ショパンのピアノ 2/Le piano de Chopin 2

d0070113_14425925.gif


ショパンが愛していたプレイエル社のピアノはとてもまろやかな音色で、今もフランスのあちこちには1800年代のピアノが沢山あります。

d0070113_14135598.jpg

Chopinが住んでいた 9 Place d`orleansの邸宅内。左にプレイエル社のピアノがある。

状態が良いピアノはそのまま弾けますが、ほとんどのピアノは響板にひびが入ったり、タッチが揃っていなかったり、修復が必要な場合が多いです。

d0070113_14151737.jpg
ショパンのピアノ

そして、今でもそれらのピアノを愛して当時の音を蘇らせようと熱心な修復家と演奏家が居ます。

d0070113_1420031.jpg
1841年プレエル社グランドピアノの足の部分!ショパンのピアノの写真に写っているモデルと極めて似ている。

先日伺った制作家のアトリエは行くたびに違う楽器があり、とても面白いです。この足も美しい~~!と言って修復するのを楽しんでいる様子。
d0070113_14283839.jpg


でも、修復途中のピアニーノはこんな状態でした!
これは、ピアノの中身を修復して外側の板を膠(にかわ)で貼り付けている所。まるで、人間の手術状態ですね!でも、この後に綺麗な姿になり美しい音を響かせてくれるでしょう。


d0070113_14171925.jpg
1829年プレイエル社のピアノ。勿論、これは修復が必要な状態でまだ横に寝かされています!なぜか、ベートーベンの写真がありました。

d0070113_1418463.jpg
1834年プレイエル社ピアニーノのプレート

d0070113_14184176.jpg
1837年ブレイエル社ピアニーノのプレート

数年違うだけで、どんどんピアノの材質やモデルと共に音色も変化していっているのを体験するのは面白いです。

d0070113_14412634.jpg
プレイエル社のピアノカタログをまとめた本

ショパンとプレイエル社の創始者プレイエル氏は仲が良かったようで、一緒にイギリス旅行をしたりしていますが、楽器の新しいモデルをショパンが演奏して多くの人に知ってもらう宣伝の役割も果たしていたのではないでしょうか。
d0070113_14211859.jpg
時代と共に移り変わるピアノのモデルと当時の値段が書いてある、興味深い本。

ショパンと同時代にパリに居たリストは、もう1つの有名なフランスのピアノメーカーエラール社と提携して同じくロンドンでコンサートをしたりしましたが、彼はピアノを叩き過ぎて壊れてしまうため、舞台の裏側にはもう1台のピアノが用意されていたというエピソードがあります。

このエラール社のピアノはラベルやドビュッシーが好んだものとしても知られています。


d0070113_14425925.gif

[PR]
by kcembalo | 2007-04-24 14:41