレクションを持っていたようで、ジヴェルニーにある彼の家にはその一部が今も展示されています。


d0070113_648535.jpg

橋からはきれいなエッフェル塔が見えます。建築家のエッフェルさんが万博に合わせて建築したようですが、当初はパリの景色に全く会わないとパリジャンの間では非難轟々だったようです。今では、みんなが必ず写真を撮っていくパリを代表する建築になっているというのも、面白いですね。

時代の流れと共に価値観が変わりますが、パリにはまだ古き良き建物をきちんと残しているので、魅力的な町なのではないかと思います。


d0070113_6503817.gif

[PR]
d0070113_236541.gif


東京は暖冬のようですが、パリもクリスマスの頃に比べると随分暖かくなり、快晴が広がる日も多くなりました。

家の横になんと梅の花が満開なのを発見!ほのかな甘い香りを楽しみました。
d0070113_234375.jpg

セーヌ川沿いにある桜の花も小さなつぼみから少しずつ咲いています。

家にある可愛いミニバラも次々と可愛く咲きました。
d0070113_2351880.jpg


花があると何か生き生きとした気分になりますね。5月、10月のコンサートの準備を少しずつ進めています。

皆様もきっとあちこちで咲く、水仙、クロッカス、梅、パンジーなどのお花から春を感じているのではないでしょうか。

d0070113_236541.gif

[PR]
d0070113_8164324.gif


今日は、フランス人の才能豊かなチェンバリストのプライベートコンサートを聞きに、サン・ルイ島にあるサン・ルイ教会に行ってきました。

このコンサートは、陽気なイタリア人のチェンバロ製作者のチェンバロが4,5年越しで完成したので、お披露目コンサートとして先週急に決まったようでした。

鍵盤はもちろん、金具の1つ1つそして金箔などもあしらわれた装飾全てを、1人で製作して手塩に掛けた我が子のような楽器だそうです。

お知らせがあってすぐだったにも関らず、教会内の小さな石作りの部屋には溢れんばかりの人が聞きに来て、チェンバロ音楽ファンがこんなに多くいることに驚かされました。

d0070113_854678.jpg

サン・ルイ島の隣のシテ島にあるノートルダム寺院。パリ発祥の島で10世紀以上前からパリの中心として栄えていたようです。

d0070113_8164324.gif


ということで、今夜のメインはチェンバロなのですが、やはりその楽器の色々な音色や可能性を引き出すのは演奏家。

そういう意味で、今夜は新しいまだ生まれたばかりの楽器の持つ可能性を十分に楽しめました。

楽器が本当に鳴り始めるまで、数ヶ月毎日弾いて、何か不都合があれば調整して・・・気候にも慣らして・・・・・と時間がかかります。そして、弾く人によってどんどん鳴らなくなってしまったり、鳴り始めたり、楽器は正直に反応します。

そうです。生き物の様に木も呼吸し、楽器も呼吸しているのですね。

だから、普通は乾燥する冬は加湿器を部屋に置いて、一定の湿度を保たないと弦の張ってある響板(下の写真で絵の描かれている部分)はわずか2・3ミリの厚さである為、簡単にひびが入ってしまったりします。

それも、季節によって木が膨張したり収縮するからです。

その為、古い木を使えば使うほど乾燥して一定しているので、音も響きます。今日の楽器の製作者は、どこかの17世紀の建物が取り壊された時、すかさずそこへ行って貴重な古い木を集めたりするようです。

以前にアトリエへ訪れた際、日本のかんぬきでサッと木を削り、(日本の道具は素晴らしい!とコレクションがある)

*ほら!17世紀の香りがするでしょ!?*っていたずらっ子のような目をして言っていました。

厚い鉄板の入っているグランドピアノを弾いていた時には、こんなことは全く知らず、チェンバロの音や音楽に魅かれてバロック音楽を追求し始めましたが、チェンバロのこういったデリケートさを知ったときには、

*まるで赤ちゃんのよう!*とビックリしました。

後にピアノは弦を*ハンマー*で叩く構造に発展する為、軽く弾けば少し叩く=ピアノ(小さい音) 強く叩く=フォルテ(大きい音)というように、強弱が可能になりました。

もともとフォルテピアノと言われていたものが、今ピアノと言われてる由来です。

d0070113_81321.jpg
ショパンの時代のPleyel社アップライト型ピアノ。

d0070113_8164324.gif


そして、調律や弦の張替え、弦を弾く*爪*のような部分が壊れれば音は出ないので、チェンバリストはみんな自分で削ってその部分を付け替えたりします。

その爪を削るのはミリ単位の作業で私も未だに苦手なのですが・・・
d0070113_88352.jpg
チェンバロの音を出すジャックと言われる部分。鍵盤を弾くとこの木が上がり、その先に付いている*爪*のような部分が弦をはじく構造。

チェンバリストは演奏家でもありますが、楽器の様々なコンディションや詳細を知らないといけません。

ということで、予定では既にパリに到着して装飾を始めているはずの私の楽器も、
案の定(!?)予定よりも遅れて未だにドイツの製作者の所です。

まだ板の状態で寝ているのか・・・できている途中なのか・・・多いに謎ですが、製作者を信じて待つのみですね。


d0070113_8164324.gif

[PR]