フィレンツェ サンタ・マリア・ノベラ薬局/Santa Maria Novella Officina Prafumo Farmaceutica

フィレンツェに着いて翌日朝11時のTorino行き電車前に街をお散歩へ行くことに。

d0070113_19284296.jpg
駅から徒歩3分サンタ・マリア・ノヴェラ教会前の広場

念の為、先に駅へ行って切符を買いに行き、自動販売機で買おうとすると買えない。何か問題があるらしい。切符売り場の窓口は長蛇の列。
日本ほどすっきりと早く列が進む国はないと思います。フランスもイタリアもシステムが頭悪いのか?長蛇に対して開いている窓口は2,3個でひたすら待つ!

待つこと20分、やっとおじさんと話すとローマで火事があってローマーミラノ間の電車は遅れているか、キャンセルで、切符も買えないので直接電車に乗って、乗れたら車掌さんに支払ってと。

出た!イタリア!!が~ん。
時刻表を見ると確かに、ミラノ行き、トリノ行き、ローマ行きなど30-50分遅れている。
本当はこういう混乱の日はフランスのストライキの日もそうだけれど移動しない方が良い。嫌な思いもしないし、日を改める方が良い。けれど、どうしても移動しておかないといけない場合は、そんな混乱の中でも早めに出るにこしたことがない。

d0070113_19295186.jpg
てんこ盛りのジェラ―ト。やっぱり美味しいです!

良く見ると、乗る予定の11時発の前の10時発が1時間遅れている=11時頃出発。それならば、それに乗ろうと気を取り直して2時間散歩に出かける。

d0070113_19304297.jpg
サンタ・マリア・ノベラ薬局入口。
トスカーナの村で会ったフィンランド人の子がシエナで5,6個買い為していた素晴らしいから是非フィレンツェへ行ったら寄ってみて!と勧められたサンタ・マリア・ノベラ薬局へ行ってみることに。

ここは、何と1221年にドメニコ派修道士たちによって自分の耕す畑で薬草を栽培し、修道院の医務室で使う為の薬、香油、軟膏などの調合を始めました。

d0070113_19423285.jpg

”1612年”を記念した香水もありました
1612年に一般向け薬局として開店し、トスカーナ対抗から王家御用達製造所として名誉ある称号を貰い、王妃カタリ―ナ・ディ・メディチがフランス王室への嫁入り道具として特別に調合された(Agua della Regina:王妃の水)はフランスで大々的に広められ評価されたということです。

d0070113_1932317.jpg
色々な香水が楽しめます

フィレンツェの本店には何と常時日本人の店員さんも居るというほど、今は三越などデパートでも売っている様で”何もしなくても飛ぶように売れる”とその方がおっしゃっていました。
韓国の有名な女優さんもこの化粧品を使って、宣伝していることから、韓国人の方もまとめ買いしていました。

d0070113_19324673.jpg
トスカーナの丘で栽培、テラコッタへ入れて作るポプラ売り場。昔ながらの建築も素敵ですね。

私は、できるだけ100%ナチュラルなBio(オーガニック)化粧品やオーガニック野菜などできるだけ自然の物にしているので、日本人の店員さんに聞いてみると、思いっきり保存剤やパラペンが入っているということ。多くのお客さんからもナチュラルなのかと聞かれて要望が多いようですが、まだ自然ではないということです。

d0070113_19335136.jpg

ということで、まとめ買いはしないにしても何か記念にと思ってローズウォーターを買いました。店
頭で試してとても良い香りでした。パリでも100%ナチュラルで紅茶などに入れて飲んでも良いほど純度の高いローズウォーターを売っているお店がマレ地区に(Santeur de fee・妖精の香り)あるので、そこへ行きますがサンタ・マリアのはまた違う香りで確かに幸せになるような香り。

d0070113_19343631.jpg

可笑しかったのは、店頭の日本人の方も”実はここで働いていても私はミラノの100%ナチュラル店から取り寄せて使っているんです。そのパリのお店も教えて下さい”なんて言ってました。

d0070113_19345014.jpg
昔の製品も博物館の様に綺麗に展示されています私はイタリア語を聞いていて、話せたらいいな~。フィレンツェは素敵だな~なんて思っていたら、その店員さんは2,3年前に初めてパリに行って何て魅力的な街!と思ったそうです。

d0070113_19353368.jpg

ということで、みんなない物ねだりですね。

d0070113_19355071.jpg
ハーブの香水など昔の作り方、道具なども展示されています。

d0070113_19364415.jpg

驚いたのは素晴らしいフレスコ画のある部屋がハーブ図鑑など読めるお部屋になっています。

d0070113_1937424.jpg


その後、偶然ダヴィデ像のあるPiazza Sigonoriaのすぐ横にあるVia Vacchereccia 9にイタリア人のお医者さんが開発した100%ナチュラルの保存剤、パラペンなど一切入っていない日焼け止めやクリーム、化粧品を売っているお店があったので入ってみると良さそう。

どうやら病院で2年間使った実績もあるということで、フェイスクリームやリップを買ってみました。ホテルへ帰ってサンタ・マリアのローズウォーターとこのDott.g/ di Massimoのクリームを使ったらとても優しく良いです。


サンタ・マリアのローズウォーターは、店員さんも言っていましたがあまり保湿効果はなく、どちらかというと香りを楽しむという感じで香水が苦手な日本人にはほんのりした香りで人気なのではないでしょうか。イタリアでは9ユーロ(1200円位)でしたが、日本では4000-5000円くらいはするのではないでしょうか?どうりで皆さん衝動買いなさるみたいです。

サンタ・マリア・ノヴェラ薬局 Via Della Scalla,16 Firenze
(駅から徒歩5分。サンタ・マリア・ノヴェラ教会前の広場からすぐスカラ通りが出ているので右へ曲がり右手にあります)

100%ナチュラル・オーガニック化粧品 ドクターMassimoのお店
Via Vacchereccia 9,50122 Firenze Tel:055 239 60 55

[PR]