チェンバロフェステイバル in Tokyo/Cembalo Festival

皆様こんにちは。パリはすっかり秋模様で風も随分寒くなってきました。

さて、本日と明日、東京・上野学園にて第1回チェンバロ・フェステイバルがあります。
チェンバロ好きな方、お時間のある方、是非お越し下さい。

日本を代表するチェンバリストの曽根麻矢子さんが企画し、日本の名だたるチェンバリストが11人も出演するまさに東京では初めての企画です。明日は何とチェンバロ10台により合奏もあるということで、凄いですね。10台のチェンバロの響きは聞いたことがないですが、楽しみですね。

以下詳細になります。

第1回チェンバロ・フェスティバルin東京≪第1日目≫
.【日程】 2011年10月22日(土)    ※10月23日(日)にも公演があります
【会場】 上野学園 石橋メモリアルホール
【入場料/発売日】 <10/22セット券> ¥10,000 ※コンサート1~5の5公演セット券 ※限定100セット
             <単独券> コンサート1、3、5 ¥2,000
                     コンサート2、4   ¥3,000


             セット券、単独券ともに 7/2(土)10:00~ 一斉発売
         イープラス会員限定先行受付: 6/24(金)12:00~6/28(火)18:00


【プログラム】  
コンサート1 (13:00~13:40) 曽根麻矢子   
        デュフリ:メデー  
        デュフリ:ラ・ドゥ・ヴォカンソン(クラヴサン曲集第3巻より)
        J.S.バッハ:フランス組曲第5番 ト長調 BWV816   ほか


コンサート2 (14:15~14:55) 有田正広&有田千代子
        F.クープラン:クラヴサン曲集第2巻 第9オルドル より
        J.S.バッハ:フルートとチェンバロのためのソナタ ロ短調 BWV1030  ほか


コンサート3 (15:30~16:10) 中野振一郎
        A.フォルクレ:組曲第5番 ハ短調 より ラモー/シルヴァ/ジュピター ほか


コンサート4 (16:45~17:25) 村治佳織&曽根麻矢子
        ― チェンバロ ~Out of the Baroque! ―
        ロドリーゴ:ある貴紳のための幻想曲  ほか


コンサート5 (18:00~18:40) 渡邊順生
        J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988


※開場は各コンサート開始の20分前となります。

【無料イベント】 会場/エオリアンホール
          ※無料イベントのへのご入場は、開催日の有料公演のチケットをお持ちの方に限らせていただきます。
13:00~14:00 チェンバロを弾こう、触ろう!体験コーナー
14:00~15:00 子供のためのチェンバロ教室
15:30~16:30 レクチャー・コンサート:桒形亜樹子
          『不自由な即興』ルイ・クープラン、ノン・ムジュレ前奏曲への一考察 ※ノン・ムジュレ=拍子のない前奏曲
17:00~19:00 大人のためのマスタークラス(講師:武久源造/曽根麻矢子)

【ゲスト・プレーヤー】  有田正広(フルート)、村治佳織(ギター)
【ゲスト・チェンバリスト】 有田千代子、小林道夫、加久間朋子、桒形亜樹子、武久源造、戸崎廣乃、中野振一郎、長久真実子、水永牧子、渡邊順生

【賛同人】植山けい、大塚直哉、芝崎久美子、鈴木雅明、副島恭子、西山まりえ、クリストフ・ルセ
【芸術監督】  曽根麻矢子 (上野学園大学教授)
【名誉芸術監修】 船山信子 (上野学園石橋メモリアルホール館長)

【主催】 チェンバロ・フェスティバル in 東京 実行委員会、上野学園 石橋メモリアルホール

【実行委員会構成団体】
上野学園 石橋メモリアルホール、株式会社AMATI、モモセハープシコード株式会社、株式会社ギタルラ社 東京古典楽器センター、久保田チェンバロ工房、国際古楽コンクール<山梨>実行委員会、古楽研究会 Origo et Practica
[PR]