パリで一番おいしいお寿司屋さん!/La meilleur resto de Sushi a Paris!

今日は、全然予定していなかったのですが突然お寿司が食べたい!と帰り道に思い、前から゛おいしいですよ!”と生徒さんにお勧めをされていたお寿司屋さんに行ってきました。

皆さんもあると思いますが、今日はラーメン!今日は豚カツ!みたいに急に食べたくなる物ってありますね。
でも、お寿司はやはり日本の築地には敵わないでしょ・・・と数年前から日本並においしいお寿司をパリで食べるのはあきらめていたのですが。前に、日本人の板前さんの握っているマドリッドのお寿司屋さんが築地を超える!と思うくらいおいしかったですが。内陸なのに新鮮なマグロが沢山市場に入るそうです。今では日本にも多く輸出されているんだそうです。知りませんでした。

d0070113_8154511.jpg

意外や意外!今日のお寿司は本当においしかったです。
初めて゛大トロのあぶり”なんてゴージャスなものを食べてしまい、お口の中でとろけて何とも言えず幸せな気分になってしまいました。

最近パリ郊外の音楽学校で教え始めたのですが、朝7時半起床で9時半のレッスンから夜7時までずっとちびっ子や大人にピアノを教えています。お昼休みはなんとフランスらしく、お休みがただでさえ多い+間違って違う生徒も入ってた為時間割に穴がぽっかり空いて2時間ほど休憩があるのでありがたいのですが。

初心者の子供達も居るので、基本の基本をフランス語の知っている単語で四苦八苦して説明するのですが、これが結構疲れる。日常使う程度ならどうにかなる為、10年前に日本で勉強した時が一番読み書きができたと思いますが、それから下り坂のまま。そして、まあ生活できるから・・・という感じで復習をしないまま10年が経ち・・・要するに適当な分けです。

d0070113_821154.jpg

その為、初日は果たして私のフランス語で大丈夫なのか・・・どんな生徒さんなのか???など不安もありましたが、今日はみんな宿題もやってきてくれて、それなりに楽しくコミュニケーションを取りながら本当に少しずつですが上達している姿を見るのは嬉しいですね。高級住宅地のエリアなので、ちびっこなのにみんなとっても可愛い洋服や靴でコーデイネートされたお人形みたいな子も居て親の配慮が伝わるのですが、練習度も親の配慮が良く分かりますね。(苦笑)日本よりも遥かに親の教育の熱意は低い気がしいますが。良く言えば放任主義。悪く言えば、全然上達しない!

ということで、前置きが長くなりましたが永い日の後で、パリに居るのに *お寿司食べたい~~!*という心境になったわけです。
やはり元気を付けたい時は、ご飯!

d0070113_8203448.jpg

そして、今日はまさに食べるごとに体の疲れや緊張がゆるむのが分かり、体が喜んでいる!と言ったら変な表現ですが、本当においしかったわけです。

お寿司の説明に力説してしまってすみません。本当は9月のコンサートの話でも書こうかと思ったのですが、やはり食欲の秋なのでしょうか・・・何だか食に走っている気がします・・・気を付けなきゃ。忘れた頃にどど~~んとくるんですよね!余計な肉が!

ということで、気軽に行ける本当においしいお寿司屋さんを見つけてとってもハッピーな1日でした。
こうしてみると、かなり私は単純ですね。

11月にパリに来る知人も日本食が恋しくなったらお連れしようと思います。

喜楽亭
38, rue Pernety 75014 Paris
Metro: 13 Pernety

Reservation: 01-45-42-33-15
営業時間:12:30-13:30, 19:30-22:30
定休:日曜日、月曜日昼の部

P.S 携帯で写真を撮ったのですがダウンロードの仕方がまだ謎!?の為、すでに行かれた方の紹介ページの写真を拝借いたしました。
[PR]
by kcembalo | 2009-10-15 08:22 | パリ/Paris