モーベールのマルシェ/Le marche de Maubert Munualite

皆さまこんにちは。
パリは先週39度!という記録的な猛暑になりましたが、その後少し落ち着き普通の暑さになっています。毎日青空が見れるというのはパリの1年のお天気を通してみても“夏”だからこそという感じです。

d0070113_17345579.jpg
Blouvard St-Germain

10月―4月の半年は、ず~っと日本の梅雨前の様などんよりとした曇り続きで本当に気がめいってしまいます。体内で必要なビタミンを作るのに必要な日照時間が無い為、ヨーロッパ人の多くの人が滅入ってうつになってしまうそうです。

その点、日本の冬は本当に平和にぽかぽかと晴れていていいですね。

さて、昔住んでいたノートルダム寺院の近くにあるモーベール・ミュテュアリテのマルシェ(青空市場)へ行ってきました。

d0070113_17351090.jpg
いつも角のお花屋さんには季節のお花が沢山あって見ているだけでも心がウキウキします。

d0070113_17393953.jpg
Bretagne地方からのお塩直送!Feleur de Sel(お塩の花)という海辺の一番上層部分に残る高品質のお塩は、卓上のお塩としてお料理に最後の【一振り】するだけで、とっても美味しくなるフランスの秘密の調味料。お土産としても日本でとても喜ばれます。

d0070113_17355828.jpg
これは自家製ファアグラを作っている方から直営で買えるお店。フォアグラに良く合うちょっと甘い【いちじくのジャム】や甘いSauterne,Mont Basiliaqueなどもお手軽なお値段で売っています。

d0070113_1739342.jpg

フランスでは年末、特にクリスマスの家族でのデイナーにフォアグラは欠かせない為、このお店の周りは人だかりになります。

d0070113_17413216.jpg
色々な種類のSaucisson.(ソーセージ)日本ではとても貴重なフランスのソーセージは一皿でも高いですし、日本に居るとあえて食べませんが、久しぶりに大量に見て、しかも4ユーロとかの安さにびっくり!フランスでは、お豆腐や油揚げ?みたいな感覚で常に卓上にワインとあるものなのではないでしょうか。

d0070113_1743246.jpg
勿論、色々なChevre(やぎのチーズ)などもフランスではとても好まれます。種類の豊富さにいつもビックリ!

d0070113_17441427.jpg
このモーベールのメトロ駅を出たすぐ右手に常設のチーズ屋さんがあります。そこれ何年も働いている夕子さん。
いつもこの近くを通るたびにお店に寄ります。今は、可愛い息子さんをご出産して育児と大好きなチーズ屋さんで働いていらっしゃいます。

d0070113_17462946.jpg

多くのフランス人のお客さんに色々なチーズの説明をして、すっかりお馴染みの夕子さんです。日本へ持ち帰る時にはチーズを真空パックにもしてくれるので便利です。

d0070113_17464645.jpg
まるでケーキの様な・・・チーズです!

d0070113_17471288.jpg
左側の黒いチーズは黒ビールのチーズなんですって!どんな味なんでしょうか?そしてどのワインがお薦め?なんでしょうか?

なんて。きりがありませんね。

見るだけでこんなに楽しいなんて!
それでも、私はこの4日間家では野菜スープ&フルーツジュース(レモン、しょうが、オレンジ、バナナ、りんご、人参を好みで好きなだけ入れる)を飲んですっかりデトックスをしました。
人間食べ過ぎよりも、内臓に負担のかからない適度な量で、体内の流れが良い方がすっきりと心地良いみたいです。

朝、軽いストレッチも始め、いい加減運動不足なのでどうにかせねば!と気長に続けばいいなと思っています。

そして、勿論フランス語、チェンバロの色々な新曲を見て、今までの12年の海外留学生活も少しずつ書いてまとめようかと思っています。

パリでの時間の流れ方というのは、本当に自分の好きなことを好きなだけ出来ると言う感じでとても貴重です。

なぜか東京に居ると忙しさに追われている様な感じがしますが、どこに居ても自分のテンポで生きれたら幸せですね。

と言っても、東京ではすっかり農民になっていたので同じ様に好きに生きていましたね。存分に土いじりをして癒されました!
[PR]
by kcembalo | 2011-07-03 17:50 | パリ/Paris