昨日、パリにロンドン経由で帰ってきました。
東京の自宅からパリの自宅まで24時間!かかりました。不思議に、パリに着けば、何となく頭がリセットされ、こっちの雰囲気、言語に変わります。

ドラエモンのどこでもドアがあったら、どんなに良いだろうと思いますが。時差もないし!

朝起きると、どんよりとした灰色の空。でも、午後にはこの写真の様に、一応晴れ?!ました。パンテオンに続く坂道にて。
d0070113_4151175.jpg


ヨーロッパは今くらいの秋から、来年の春の日差しを再び受けるまでに、半年間の7割は曇りであろう・・・ということが予想されているので、少しでも晴れるとみんな、喜びます。
d0070113_4122568.jpg


今日は、バスティーユ広場の近くにある、古楽器の楽譜屋さんへ行ってきました。
その名も *La maison de la musique ancienne*と言う。 (ラ・メゾン・ドゥラ・ムズィーク・アンシアン)英語にすると、House of Early Musicとでもなるでしょうか。
直訳すると、古楽の家=古楽器屋さんとなります。

ここに行けば、ほとんどのチェンバロの楽譜、300年前の作曲家が書いた手稿譜のコピーなど、貴重な資料も見つけることができます。

どこからともなく、色々な楽器の古楽の音楽家が来て、熱心に楽譜を覗き込んでいる。

チェンバロの楽譜は、大抵ピアノの楽譜よりも高く、3000円ー1万円するが、重要な作曲家の楽譜を一通り揃えようとすると、10-20万はしてしまいます。でも、世界各地にある、国立図書館に大事に保管され、中々実際に手にとって見れない貴重な楽譜が家でそれを見て弾き、研究できる点を考えると、今の便利な時代に感謝ですね。

昔は、1枚1枚作曲家達の間で写譜して、そのプロセスの中で、誰かが知らずに間違えたり、抜けたり、ちょっと、自分風に装飾音を付け足してしまったりしていたようです。

そして、3通りの違う手稿譜が残っていると、一体どれが元の楽譜だったんだ?!と研究する分けです。

d0070113_4125170.jpg


帰りに、近くのSt-Ambroiseの広場にある教会の前を通り、バスでNation-Bastille-そしてSt-Louis島の脇を通り、セーヌの橋を越え、ノートルダム寺院の背を眺めながら、St-Germain大通りへと戻ってきました。

ローカルなバスに乗っても、知らない地区の眺めを見るのは、楽しいですね

帰りに素敵なお花屋さんが!こんな小さな発見が、嬉しくなります。ピンクの花は、ダリアの一種でしょうか!?
d0070113_4132477.jpg

[PR]
d0070113_35055.jpg
プロのカメラマン、田尾敏郎さんに撮って頂きました。

コンサートが終わり、約1週間が経ち、11月に弾かせていただくコンサートの打ち合わせや、この1年の活動内容などを企画中です。


白寿ホールのリサイタルを通して、私の中でも大きな変化があったように思います。

お越しいただいた多くの方がたが、楽しんで頂けた様で、また、癒されたとか、気持ちが良かったとおっしゃって下さる方も居て、私自身チェンバロの新たな可能性を感じました。

白寿ホールのような素晴らしいホールで、チェンバロらしいプログラムを演奏する今回のようなリサイタルは、チェンバリストとして、とても大事なので、毎年続けていきたいと思っています。

しかし、今回のリサイタルを終えて、30人くらいのサロン風の場所で、シャンパンにカナペ等をつまみながら、集まった方達とお話を楽しみ、チェンバロを身近に聴くのも良いのではないかなと思いました。

また、チャリティーコンサートを、どこかの企業と共同で行ったりするものいいのではないかと。

そうこう、考えているとあれこれとアイデアが出てきて、例えば、パリの素敵な写真に囲まれた部屋で、フランス音楽を聴くとか、音楽だけでなく、違う分野とコラボレートして、生まれる魅力もあるのではないかと。

そして、ヒーリングミュージックの様な、安らぎを感じれる空間になっても素敵ではないかと。

もともと、チェンバロは少数の貴族の間で演奏されたり、サロンなどの社交の場でも演奏されていたものなので、堅苦しく聞かなくても良いのではないかと。どこか、心のゆとりにつながっても良いのではないかと思います。

ということで、色々企画中です。
少しでも多くの方にチェンバロの色々な魅力を楽しんで頂きたいという思いから、

*植山 けい チェンバロ 友の会*という会を、発足することに致しました。


チェンバロがお好きな方、興味のある方、今回初めてお聞きになった方など誰でも入会でき、入会費は無料。そして、各コンサートを会員の方には割引をさせて頂き、季節ごとにパリからのプレゼントもお届けしたいと思っています。

まだまだ、日本ではあまり知られていない楽器ですが、これから積極的に、チェンバロの可能性を考えていきたいと思っています。また、今後の具体的な活動内容などは、10月頃にお知らせ致します。

多くの方に、気軽に聞きに来て頂けたら、とても嬉しいです。
[PR]
コンサートも終わり、おいしいお寿司を食べに行こうということで、築地へ行ってきました。

多くの、おすし屋さん、ウナギ屋さんがひしめくけれど、いつも行くのは、*寿司清*さんです。
店長の村田さんの握る、御寿司は、パリ一おいしいというお店よりも、断然においしいです!
d0070113_16111977.jpg


いつも、お任せで旬のものを頂きますが、しらすに生姜を載せたもの、いくらは、最高でした。

d0070113_1612373.jpg


一歩出れば、立派な蟹や魚介類も売っていて、歩くだけでも、楽しいですね。
d0070113_16123916.jpg


やはり、パリではパリのものを、そして東京では、東京ならではの食べ物を満喫するのが、一番ではないでしょうか。

ここには、可能な時は、成田空港から、スーツケースを車のトランクに入れたまま、直行して食べに行きます。今回は、コンサートの準備でなかなか、行けませんでしたが、無事に終えた後に、頂く味は、やはり最高でした。
[PR]
d0070113_10572744.jpg


気が付くと、9月18日のリサイタルまで、5日となりました。

帰国してから、時差の調整、練習、そしてコンサートのチケットの確認などの準備に追われています。

しかし、大変嬉しいことに、多くの方がコンサートに来ていただける様で、とても感謝しています。

また、朝日・読売新聞に載せた広告に対しても、150名近くの方々から応募がありました。

リサイタルを企画する際、常に新しい課題があり、それをどう超えるかというので精一杯ですが、多くの方のサポートにより、こうして実現できるというのは、とても深い意味があります。

また、チェンバロの音楽を一緒の空間で体験できるという機会を、ここ日本で持てることがとても貴重に思えます。

少しでも多くの方に、チェンバロの優しい音色を味わって頂けたらと願っています。

今日は、あいにくの雨ですが、気温や湿度の面では過ごしやすいです。
でも、ふと、プロヴァンスの自然が懐かしく思えました。

d0070113_10565981.jpg


d0070113_10574426.jpg

[PR]
d0070113_7401628.jpg
外は、いつも、いつもからっとした青空!!!!***

プロヴァンスには、18世紀初頭にフランス音楽のために作られた、とても有名なオルガンがあり、それを見に行き、また弾かせて貰う機会があった。

d0070113_7404124.jpg

オルガンは、鍵盤が4段ほどもあり、使うストッパーによって、色々な音色を楽しむことができ、鍵盤のタッチも、ストッパーの組み合わせによっては、かなり重くなり、音がパイプを伝わって、教会一杯に響くダイナミックさに、感激する。

昔から、祈りの時間と共に音楽が常に共存し、優れた教会オルガニストや、音楽監督がせっせと毎週のミサのために、作曲したお陰で、今も多くの名曲が残されている。
d0070113_741873.jpg


未だに、何回かの修復を経て、演奏され続けている、オルガンはヨーロッパ中に多い。それらは、1つ1つ違った音色、タッチ、魅力がある。
d0070113_7412825.jpg


古くからその楽器を演奏してきた音楽家、その音に耳を傾けていた村の人達のことを考えると、一体どれだけの人が、このオルガンを数百年の間に聴いてきたのだろうかと考えると、歴史の貴重さを感じる。

d0070113_74225.jpg

ちょうど、その日はちょうど、結婚式の準備の最中で、プロヴァンス地方の民族衣装を来た人たちも新郎新婦の後に入場し、地方ならではの暖かさを感じさせた。

余談だが、結婚式を結局、オルガンのある、上のバルコニーから見学していたのだが、新郎が、緊張し過ぎたのか、間違えて*あなたは、私の夫になってくれますか?*と新婦さんに言ってしまうという、ハプニングもあり、参列者の輪も動揺し、一緒に見ていた友達と、思わず、苦笑してしまった。

フランス語では、新郎の発音は、(エプー)そして、新婦は、女性名詞なので、最後にeが付き、(エプーズ)となるので、紛らわしいことも分かるのだが、それにしても、そんな間違いが実際に起きてしまうとは!!

d0070113_7441432.jpg
この教会の横にある、11世紀からの修道院の一部は、今ではホテルがあり、結婚式会場としても使われている。素敵な、回廊でのレストラン。
[PR]
先ほど、東京の自宅に戻りました。

今回は、パリーロンドンー東京 ということで、最近テロ騒ぎのあった、ヒースロー空港なだけに、セキュリティーは、結構厳しかったですね。パリと東京の家ー家は結局21時間くらいかかり、さすがに座り疲れました。

シャンプーや、クリーム、リップ、飲み物を含む、液体類は一切、機内持ち込み禁止のため、スーツケースに詰め忘れた人たちは、飛行機に乗る前に、捨てられていました。私も、慌てて飲み水を一気飲みしてしまいましたが。

昨日、パリは珍しく30度の最後の夏とも言える気候で、夜までセーヌ川沿いで楽しむ人たちが居ましたが、今日の東京は曇っているせいで、25度ということで、慣れるには丁度良いかと思います。

白寿ホールのコンサートまであと10日!気を抜かないで、最後の準備をしたいと思います。少しでも多くの方にチェンバロを楽しんで頂けたらと思います。
[PR]
d0070113_6231157.jpg
澄み切った青空の中みんなでドライブ!

10日間、南仏で、朝から晩まで、寝ても覚めても、チェンバロを弾いているか、聞いているか、リハーサルをし、その合間には図書館で珍しい、作曲家の自筆譜や、初版譜をあさるという日々を過ごしていた。

最後の2日間は、2つコンサートで演奏することになっており、ソロ曲のほかに、バッハの2台の為のコンチェルト(とっても良い曲だけど、一番難しいC-dur:最終楽章はフーガ!)を、とても上手なポーランド人のチェンバリストと弾くことになっていた。

d0070113_6243568.jpg

この期間に1日、気分転換のOff Dayがあり、湖で泳いだのは、最高だった。

始め、湖・・・・
海でなくて、湖・・・で泳ぐ?!

とあまり実感がなかったが、くねくねと曲がるプロヴァンスの田舎道を1時間ほど、ドライブし、ある時、視界にエメラルド・グリーンの湖が!!

え!!!

d0070113_6341090.jpg

予想以上に大きく、また水の透明度が素晴らしい。
通り過ぎた橋の下には、大自然の中、人々がカヤックやボートに乗っている。

うわーーーーーーーーーー!
あれ、やりたい!

d0070113_6361221.jpg
ブリジル人のジュアンとポーランド人のゴーシャも必死に漕ぐ!

ということで、その後、初カヤック体験をしたが、一緒に乗ったのは、チェンバロも、まるでオートバイに乗っているような、凄いスピードで突っ走って弾く、ロシア人の女の子!

右、左、右、左! 左! 左! と、彼女は勝手に言いながら、取りあえず、それに合わせて後ろで私は漕いでいたが、なかなか面白かった。

d0070113_6263145.jpg

その他にも、足漕ぎペダルボートがあり、みんな犬まで乗せて、なんともバカンス気分。
おーーーーーー。

フランス人がバカンスをなぜ田舎で過ごすのか、多いに、田舎の魅力を感じた日であった。

夏のパリは、パリジャンが居なくて、がらがらになる。
しかし、それ以上(?)の観光客が世界中から来るので、観光名所は、凄い人でごった返し、何カ国もの違う言語が聞こえてくる。

フランス人の友達が面白いことを言っていた。

フランス人は、普段はけちだけど、みんなバカンスの為に働いている。
だからバカンスでは、贅沢して、旅行をし、多いに食べ、飲み、最高に楽しむそうである。


なるほど、ラテンの生き方

しかし、今回の経験を通じて、私も知らない間に、今度は南仏の小さな町を転々と、車でドライブして回る旅なんてどうだろう?!などと、既に次のバカンスのことを思い描いてしまう・・・・・

d0070113_6323446.jpg

[PR]
プロヴァンス地方のVillecroze(ヴィルクローズ)という村に10日間滞在したのだが、その周りは、見渡す限りのオリーブ園や、ワインのぶどう園が広がっている。

d0070113_04452.jpg

イチジクの木には、大きな、食べ頃のイチジクが成り、デザートやジャムとして、おいしく食べることができる。

日曜日は、唯一のDay Offということで、Villecrozeから車で1時間ほど行った、ムスティエ(Moustiers)という町へ寄った。
d0070113_052212.jpg


素晴らしい山の景色の中、自然の滝や田園が広がり、沢山の可愛い、陶器屋さんがある。
そのお店の赴きも、フランスの田舎の良さを感じさせ、お店それぞれ、少しずつ描かれているモチーフが違う。
d0070113_054346.jpg


食器のほかにも、石鹸入れや、鏡の周りにモチーフが描かれたものなど、家全てのインテリアを統一できるほどの種類と、あまりにきれいで、迷いに迷った。

私は、数軒見た後に、一番繊細できれいな、お花の絵が描かれている、絵皿を時計にしたものを東京の実家用に買った。お店の人に聞いたら、どうやら18世紀のルイ14世の頃から使っているモチーフだという。

その隣にあった、ブルーのモチーフの時計は、もう少しシンプルな、17世紀のモチーフだという。

また、いつかプロヴァンスにくる時には、この小さな可愛い町を訪れたいと思う。
d0070113_073787.jpg

[PR]
d0070113_339529.jpg

TGV(高速電車)で4時間半乗り、10日ぶりにプロヴァンス地方からパリへ帰ってきた。

この旅での経験は、私とチェンバロとの関りの中で、かけがえのない貴重な体験となった。

まず、第一にフランスのチェンバロ界における、巨匠的存在のユゲット・ドレイフュスと、毎日、朝から晩までチェンバロについて、一緒に追求する時間を持てたこと。
d0070113_3402754.jpg
1776年のHemsh(ヘムシュ)フランス製チェンバロを弾く、ユゲット・ドレイフュス)

そして、第2にフランスの文化的に貴重な宝とも言える、230年前に作られたオリジナルのチェンバロで自由に練習し、演奏し、コンサートをできたということ。

オリジナル(アンティーク)のチェンバロというのは、勿論とても珍しく、多くはヨーロッパ、アメリカ中の美術館に保管されているか、個人のコレクターまたは、演奏家が所有している。
手に入れたくても、発見されている多くのチェンバロは既に美術館が買い取っていたり、まず、売りに出ているオリジナルのチェンバロは、本当に稀であるし、値段が付けられないほどの価値である。

チェンバロは全て、木材を主な素材として作られている為、数百年経った、木は湿気や直射日光によって、膨張したり収縮する為、良い状態で保管することがとても重要である。

また、演奏し続ければ、勿論、壊れ始めたり、修理が必要な箇所が出てくる。その為、普通は特別に弾かせてもらえても、自分の好きな時に立ち寄って、何時間も弾けることは、とても珍しい。

多くの、古楽演奏者は、オリジナルの楽器の持つ、17世紀、18世紀の記憶が宿った本物の*音*を一音聞こうと、楽器めぐりの旅をするのも珍しくない。

d0070113_3435950.jpg


なぜなら、その当時の人々そして作曲家が聞いていた*音*に一番近い可能性があるからだ。まさに*百聞は一見にしかず=百聞は一聴にしかず*とでも言うか・・・

今回は、チェンバロを初めて多くの楽器を見てきたが、こんなにゆっくりと、何日も、朝、目を覚ませば、朝食の前にオリジナルの楽器で、ちょっと弾いてみるという、考えられない贅沢な環境で、みっちりと音楽と向き合うことがてきた。

ユゲットの他にも5カ国から、人間性、音楽性ともに、とても素晴らしいチェンバリストが招かれ、衣食住を共にし、文字と通り朝から晩まで*チェンバロ三昧*の日々を過ごした。

d0070113_3424550.jpg

最後の2日は、バッハの2台のためのコンチェルトをオリジナルのチェンバロで演奏し、次の日は、ソロのチェンバロ曲を12世紀のチャペルで演奏した。

コンサート終了後に外へ出ると、天の川が見えるほどの、満天の星空のもと、プロヴァンスの大自然と太陽を体一杯に吸収して、本当に素晴らしい時を過ごすことができた。

d0070113_343982.jpg

[PR]