ピアノ・チェンバロ教室開校のお知らせ/Kay Music Academy

d0070113_0501274.jpg

皆様こんにちは。

この1カ月ほど、デザイナーさんと色々な角度から、どんな音楽教室をしていきたいか・・・などコンセプトを話し合い、Kay Music AcademyのWebサイトが完成致しました。

東京・久我山と恵比寿の二か所でピアノ&チェンバロレッスンを致します。

d0070113_10181157.jpg
ブリュッセル王立楽器博物館所蔵1840年のプレイエル(ショパンが持っていたピアノとほぼ同じモデルです)

音楽教室のサイトはこちらからご覧頂けます。

http://www.kayueyama-ma.com/

こちらよりどうぞ。

ただ今、9月までにご入会頂いた方にはご入会金が無料になっております。

d0070113_0501274.jpg


今まで私が東京ーボストンーアムステルダムーパリでので教えたきたレッスン経験を生かして、楽しくピアノとチェンバロに親しんで頂きたいと思っています。

お子様~大人の方まで色々なコースをご用意させて頂きました。
なかなか、チェンバロに触れる機会も少ないと思いますが、フランスでは9歳から近所のコンセルヴァトワール(音楽院)で気軽にピアノと同様にチェンバロも学べる環境です。

その為、私の年代のチェンバリストがパリでは、色々な活動して多くのコンサートが開かれています。
そんな風に、日本でもピアノと同様にチェンバロに興味を持ってもらえたら・・・と思っております。

また、英語&フランス語を組み合わせて習いたい方には、アメリカやフランス、また日本で独自に開発されたラップの音楽に乗って英語を覚えたりしながら語学も音楽と同じ【耳】からトレーニングをします。

d0070113_10164776.jpg


私自身、語学が昔から好きで興味を持っていますが、3歳の時にイギリスから帰国をした私は1から英語を勉強しなければなりませんでしたが、7歳で帰国した兄は、英語のシャワーを4年多く受けていたので、帰国してもみんなで映画を見る時は英語のままで見るという様に、自然にバイリンガルになっていました。

その為、語学もピアノと同様にできるだけ早いうちに【音】として体に入ると、それは一生の宝ではないかと思います。

外国へ行くと、何かを伝えたい時に語学力がなければ、不自由に感じます。
今まで、5か国に住み、いかに語学が大切か、そして音楽を通じて世界中の人と心を開いて交流できる素晴らしさを体験してきました。

d0070113_101517.jpg
パリ・サルプレイエルで、オーケストラ・レ。シエクルのメンバーとして3000人の親子の為のコンサートなどで、チェンバロを分かりやすく説明&演奏

そんな観点から、日本にいながら外国へ行ったときにも通用するような広い視点、そして音楽を通して自分を表現すること、それをみんなと共感する喜びを感じて頂ける場になったらと思っております。

ピアノ&チェンバロレッスンにご興味のある方は、お気軽にこのブログのコメント欄(承認制ですので、非公開に致しますので、ご安心下さい)か以下のメールアドレスにご連絡下さい。

ueyama@kay-ma.com

d0070113_10223982.jpg

何だかウキウキするような・・・そんな発見や楽しみに溢れた場になったら良いなと思っております。
そして、それは私だけでなく、いらっしゃる皆さんと一緒に作り上げていく雰囲気だと思います。

d0070113_0501274.jpg

[PR]