ヴェルサイユ宮殿・ロイヤルチャペルのオルガン

d0070113_9324921.jpg
ル・ノートルの建設した巨大な運河が見渡す限り続く庭園。

d0070113_9333593.jpg
にわか雨でびっしょり

d0070113_9341136.jpg
その後の2重の虹

d0070113_9344468.jpg


d0070113_9351244.jpg


d0070113_9353034.jpg


d0070113_9143136.jpg

1682年、フランス王ルイ14世(1638年 - 1715年 在位1643年 - 1715年)が建てたヴェルサイユ宮殿のロイヤルチャペル(1699年-1710年建設 La chapelle Royale)は、マリーアントワネットとルイ15世の結婚式や代々ルイ王朝の戴冠式なども行われた歴史のある場所です。

d0070113_915113.jpg

チェンバロを見た後にちょうどロイヤルチャペルでバッハのカンタータのコンサート中だったので、聞きに行きました。

d0070113_915547.jpg

見上げると素晴らしい天井のフレスコ画に圧巻!

d0070113_9161328.jpg
絶対王政のルイ王朝の権力はすごいですね。

d0070113_917786.jpg


d0070113_9172652.jpg


d0070113_917565.jpg
足元を見ると大理石でルイ王朝の象徴であるユリの紋章があります。

d0070113_9184620.jpg
ここに、黄金に輝くオルガンがあり数年前に修復され今もコンサートで使用されています。

d0070113_9195248.jpg

偶然、オルガンを修復した方とチェンバロ修復家のアラン・アンセルムさんがいらしたので、特別にオルガンを見せて頂きました。
螺旋階段をぐるぐると上り、オルガンのあるバルコニーの階へ。全ての床、天井、窓がシンメトリーに計算され大理石や金箔、ステンドグラスで装飾されています。

d0070113_9203555.jpg


d0070113_9205812.jpg
奥に進むとオルガンがありました

d0070113_9212145.jpg
見上げると天使が・・・

d0070113_9214834.jpg
オルガンの横の部分の装飾

d0070113_9231283.jpg
鍵盤は小さめでタッチも軽く弾きやすかったです。

d0070113_9233750.jpg
それにしてもすごい装飾

d0070113_924588.jpg
手動で弾きたい音の組合せのストッパーを引きます。

d0070113_9243942.jpg


d0070113_925161.jpg
バルコニーからの眺め。圧巻!ルイ14世、15世、また宮廷音楽家であったリュリやクープラン、ダングルベールもきっとここに立ったであろう・・・と考えると身震いしますね。300年前はまさか外国人がこんなに自由に世界中から観光スポットとして来る場所になるとは、誰も考えていなかったのではないでしょうか。

王のお許しのない凡人の私なんかまず宮廷内に普通は入れないでしょうし。時代の変化ですね。

d0070113_9271360.jpg
オルガンのドア

d0070113_9275441.jpg
もう夕暮れでした。今、宮殿の中庭の建物に全部金箔を塗り直し、屋根まで金きら金!ですが、フランス人からするど、デイズニーランドじゃないんだから・・・とちょっと残念そうでした。アメリカ人や日本人はゴージャス!と喜ぶらしいです。
ヨーロッパ人は古い物に慣れているので新しすぎると抵抗感があるようです。

d0070113_9364716.jpg

しかし、今修復・増設中の柵は歴史的に見てもヴェルサイユで実際に300年前にあった姿ではないそうなので、なぜ余計に増設するのか・・という意見もあるようですが、現場監督の人には全ての建設料の11%が手数料で入る為、どんどん増設工事を進めているのでは?とヴェルサイユ宮殿関係者が言っていましたが・・・ちょっと残念ですね。
[PR]